戻る

ケアマネジャーについて学ぼう!

ケアマネジャーについて学ぼう!

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャーの業務の目的は、介護や支援を必要とする人が、自立した生活を営めるようにすることです。そのために、適切なサービスが提供されるように支援します。
ケアマネジャーは、介護保険制度の中で中核を担う職種。介護や支援を必要とする高齢者と介護サービス事業者との間に立って、サービスが効果的に提供されるように仲介するという、重要な役割があります。
ここでは、流れに沿ったケアマネジャーの業務内容や一般的な日常業務、入所型の施設に所属する「施設ケアマネジャー」と居宅サービスを支援する「居宅ケアマネジャー」の業務の違いについて説明します。

ケアマネジャーの業務の流れ

介護や支援を必要とする高齢者、あるいはその家族の依頼を受けてから、ケアマネジャーは次のような流れで業務をおこないます。

  1. 利用者との相談・面接(インテーク)
  2. 課題の抽出(アセスメント)
  3. 要介護認定の支援
  4. ケアプランの作成
  5. サービス調整
  6. 利用者との最終合意(最終契約)
  7. モニタリング
  8. 給付管理

それぞれの業務の内容を、細かくみていきましょう。

利用者との面接・相談(インテーク)

高齢者の介護や支援についての相談や問い合わせを受けたら、ケアマネジャーは依頼された相談内容をもとに、利用者本人やその家族を訪問して面接、相談をおこないます。
面接は利用者の居宅を訪問するのが基本ですが、利用者が入院しているような場合には病院でおこなう場合もあります。
また相談や問い合わせは、介護サービスの事業者だけに限らず、地方自治体の福祉担当部課あるいは地域包括支援センターなどから入ることも。
まず利用者の話を聞くことからはじまりますが、利用者にケアマネジャーの役割をしっかり伝えることも大切です。
利用者に寄り添って、悩みをよく聞いて、必要としていることが何かを利用者自身、あるいは家族とケアマネジャーがしっかり共有します。
また、利用者の情報をできるだけ詳細に知ると同時に、利用者やその家族との信頼関係を構築するように努めます。
もし利用者が介護保険サービスの対象でない場合には、適切な機関に速やかに連絡するなどして、利用者の悩みを解決できる手助けをします。
介護保険サービスの対象外であっても、地域にはボランティア活動やNPO団体、介護保険外の高齢者向け民間事業者などがあるので、把握しておくことも必要です。
適切な機関がわからない場合には、地域包括支援センターの「総合相談窓口」や福祉保健センターなどを紹介します。
他の機関に連絡するときには、利用者やその家族の承諾を得てから必要な情報を提供することで、円滑な対応が可能です。

課題の抽出(アセスメント)

利用者との面談、相談内容に基づいて、さらに主治医や家族など多方面からの情報を入手します。
利用者の身体的・精神的な状況、生活状況や家族の状況など、できるだけ詳細かつ正確な情報を収集します。
アセスメントは、居宅を訪問して利用者などに面接しておこないます。利用者居宅の訪問は、運営基準にも定められている重要なことです。
介護や支援のサービスは、利用者が自立した日常生活を送るためのものですから、利用者が「できること」と「できないこと」をしっかり見極めます。
利用者から話を聞くだけでなく、家族や主治医からの聞き取りや実際の生活状況をよく観察することが大切です。このようにして収集した情報に基づいて利用者が解決するべき課題を特定し、必要なサービスを明らかにします。
ケアマネジャーは、要介護認定などの受給資格の確認をおこない、もし利用者の要介護認定が必要であれば、申請のための協力や援助もおこないます。

要介護認定の支援

介護保険制度に基づくサービスを利用するためには、要介護認定が必要です。要介護認定なしでサービスを受けると、介護保険からの給付がないので全額自己負担となります。
要介護認定は、「要介護1〜5」と「要支援1〜2」の7段階の要介護度のどれに相当するか、あるいは全く相当しないかを判定します。
要介護度によって受けられるサービスの範囲が決まりますから、ケアプランの作成には重要な要素です。
申請は基本的には利用者本人あるいは家族がおこないますが、ケアマネジャーが必要な協力や支援をします。
要介護認定には有効期間が定められているので、事前に要介護認定を受けている利用者でも更新が必要です。
あるいは、認定を受けた時点よりも身体の状況が変化している場合には、要介護認定の変更が必要な場合もあります。
このようなときも、ケアマネジャーが適切なアドバイスをおこなうことで、よりケアプランの作成をスムーズにおこなえるようになります。

ケアプランの作成

ケアプランの作成は、ケアマネジャーの業務の中でも最も中核的なものです。
ケアプランは、どのような介護サービスをどのようなスケジュールで提供するかを示したもので、いわば介護や支援のサービス設計図です。
ケアマネジャーはアセスメントによって抽出した課題と、利用者やその家族の希望をもとにして支援の目標を設定し、ケアプランの原案を作成。ケアプランの目的は、あくまでも利用者の自立した日常生活を支援することなので、利用者ができることをのばす方向で考えます。
ケアプランに組み入れるサービスの基本は介護保険サービスですが、それだけでなく必要に応じてそのほかのサービスなども含めて作成します。
ケアプランの作成にあたっては、地域にあるサービス事業者のサービス内容などを利用者に情報提供して、利用者がサービスの選択をおこないやすいようにすることが必要です。
作成したケアプランの原案は利用者に提示して丁寧に説明し、利用者が目的や内容を理解できるようにします。

サービス調整

作成したケアプランについては、選定したサービス事業者と具体的なサービス計画をとりまとめます。このため、関連するサービス事業者を集めて「サービス担当者会議」を開催します。
この会議では、利用者の課題や意向、ケアプランなどを、すべての関連サービス事業者との間で共有。さらに、サービスの担当者から専門的な見地での意見を求めることで、具体的な計画に反映し、円滑なサービスが提供できるようにしていきます。
ケアマネジャーは、各サービス事業者の特性や事情をよく把握して、ケアプランに生かすことが必要です。

利用者との最終合意(最終契約)

ケアマネジャーは、「サービス担当者会議」などでのサービス事業者との調整を反映して、ケアプランを修正。利用者あるいはその家族にわかりやすく説明します。
利用者からさらに要望があるなど同意が得られない場合には、さらにアセスメントをおこない「サービス担当者会議」などを経て、ケアプランを修正することが必要です。
利用者から最終合意が得られたら、ケアプランに従ってサービスの実施をおこなうことになります。
ケアプランを説明するときには、利用者や家族が理解できるよう用語にも注意して説明することが必要です。介護の現場で当たり前に使われている言葉であっても、部外者である利用者には全く伝わらないこともあります。
利用者が抱いている疑問にはしっかり耳を傾け、対応することも大切です。
ケアプランを利用者に納得させることが目的ではなく、利用者が納得できるケアプランを作成することが目的であることを、忘れないようにしなければなりません。

モニタリング

ケアプランが確定してサービスが開始されたら、ケアマネジャーは利用者を定期的に訪問し、サービスの実施状況や利用者の健康状態などのモニタリングをおこないます。
プラン通りサービスが実施されているかだけでなく、利用者の満足度や新たなニーズ、そして状況変化を把握します。
高齢の利用者は、日常のちょっとしたアクシデントで心身の健康状態が大きく変化することがあれば、サービスを利用していくことで効果があらわれ、健康状態が改善することもあるからです。
利用者の新たなニーズや状況変化に応じて、必要なら再度アセスメントをおこない、ケアプランを更新します。
モニタリングによってケアプランをより利用者に適したものにしていくことは、ケアマネジャーの大切な仕事です。モニタリングの積み重ねが、ケアマネジャーとしての経験の積み重ねになります。

給付管理

ケアプランに組み入れられたサービスが適正に実施されたら、介護保険の給付管理をおこないます。利用者が無用な負担を強いられないようにするのも、ケアマネジャーの大切な仕事です。
ケアマネジャーはケアプランに基づいて、利用者に交付するサービス利用票とサービス事業者に送付するサービス提供票を作成します。
これらを利用してこれらを利用して毎月、利用者とサービス事業者双方にサービスの提供実績を確認します。
この実績に基づいて給付管理表を作成。利用者の負担額を確認し、介護保険の給付管理をおこないます。
このとき、利用者が利用可能な負担軽減制度などをよく確認しないと、利用者に余計な負担を強いることになりかねません。

職場によるケアマネジャーの働き方の違い

介護保険制度の基本は「可能な限り居宅で、能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう支援する」ことです。
このために、地域では居宅介護支援事業者が、居宅でのサービスを実施しています。
ケアマネジャーはそういった居宅介護支援事業者に在籍するか、あるいは一部には独立して業務をおこなうケアマネジャーもいます。
こういったケアマネジャーを一般に「居宅ケアマネジャー」といいます。
一方で、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの施設に入所して日常生活を営む高齢者のために、施設に勤務するケアマネジャーも。これを「施設ケアマネジャー」といいます。
どちらのケアマネジャーも、相談やアセスメント、ケアプランの作成などの業務は同様です。

居宅ケアマネジャーの業務内容

居宅ケアマネジャーが担当する利用者は、地域に居住する要介護の高齢者です。
従って、面接やアセスメント、モニタリングなどでは、利用者の居宅を訪問する必要があります。利用者ごとに生活リズムが異なりますので、利用者を訪ねるスケジュール管理が非常に重要です。
利用者ごとに担当医師も異なっていますから、医師との連携も含めた訪問スケジュールの管理が、業務効率を大きく左右することになります。

施設ケアマネジャーの業務内容

施設ケアマネジャーが担当する利用者は、基本的には所属する施設の入所者になります。
利用者との面接などはすべて施設でおこなうことになり、施設での生活スケジュールはほぼ決まっているので、スケジュール管理は比較的容易です。
また、利用者は多くの時間を同じ施設で過ごしているため、利用者の状況を確認する作業も効率よくおこなうことができます。
しかし、比較的多くの利用者を担当する場合が多いので、書類作成などの業務の割合が多くなりがちです。
また、特別養護老人ホームや介護老人保健施設では、ケアマネジャーに対して「入所者が退所して居宅での日常生活が可能であるかどうか」を検討することが求められています。
さらに、入所者の退所に際して居宅介護支援事業者に情報を提供して、医療や保健、介護のサービス提供者との連携をとることが必要です。

ケアマネジャーの1ヶ月間の定型的な業務の流れ

介護保険にかかる給付管理などは月単位の業務になるので、ケアマネジャーの事務作業も月単位が中心になります。
ケアマネジャーの中核的な業務はケアプランの作成に関わるものですが、以下で紹介するような業務もおろそかにすることは許されません。

月上旬に実施する業務

介護保険の更新に伴う業務

月はじめくらいに、介護保険更新の対象者には役所から案内通知が郵送されます。
ケアマネジャーは、更新の対象となる利用者に連絡して通知の確認をおこない、必要な方の申請代行をします。

要介護認定の調査業務

市区町村の認定調査員研修を修了したケアマネジャーは、市区町村の委託を受けて要介護認定の調査業務をおこないます。

給付管理にかかる業務

給付管理表の提出期限や介護給付費の請求期限などが設定されていますから、前月のサービス実績の確認をおこない、給付管理表などを作成します。
介護予防サービスに伴う介護給付の場合には、サービス実績を地域包括支援センターに報告します。

月後半に実施する業務

モニタリングは、運営基準によって少なくとも1ヶ月に1回、利用者の居宅を訪問して面接するように規定されています。ですから、利用者の訪問を計画的にスケジュール調整しておこなうことが必要です。
翌月の予定を確認するなどしながらコミュニケーションをとり、利用者の状態変化やサービスの満足度、新たなニーズを把握するように努めます。
必要ならば、再アセスメントをおこなってサービス調整をおこない、場合によってはサービス担当者会議を開催します。
翌月のサービス内容に変更が出る可能性もありますから、日程に余裕を持ってモニタリングをおこなうことも必要です。

月下旬に実施する業務

各利用者の翌月のサービス内容をとりまとめ、サービス提供票を作成しサービス事業者に配布します。もちろん郵送などでも問題ありませんが、訪問しての細かな調整も必要に応じておこないます。

サービス提供票は、翌月の事業所のスケジュールを決めるものですから、特にサービスに変更があるような場合は、余裕を持って配布するなどの配慮が必要です。

まとめ

ケアマネジャーの仕事は、介護保険制度の中核ともいえ、ケアマネジャーの仕事によって介護や支援のサービス事業が円滑におこなわれていきます。
利用者一人ひとりについて介護や支援のサービスを管理し、介護保険の給付業務もおこないますから、毎月の定型業務も決して欠かすことはできません。

利用者にはそれぞれの事情があります。居宅ケアマネジャーはもとより、施設ケアマネジャーであっても、それぞれの利用者に寄り添った丁寧な仕事をおこなうことが要求されています。

ページTOPへ

介護求人ナビTOP > ケアマネジャーの介護求人 > ケアマネジャーとは > ケアマネジャーの仕事内容