名古屋市 新たな気持ちで活躍できる!キャリアアップ特集

介護の資格をお持ちの方、その資格や経験・スキルを活かして、働いてみませんか?

今回の特集では【名古屋市】で介護のお仕事を探している方にピッタリの求人を、

介護求人ナビが厳選しました。

「キャリアアップを目指したい!」「資格を活かして転職したい!」

「条件にこだわって仕事を探したい!」という方は要チェックです!

サービス提供責任者とは?

訪問介護において、利用者やその家族、ケアマネジャー、ヘルパーなどの架け橋となる存在。「訪問介護計画書」の作成や、計画がしっかり実施されるよう管理・調整などを行います。また、ヘルパーを統括する立場にあり、アドバイザーとしての役割を担うこともあるので、介護職・ヘルパーとして現場で働いた経験を活かすこともできるでしょう。
サービス提供責任者になるためには、介護福祉士や実務者研修修了などの資格が必要です。

生活相談員とは?

介護サービスの利用者本人・家族の相談に乗りながら、連動する機関との連絡や調整、手続きを行います。入居や施設利用、介護サービス開始時の相談や契約だけでなく、利用中の相談・サポートなど仕事は広範囲に及びます。
相談員になるためには、社会福祉士などの資格や、一定の実務経験が必要となります。また相談員になるための条件は自治体や事業所によっても異なるため、事前確認が必要です。

ケアマネジャーとは?

介護保険制度に基づいてサービスを利用する要支援・要介護者と、施設などの関係機関との間に立ち、利用者が必要とする保険・医療・福祉サービスの調整を行います。
具体的には、利用者が適切なサービスを受けられるように、本人やその家族との面談などを通してニーズを査定(アセスメント)し、それに沿ってケアプラン(介護サービス計画)を作成して、適切なサービスが行われているかを定期的に確認(モニタリング)します。
ケアマネジャーになるためには、介護支援専門員の資格が必要で、受験にあたり実務経験が必要となります。

管理職とは?

介護業界の管理職といえば、まず、老人ホームなどの施設長(ホーム長)、管理者がいます。その事業所の責任者です。
また、大規模なホームであれば、フロアリーダー・ユニットリーダーなどの、リーダー職があります。
事業所のとりまとめ役で、マネージメント能力や、介護の専門的知識や能力が問われます。利用者に高い満足度を感じていただくためのサービス部分での配慮と工夫が必要なほか、さまざまな職種で働くスタッフの職場環境と人間関係への気遣いと調整、地域との交流など、仕事は多岐に及びます。
どのような資格・経験が条件となるかは、その事業所により判断が異なります。