札幌市 『入居施設のおしごと!』特集

入居施設といっても、老人ホームやグループホーム、老健施設や高齢者向け住宅など、施設の形態はさまざま。
お仕事内容も介護サービスや医療サービスのほか、事務や調理といったサポートまで幅広いお仕事があります。
入居施設でのお仕事の魅力はなんといっても、入居者さんとじっくり向き合ってお仕事ができること。
入居者さんの暮らしに寄り添うお仕事がしたい、という人には特にピッタリです。
いっしょに働く仲間とのチームワークでお仕事ができるのも、入居施設の特徴。
先輩や同僚がいるので、介護のお仕事が始めての方や、ブランクのある方でも安心して働けます。

今回の特集では、そんな入居施設のお仕事からおススメの求人を選びました。
きっと気になる求人が見つかるはず!

ここがおすすめ!

入居施設で働くと・・・

  • その施設で暮らす入居者さんに、じっくり向き合って介護ができる
  • 先輩や同僚がたくさんいるから、相談できる。よりよい介護を学べる
  • 夜勤がある場合、手当がつくので日勤だけの勤務より給与が高い
  • 自分に合ったシフトを選べば、パートはもちろんダブルワークが可能な場合も

ご近所で働くと・・・

  • 通勤時間が短縮できるので、プライベートの時間をもっと有効に使える
  • 家族に何かあった時など、急用・緊急時にもすぐに対応しやすい
  • 土地勘があることで、精神的にも余裕を持てる

自分にあった職場を探そう!特色いろいろ入居施設

「入居施設」と一口に言っても種類はさまざま。それぞれの施設の種類や特徴を知り、自分がやりたい介護、身につけたいスキルを考えながら、求人情報を見直してみませんか。今まで気づかなかった職場に出会えるかもしれません。
※施設により異なる場合があります

有料老人ホーム
掃除や洗濯など日常生活の援助である生活援助サービス、入浴や排泄など身体に直接触れて行う身体介護サービス、食事の提供、健康管理のいずれかのサービスを提供する施設。生活援助のほかに身体介護を行う「介護付」、施設では生活援助のみを行う「住宅型」がある。介護サービス事業所が併設されていることも多い。
特別養護老人ホーム
在宅での生活が困難な要介護者が入居する公的な施設。原則として要介護3以上の高齢者が入居対象となる。入居者は基本的に生活全般での介助が必要な場合が多い。10人ほどのグループを生活単位とし、個室タイプの居室と共有スペースで構成された「ユニット型」と呼ばれるスタイルの施設が増えている。
サービス付き高齢者向け住宅
高齢者が安心して暮らせるように、安否確認や生活相談サービスを提供する、バリアフリーに対応した高齢者向けの賃貸住宅。24時間介護職員が常駐する施設から、食事提供のみを行う賃貸マンションに近いものまで、施設によって提供するサービスはさまざま。介護が必要な場合は、併設や外部の介護サービス事業所を利用。
グループホーム
病気や障がいを持つ人が、介護や支援を受けながら共同で生活する施設。高齢者向け施設においては、認知症を持つ人が入居対象となる「認知症対応型グループホーム」を指す場合が多い。比較的小規模な施設で、スタッフと入居者が共同生活を送りながら、入居者1人1人の状態に合わせた生活支援を行うのが特徴。
老人保健施設
入院治療は必要ないが日常生活で介護が必要である高齢者に、医療ケアと介護ケアを合わせて提供する公的な施設。要介護認定を受けた高齢者が入居対象となる。在宅生活への復帰を目指す高齢者のため、介護・医療・看護のケアのほか、リハビリテーション、食事や入浴などの生活援助サービスを提供する。

求人をエリアから探す ご希望のエリアをマップより選択してください。

介護求人ナビTOP > 札幌市 『入居施設のおしごと!』特集