戻る

介護士・ヘルパーについて学ぼう!

介護士・ヘルパーについて学ぼう!

介護士・ヘルパーの仕事内容

介護士やヘルパーは、介護施設の中で勤務したり利用者宅を訪問して、実際に利用者に介護や支援のサービスを提供するのが仕事です。
正式には、「介護福祉士」あるいは「介護職員初任者研修」「実務者研修」の資格を持つ人を指します。
介護士やヘルパーは、いわば介護保険制度を現場で支える実践部隊です。
業務内容については、介護保険制度の中でおおまかに決められていて、社会のニーズや変化に応じて随時見直しがおこなわれています。

介護士・ヘルパーの業務内容とは

業務の内容は、大きくわけると「身体介護」「生活援助」「相談・助言」「社会活動支援」です。
介護や支援の仕事の基本的な考え方は、利用者が自身の能力や適性に応じて自立した生活を営むことができるよう介護、支援することとされています。
介護士・ヘルパーの仕事もこの考え方が基本ですから、利用者が自分でできることはできるだけ利用者にやってもらうことが大切です。あるいは利用者が自分でできることをさらに伸ばすことができるように支援することが重要な役割でもあります。

身体介護の内容

介護士・ヘルパーの業務の中で、「身体介護」に入るものはおおまかに次の3つであると定義されています。
第1に、利用者の身体に直接接触しておこなう介助サービス。そのために必要な準備や後片付けも含んでいます。
第2に、利用者の日常生活能力(一般にADLと呼ばれています)や意欲を向上させるために、利用者と一緒におこなう自立支援サービスです。
3番目は、介護が必要になった要因を配慮しながら専門知識や技術によっておこなう、利用者の日常生活や社会生活を向上させるためのサービスです。
具体的な内容は次のようなものです。

排泄介助

トイレやポータブルトイレまでの移動、あるいはおむつ交換と後始末。または失禁・排泄失敗への対応などです。

食事介助

食事の配膳と後片付け。食事姿勢の確保や摂食の介助。あるいは水分補給なども含みます。

専門的調理

障がい状態によって必要となる流動食や糖尿病食など、医療食や治療食にあたる特別食の調理がこれにあたります。

清拭(せいしき)

身体ふきや陰部洗浄などの身体の清潔を保つための作業です。

入浴介助

浴室への移動と後片付け。全身浴や部分浴の介助、洗髪・身体洗いの介助です。

整容介助

洗面、口腔ケア、爪切りや耳掃除、整髪もしくは簡単な化粧など日常的な身繕いの介助。爪切りや歯ブラシでの口腔ケア、耳掃除は法律的には医療行為と見なされますが、規制解除によって「介護福祉士」や「介護職員初任者研修」の資格でも実施できるとされています。

着衣介助

着替えの準備と手伝いです。着物の着付けなど特別な着衣の介助はふくまれません。

体位変換

生活上必要な姿勢の変換や、楽な姿勢を確保するための介助作業です。

移乗・移動介助

車椅子などへの移乗の介助や使用する補助具の確認をおこないます。

通院・外出介助

病院や通所施設など目的地への移動の介助作業です。

起床・就寝介助

ベッドへの移動やベッドから移動する介助、布団の後片付けなどの作業です。

服薬確認

配剤された薬を正しく服薬できるよう薬を確認することと、服薬の手伝いや後片付けです。軽微な切り傷や擦り傷、やけどなど専門的知識を要しない処置もおこなうことができます。

自立支援のための見守り的援助

いつでも介助できるような状態で、利用者の安全を確保しながら見守る行為も「身体介護」に含みます。

一部の医療行為

2012(平成24)年から、指定の研修および実地研修を修了した介護職員等は、たんの吸引や経管栄養のケアもおこなうことができるようになりました。

生活援助の内容

「生活援助」は、「身体介護」以外の介護作業です。掃除、洗濯、調理といった日常の家事の援助や、そのために必要な一連の作業をいいます。訪問介護で主に提供されるサービスです。
訪問介護では、利用者が単身であったり家族が障がいや疾病であるなど、利用者本人や家族が家事をおこなうことが困難な場合に提供されます。ですが、家族による家事が困難であるとの判断基準は地域によって差があります。
「生活援助」は利用者本人の代行的サービスという位置づけで、介護が必要な状態が解消された場合には、利用者本人が自身でおこなうことが基本となる作業です。
具体的には次のような作業が「生活援助」に区分されます。

掃除

居室内、トイレ、浴室、洗面所や卓上の清掃とゴミ出し、後片付けです。利用者本人の居室以外の掃除や庭掃除、植木の水やりや換気扇の清掃などはおこなうことができません。

洗濯

洗濯機あるいは手洗いによる衣類などの洗濯と洗濯物の乾燥、取り入れや収納の作業ですが、洗濯するのは利用者本人のものに限ります。また、おしゃれ着を手洗いするなど特別に手をかけるような作業もできません。

ベッドメーク

利用されていない状態のベッドでのシーツ交換や布団カバーの交換作業です。

衣類の整理と被服の補修

衣替えなどでの衣類の入れ替えや、衣類のボタン付けや破れた箇所の補修などです。あくまで利用者本人の衣類が対象です。

一般的な調理と配膳

特別な配慮を必要としない食事の調理と配膳、後片付けです。特別な配慮や技術が必要な食事の調理は「身体介護」です。
また、調理もあくまで利用者本人のものに限り、家族の食事の調理を一緒におこなうことはできませんし、おせち料理などの特別な料理の調理もおこなうことはできません。

買い物・薬の受け取り

利用者に依頼された日常の買い物や、医師が処方した薬の受け取りです。買ったものとおつりは毎回確認します。
この買い物も当然利用者本人のための買い物に限定され、銀行で現金を引き出したり郵便物を出したりといった代行サービスをおこなうことはできません。

相談・助言

介護福祉士は、介護サービスの利用者やその家族を含めて、身体状態や介護、または生活についての相談にのり、助言をおこないます。
利用者本人の自立を促し家族の介護負担を軽減するために、本人や家族にたいして効率的な生活動作についてアドバイスすることも仕事のひとつです。
あるいは福祉用具についてアドバイスしたり、福祉用具の使用方法を指導したりもします。

社会活動支援

介護が必要になった人は、どうしても近隣とのコミュニケーションが減少して孤立しがちです。介護福祉士は、家族や近隣との関係を良好に保てるよう支援する役割があります。
さらに地域で利用者が参加できるサークル活動を紹介するなど、利用者が生きがいや楽しみを持って日常生活を過ごすことができるよう支援します。

介護士・ヘルパーができないこと

介護や支援サービスは、介護保険制度という公的な制度の下でおこなわれます。このため法律によって中立・公平性を保つように運用が規定されています。
介護支援サービスは、基本的に利用者本人に対してのみ提供され、提供できる範囲は「日常生活」とされています。
また「介護福祉士」や「介護職員初任者研修」資格は、介護の専門資格ですが、医療の専門資格ではありません。基本的には、医師や看護師の資格がなければできない医療行為はおこなうことができません。
しかし、爪切りや耳垢の除去など一部の医療行為は「介護福祉士」や「介護職員初任者研修」資格でもおこなえることになっています。
ただし、実施が認められている医療行為であっても、ほとんどの場合は条件がついているので注意が必要です。
たとえば、爪切りには「爪と周囲に異常がなく、かつ糖尿病等の疾患に伴う専門的な管理が必要でない場合」という条件があります。
介護サービスの利用者や家族は、介護保険制度でのサービス提供範囲を理解していないことがほとんどです。
このため、利用者や家族が「家族の分の食事も作ってほしい」などと、逸脱したサービスを要求する場合がありますが、介護士・ヘルパーは決められたサービス以外を引き受けることはできません。

介護士・ヘルパーの職場別の働き方

介護士やヘルパーの勤務先は、主に2つにわけることができます。
ひとつは、利用者が入所して毎日の生活を送ったり、あるいは必要に応じて通って利用する介護施設。もうひとつは、利用者の居宅を訪問してサービスを提供する訪問介護事業所です。
施設で働く場合と利用者宅を訪問して働く働き方では、勤務の形態でも大きな違いがあります。

介護施設での働き方

介護施設には、利用者が入所して生活を送るいわゆる老人ホームなどの入所系施設と、デイサービスなどの利用者が施設に通ってサービスを利用する通所系施設があります。
老人ホームなど、利用者の宿泊を伴う施設では、介護職員(介護士)は夜勤シフトがあります。
ですが、概ね利用者の生活スケジュールが決まっているため、施設で提供されるサービスの種類もほぼ決まっています。ある程度、決まったスケジュールでサービスを提供することになります。
介護施設に勤務する介護職員の構成は、正社員などの常勤職員が主体です。
2012(平成24)年の厚生労働省の調査では介護職員の73%が常勤職員でした。特に入所系の施設では79.5%が常勤職員で占められています。
実際の介護の仕事は「介護職員初任者研修」と「介護福祉士」の間でほとんど違いはありませんが、現場のリーダーや教育、指導をおこなう役割を担うのは「介護福祉士」の資格を持つ人に限定されます。

訪問介護事業所での働き方

訪問介護事業所では、訪問介護員(ヘルパー)は事務所での事務処理はあるものの、実際の介護は利用者の居宅を訪問しておこないます。
利用者を訪問する日時は、利用者ごとにケアプランで決められていて、訪問のスケジュールは在籍する訪問介護員の中でシフトを組みます。
一般的に、訪問介護員は一人で利用者宅を訪問して、利用者の状態に応じたそれぞれ異なるサービスを提供します。
利用者の居宅を訪問する訪問介護は、短時間の間にサービスを提供したら、また別の利用者宅を訪問する、というように短い時間で一区切りされます。
そのため勤務時間の融通がききやすく、主婦などがパートで働きやすい環境といえます。実際に、2012(平成24)年の厚生労働省の調査でも、訪問介護員の70.7%が非常勤職員でした。
介護・支援サービスの詳細を利用者やケアマネジャーと調整する「サービス提供責任者」には、たいてい「介護福祉士」資格を持つ常勤職員が担当します。
このほか、訪問介護員間の調整や、指導をおこなうリーダー的な役割も「介護福祉士」資格を持つ職員が担います。

介護士・ヘルパーの1日の仕事の流れ

介護士やヘルパーの仕事の進め方は、勤務する施設や事業所によってかわります。
ここでは、入所型施設、通所型施設、訪問介護に携わる介護士・ヘルパーの1日の働き方の典型的な例を紹介します。

入所型施設

老人ホームなどの入所型施設では、利用者は施設で毎日の生活を送ってます。
そのため、職員は夜勤をおこなう必要があります。夜間も利用者に介護を提供しなければなりませんし、また緊急事態に備えなければなりません。
朝から順をおっていくと、介護職員の仕事は利用者の起床時間からはじまり、起床介助につづき朝食介助をおこないます。利用者の食事介助は昼食時も夕食時も同じです。
朝食後は利用者の水分補給排泄介助、入浴介助を必要に応じて順次おこない、レクリエーションの指導などに従事します。
この間に居室の清掃事務処理を随時おこないます。夕食介助の後は口腔ケア就寝準備です。
利用者が就寝後は、定期的な巡回や呼びだし対応、排泄介助などをおこなう間に仮眠、休憩します。こういった利用者が就寝中の夜勤勤務は、職員が交代でシフトを組みます。
ショートステイの施設でも、利用者が宿泊するため職員の1日の仕事は同様です。

通所型施設

デイサービスなどの通所型施設では、基本的に利用者が施設で就寝することはないので、夜勤による巡回などは必要ありません。しかし、毎日の利用者の送迎が必要です。
介護職員は、出勤すると利用者の受け入れ準備や送迎準備をして、利用者を自宅まで迎えに行きます。利用者を受け入れたら血圧、体温などのバイタルチェックをします。
日中は、レクリエーションなどの指導をしたり、入浴者に対しては入浴介助を順次おこないます。この間、利用者の状態によっては排泄介助が必要な場合もあります。
昼食時には昼食介助をします。午後もレクリエーション指導や入浴介助をおこない、利用者の帰宅時間になると利用者送迎と後片付けをして、1日の勤務が終了します。

訪問介護

訪問介護は非常勤職員が多く、パートなどの場合は組まれたシフトにしたがって、通常は直接利用者宅を訪問してサービスを提供します。
訪問を終えた後は直接帰宅するか、あるいは事業所で報告や事務作業をおこないます。
常勤職員の場合には、朝、事業所に出勤してから訪問準備をして利用者宅を訪問します。1日に複数の利用者を訪問して、終了後は事業所に戻って事務処理という1日です。
昼食休憩は事業所に戻ったり、移動途中でとったりします。

まとめ

介護士・ヘルパーは介護保険制度の下で、利用者に実際に介護支援サービスを提供するのが仕事であり、介護保険制度を支える主力の職種です。
仕事の内容は利用者の身体を支える「身体介護」や、利用者にかわって家事をおこなう「生活援助」、家族を含めた「生活相談」まで広い範囲にわたっています。
利用者にあわせた介護を提供する必要があるため、一部の医療行為も含めた専門的な知識や技術が必要です。
介護施設と訪問介護事業所では働き方が異なり、訪問介護では短時間勤務の非常勤職員が多いなど、育児や家庭生活と両立して続けることができる職場でもあります。

ページTOPへ

介護求人ナビTOP > 介護職・ヘルパーの介護求人 > 介護士・ヘルパーとは > 介護士・ヘルパーの仕事内容