本町まんぞく介護(訪問介護)のかいごびと

ニックネーム
高木さん
職種
サービス提供責任者
雇用形態
契約社員・職員 
入職年月
2015年02月入職

仕事内容を教えて下さい。

私たち訪問介護職員は、ケアプラン・訪問介護計画書に基づいて利用者様の家庭に訪問し、調理や洗濯、排泄や入浴などのケアを行います。慣れ親しんだ自宅で心穏やかな生活が送れるよう、支援を行う仕事です。
調理も洗濯も単なる「サービス」ではなく、訪問介護職員としての「ケア」ですので、ただ料理を作る、洗濯をするということではなく味覚の変化や洗濯物の汚れ方等で身体状況を把握することが大切です。

今の仕事に就こうと思ったきっかけは?

私の父は脳梗塞で倒れ、ほぼ寝たきりになりながらも自宅で暮らしていました。リハビリに励みトイレで排泄ができるようになり、食事も居間で食べられるようになりました。
ある日、魚の食べ方が下手な私を見かねた祖父が、震える手で魚の骨を取ってくれたことがありました。祖父との一番の思い出です。「住み慣れた自宅で暮らしていくことのメリットの大きさ」それが私が介護職員になろうと思ったきっかけです。

将来の目標を教えて下さい。

60代、現役ヘルパーが目標です。祖父の介護をきっかけにこの世界に入ってきた私ですが、去年から父が自宅で介護が必要な状態となりました。今は職業としての介護・家族としての介護を同時に経験している最中です。
経験者だからこそのケア、60代には60代にしかできないケアもきっとあると思います。
利用者様とご家族様に心を寄せ「あたたかいケア」をいつまでも続けていきたいです。