特別養護老人ホーム 好日苑のかいごびと

ニックネーム
渡邊 千尋さん
職種
介護職・ヘルパー
入職年月
2013年04月入職

今の仕事に就こうと思ったきっかけは?

昔からの夢が保育士になることでしたが、保育の資格取得後、福祉の道がある大学に入学しました。
というのも、家で母が認知症の祖母の介護をしているのを見て「いつかは自分が祖母の介護を」という思いがありました。なぜなら、中学生の頃に大好きな祖父がなくなり「何も孝行が出来なかった」と強く後悔したからです。
祖母の死で「祖父母に出来なかったことを介護の道に進んでするしかない!」と思い、介護の世界へ進みました。

仕事のやりがいをどのようなところに感じましたか?

実習では、やはり利用者様の笑顔が一番嬉しかったです。ただ隣に座っているだけなのに微笑みかけてくれたり話しかけてくれたりと、私の方が毎回救われていました。
驚いたことは、ユニットと従来型の雰囲気等の違いです。好日苑のユニットで実習させて頂いたときは「こんなにも、あたたかく家庭的な雰囲気のある場所でケアを提供することが出来るのか」と驚きました。

介護の魅力を教えて下さい。

現場に出ると、臨機応変さと言いますが、学校で学んできたこと通りにはいかないのだと、毎日が勉強です。利用者様の気持ちに寄り添うことは出来るかもしれませんが、望んでいることを汲み取り、それを具体的に提供する、といったことが難しいと特に感じています。
1番嬉しい事は、利用者様の笑顔です!笑顔に救われ、自分自身が笑顔を忘れたときに思い出させてくれるのも、いつも利用者様な気がします。