視能訓練士~介護の専門用語集 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 資格・職種に関する用語 > 視能訓練士~介護の専門用語集

資格・職種に関する用語

視能訓練士~介護の専門用語集

2018年4月18日

「視能」と総称される、目の機能や構造を検査したり、リハビリ指導などを行う医療の専門職で、国家資格として位置づけられている。視能検査では、一般によく知られている視力や色覚のほかに、光覚、屈折、眼圧、眼球運動、涙道などさまざまな検査が行われる。

視能訓練士は、眼科医とともに目の病気の発見や治療にあたるほか、加齢によって視能が低下した方へのリハビリの指導や補助具についてのアドバイスなども担当する。

資格試験は年1回。高校、大学などを終了後、一定期間、視能訓練士養成施設で学ぶことで受験資格が得られる。

例「視能訓練士は眼鏡選びのアドバイスもしてくれる」

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 資格・職種に関する用語 > 視能訓練士~介護の専門用語集