老人保健施設~介護の専門用語集 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護サービス・施設の用語 > 老人保健施設~介護の専門用語集

介護サービス・施設の用語

老人保健施設~介護の専門用語集

2018年6月13日

要介護の方が早期に在宅復帰ができるよう支援する、介護施設のひとつで、医療ケアと介護ケアをあわせて提供する。病院と自宅の中間にある施設といわれている。
要介護度1〜5までの高齢者が対象となる。

「老人保健施設」には2つのタイプがある。
ひとつは「老健」と呼ばれる従来型の「介護老人保健施設」。
原則として3ヶ月をひと区切りとする短期入所型の施設で、医師の管理の下にリハビリなどの医療ケアと、日常の介護ケアを提供する。

もうひとつは、2008年からスタートした「介護療養型老人保健施設」。
こちらは中長期の医療ケアが必要な方の入所も可能な施設で、従来型老健と同様に、医療ケアと日常的な介護ケアを提供する。

入居にかかる費用は、食費、室料、介護保険サービスの負担分、その他雑費など。
部屋のタイプと要介護度によって異なるが、目安は7〜14万円/月程度。
リハビリなどの医療費については、別途算定される。

例 「介護老人保健施設は医療ケアが充実している点に特徴がある」

>>介護老人保健施設の求人を探すならこちら<<

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護サービス・施設の用語 > 老人保健施設~介護の専門用語集