> 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 介護記録~介護の専門用語集

介護現場の実践用語

介護記録~介護の専門用語集

2019年2月22日

介護の事業者は、介護保険法に基づいた厚生労働省の省令によって、介護記録の整備が義務づけられている。

提供したサービス、介護した方の健康状態、生活の状況などについて客観的な事実を、介護を担当した本人が記述するのが原則。

介護記録は個人情報の扱いとなるが、必要に応じて他のサービス事業者に提供されることもある。その場合は本人の承諾が必要になる。

2年間の保管が義務づけられている。

例「介護記録は介護事故などがあった場合にも資料として参照されるので、正確な記述が望まれる」

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 介護記録~介護の専門用語集