法定雇用率~介護の専門用語集 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 法律・制度に関する用語 > 法定雇用率~介護の専門用語集

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

法律・制度に関する用語

法定雇用率~介護の専門用語集

2018年4月1日

「障害者の雇用の促進等に関する法律」(障害者雇用促進法)が定める、民間企業や国、地方公共団体などが従業員として雇用しなければならない障がい者の比率のこと。この法定雇用率にもとづき、企業などには障がい者を雇用する義務がある。
法定雇用率は5年に一度、見直しが行われ、これまでの身体障がい者と知的障がい者に加え、2018年4月からは精神障がい者も対象となった。

障害者雇用促進法は、障がい者が適職に就き自立することを目的としている。介護を受けながら生活を送る人は、なにかしらの障がいを持っているケースが多い。

2018年4月1日現在の法定雇用率は以下のとおり。

○民間企業:2.2%
○国、地方公共団体等:2.5%
○都道府県等の教育委員会:2.4%

例「法定雇用率を達成するため、身体障がい者を1名採用した」

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 法律・制度に関する用語 > 法定雇用率~介護の専門用語集