> 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 健側(けんそく)と患側(かんそく)~介護の専門用語集

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画15 ★ 異動者泣かせの「女の派閥」

人気記事ランキング

介護現場の実践用語

健側(けんそく)と患側(かんそく)~介護の専門用語集

2019年2月27日

カラダの半身に麻痺を負ったり、手足の片方に障害をもつ人の、障害のない側を健側(けんそく)、障害のある側を患側(かんそく)と呼ぶが、健側と患側を考慮しながら介護や介助を行うと、より適切な対応になるといわれている。

たとえば、歩行を補助する杖をもつ手は、バランスがとりやすくなる健側がよいとされる。体温の測定も、血流の安定した健側で測るのがよいとされている。

例「障害のある人を介護するときは、健側と患側をあらかじめ確認しておくとよい」

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 健側(けんそく)と患側(かんそく)~介護の専門用語集