> 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 医療・健康に関する用語 > インフルエンザ~介護の専門用語集

医療・健康に関する用語

インフルエンザ~介護の専門用語集

2018年12月19日

インフルエンザウイルスが引き起こす感染症のこと。インフルエンザウイルスは、一般の風邪の原因となるウイルスや細菌とくらべ、感染力が非常に強く流行性があるため、近年は風邪と区別した形で予防や感染拡大防止策がとられている。

インフルエンザウイルスの潜伏期間は1〜7日程度。発症すると間もなく、38度以上の高熱、倦怠感、咳、鼻水、頭痛、下痢などの全身症状を引き起こす。早期に医師の処方を受けることで、数日中に症状は収まることが多いが、肺炎などの合併症を併発することもあるため、免疫力の低下している高齢者にはとくに気をつけたい感染症のひとつとされている。

毎日できる予防策としては、うがいと手洗いを欠かさないこと。付着したウイルスを除去し、感染率を下げる効果が期待できる。

例「インフルエンザウイルスの感染力は強いので、症状が治まっても2〜3日は外出を控えたほうがよいといわれている」

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 医療・健康に関する用語 > インフルエンザ~介護の専門用語集