廃用症候群~介護の専門用語集 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 医療・健康に関する用語 > 廃用症候群~介護の専門用語集

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

医療・健康に関する用語

廃用症候群~介護の専門用語集

2018年3月21日

寝たきりのような安静状態が長く続くと、心身のさまざまな機能が低下し、筋力の低下、関節の硬直化、食欲の低下、心拍出量の減少、褥瘡(床ずれ)、鬱病、認知症などの症状があらわれる。
こうした状態を総称して、廃用症候群という。

手術後など安静状態が必要とされる場合もあるが、1週間程度の安静でも筋力は10〜15%低下するといわれる。そのため、安静にする時間をできる限り短くし、毎日カラダとアタマを適切に動かすことがもっともよい予防法となる。

例「過度の安静は廃用症候群を招いてしまうことがある」

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 医療・健康に関する用語 > 廃用症候群~介護の専門用語集