メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

「褥瘡」とは?~介護用語、あなたは読める?~

「褥瘡」とは?

「褥瘡」とは?

褥瘡=「じょくそう」と読みます。
一般的に「床ずれ(とこずれ)」と言われる状態が「褥瘡(じょくそう)」です。
体の一部分が長時間圧迫されて血流が悪くなり、赤くなったり傷ができたり皮膚がただれてしまったりした状態です。

寝たきりなど自分で体を動かせない状態のときに「褥瘡(じょくそう)」になりやすくなります。

どうして褥瘡(じょくそう)になるの?

寝ているときや座っているとき、人は無意識のうちに寝返りをうったりおしりを持ち上げたりして、体重が一か所に偏るのを避けています。

でも、体を自由に動かせなくなると、体重で長時間圧迫されることで血液の流れが悪くなり、皮下脂肪組織や筋肉が壊死を起こしやすくなります。これが褥瘡(じょくそう)です。

寝たきりや車いすに長時間座っていると、褥瘡(じょくそう)ができやすくなります。
褥瘡(じょくそう)は、骨が突起している関節部で特に起こりやすくなります。

褥瘡(じょくそう)は予防できる!

寝たきりや自分で寝返りをうつことが難しい人には、定期的に体位変換をしてあげることで、褥瘡(じょくそう)を予防します。

また、「体圧分散用具」を使うことで、褥瘡(じょくそう)を予防することができます。
体圧を分散するマットレスなどを使用すると、寝ているときや座っているときに一定の場所に体重がかかり続けるのを防いでくれます。

体圧分散できるマットレスは、介護保険制度でレンタルができるものがあります。

10月20日は「床ずれ予防の日」

10月20日は、日本褥瘡学会が制定した「床ずれ予防の日」。
褥瘡(じょくそう)・床ずれの予防とケアについて、考えてみませんか。

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー