> 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 胃ろう

介護現場の実践用語

胃ろう

2020年11月21日

読み:いろう

胃ろうとは?

手術によって腹部に小さな穴を開け、そこに胃ろうカテーテルと呼ばれるチューブを通して栄養剤を注入していく栄養補給法。
口から栄養を摂ることができなくなった人、口から食べると誤嚥(ごえん)を起こしてしまう人の栄養管理に使われる。

カテーテル挿入の手術は比較的短時間で比較的負担が少ない。
また、胃ろう開設後に誤嚥(ごえん)がなくなり、トレーニングによって嚥下(えんげ)ができるようになった人が、胃ろうを中止してまた口から食べられるようになった例もある。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 胃ろう