> 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 嚥下障害

介護現場の実践用語

嚥下障害

2020年11月22日

読み:えんげしょうがい

嚥下障害とは?

『食べ物を飲み込む動作=嚥下(えんげ)』に障害が起こること。
嚥下(えんげ)には数多くの器官が関わっていて、それらが疾患やその後遺症、老化などによってさまざまな障害を受ける。

嚥下障害があると、食べ物が飲み込みにくくなったという自覚や、食事のときのむせなどが現れることが多いが、嚥下困難の訴えがない場合もあるので注意が必要。

嚥下障害により栄養低下や、気道への食べ物や飲み物の流入(誤嚥)が起こりやすくなる。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 嚥下障害