> 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 見当識障害

目的別に記事を探す

マンガ

人気記事ランキング

介護現場の実践用語

見当識障害

2020年11月27日

読み:けんとうしきしょうがい

見当識障害とは?

認知症などにおいて、脳の萎縮や機能低下によって直接的に起こる中核症状のひとつ。

見当識が失われることを「失見当識」といい、時間や季節がわからなくなる、今いる場所がわからなくなる、その人がだれなのか、自分とどんな関係なのかがわからなくなるなどといった障害が起こる。

たとえば、時間がわからなくなると約束の時間が守れなくなり、季節がわからなくなると季節に合わない服装をすることがみられる。
場所がわからなくなると道に迷う、家や施設のトイレの場所がわからなくなり、自室で排泄してしまう、ということも起こりがちである。
また、自分と人との関係性がわからなくなると、亡くなった親族や友人に会いに行くと言ったり、娘を「お母さん」と呼ぶこともある。

介護施設での「利用者さんへのやさしいウソ」【介護職あるある漫画】

 
 
■介護現場の用語・略語 解説一覧

圧迫骨折 安否確認
移乗 胃ろう
エアマット 嚥下障害
回想法 機械浴
きざみ食 禁忌
ケアカンファレンス 見当識障害

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護現場の実践用語 > 見当識障害