メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

拘束

読み:こうそく

拘束とは?

徘徊、他人への迷惑行為などのいわゆる“問題行動”を防止するため、また点滴の引き抜きや歩けないのにベッドから下りるなど事故につながるため、などという理由で高齢者の行動の自由を奪うこと。

身体の自由を奪うだけでなく、精神面での弊害があり、さらにかえって事故を呼ぶこともある。

介護保険制度では介護保健施設などでは身体拘束は禁止されている。

介護保険指定基準において、身体拘束禁止の対象となる具体的行為には、以下のような行動が明示されている。
・徘徊しないように、車椅子や椅子、ベッドに体幹や四肢をひも等でしばる。
・転落しないように、ベッドに体幹や四肢をひも等でしばる。
・自分で降りられないように、ベッドを柵(サイドレール)で囲む。
・点滴・経管栄養等のチューブを抜かないように、四肢をひも等でしばる。
・点滴・経管栄養等のチューブを抜かないように、または皮膚をかきむしらないように、手指の機能を制限するミトン型の手袋等をつける。
・車椅子や椅子からずり落ちたり、立ち上がったりしないように、Y字型抑制帯や腰ベルト、車椅子テーブルをつける。
・立ち上がる能力のある人の立ち上がりを妨げるような椅子を使用する。
・脱衣やおむつはずしを制限するために、介護衣(つなぎ服)を着せる。
・他人への迷惑行為を防ぐために、ベッドなどに体幹や四肢をひも等でしばる。
・行動を落ち着かせるために、向精神薬を過剰に服用させる。
・自分の意思であけることのできない居室等に隔離する。

しかしながら医療施設においては「やむを得ない理由がある」として本人や家族の同意のもとに身体拘束を行うことがある。

 
 
■介護現場の用語・略語 解説一覧

圧迫骨折 安否確認
移乗 胃ろう
エアマット 嚥下障害
回想法 機械浴
きざみ食 禁忌
ケアカンファレンス 見当識障害
拘縮 拘束

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー