<介護業界の医療>職種の種類 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > <介護業界の医療>職種の種類

<介護業界の医療>職種の種類

2017年3月9日

介護業界医療関係の職種看護職、リハビリ職、薬剤師、医療事務…医療に関する職種はさまざま。国家資格も多いですが、資格の必要ない仕事もあります。ここでは、医療関係の主な職種をご紹介します。

→看護職

→リハビリ関係職

→医療事務

→薬剤師

→医師

→管理職・管理職候補

→その他

看護職(看護師、看護助手)

介護業界准看護師看護職助手看護職は主に病院などの医療現場に勤務し、医師・歯科医師の診療補助の役割を担うケースと、介護現場で活躍するケースがあります。
介護業界の看護職というとあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、この場合の働き方には、「訪問看護」、「訪問入浴」、「老人ホームなどの施設で働く」というパターンです。

訪問看護ではリハビリテーションの指導や看護師が許されている範囲での医療的な処置を行い、施設や訪問入浴では、入居者の健康管理や投薬管理、医師との調整などを行います。

看護師になるためには、文部科学大臣の指定した学校において専門の必要学科を修め、かつ看護師国家試験に合格しなくてはなりません。
なお、看護師資格は看護師と准看護師の2つに分かれており、看護師有資格者の中には保健師、助産師の資格を持つ人もいます。

医師の指示に従い診察、治療の補助、患者の身体面、精神面のお世話、近年では健康管理、衛生管理指導という分野にも活躍の幅を広げています。介護の世界で看護師の果たす役割は大きく、ニーズが高いのが特徴です。
また、最近ではメディアカルケア・アシスタントと呼ばれる看護助手も注目されています。この職業は看護師のアシスタント的役割を担い、資格がなくても実施できる範囲で看護師をサポートする職業です。

→今すぐ、看護職の仕事を探す

→今すぐ、看護助手の仕事を探す

 

リハビリ関係職(作業療法士、理学療法士、言語聴覚士)

リハビリ作業理学療法士言語聴覚士機能訓練指導員リハビリ関係職は、病院やリハビリテーションセンター、福祉施設、老人センター、在宅などで、事故や疾病、手術などで身体機能を失った患者に対して、身体の機能と運動機能、社会生活に適応する能力を回復させるために指導、補助をする役割を担います。
専門学校や短大、大学での養成課程を3年以上学び国家試験に合格した人が従事できる職業です。

その中で介護業界に多い職業には作業療法士、理学療法士、言語聴覚士があります。
作業療法士は作業を通して患者を支援し、理学療法士はマッサージ、電気刺激、温熱療法などの物理的な治療を行い、言語聴覚士は発音、発声困難、聴覚障害者にプログラムを作成し指導、訓練、助言を行う職業です。
これらの職業には優しさと根気強さが必要とされます。

→今すぐ、リハビリ関係職の仕事を探す

 

医療事務

介護業界医療事務介護事務医療事務とは、診療所や病院で診察を受けた患者に対して、記載されているカルテの内容を健康保険の点数におきかえて診療費用を計算、レセプト(診療報酬明細書)の作成をする仕事です。
小規模な病院などでは受付、会計、カルテ整理、管理といった仕事を兼ねることも少なくなく、従事する上では必要な国家資格は現在はありません。ただし、民間の資格や認定もあります。

就労形態は正社員、正職員ではなくパート、アルバイトとして働く人が比較的多く、平均男女比は女性が多く占めている職業の1つです。最近では、病院、歯科医院だけでなく老人ホームなどの介護施設でも求人が増えています。

→今すぐ、医療事務の仕事を探す

 

薬剤師

介護業界薬剤師老人ホーム薬剤師として働くには、薬学の正規課程を修めて大学を卒業するなどした後、薬剤師国家試験に合格しなくてはいけません。
有資格者の中には血液センターや製薬会社、大学、バイオビジネスなどの各種研究機関や企業で働く道を選択する人もいますが、多くは薬局や病院、調剤所に勤務し、医師の出した処方箋に従って薬を調剤する現場での勤務者が多いのが特徴です。

また、仕事に就いた後も新薬やその症例、副作用、保険適用、保険非適用など情報に対しての勉強が絶対的に必要とされる職業です。

→今すぐ、薬剤師の仕事を探す

 

医師(医師、歯科医師)

訪問医師訪問歯科クリニック在宅医療大学の医学部、歯学部の正規の課程を修め卒業した後、医師国家試験に合格した人を医師、歯科医師と呼びます。

知識、技術、そして研究者としての探究心、倫理、道徳心、患者と心を通わせる豊かな人間性、医療現場で起こる突発的な事故に対する的確な判断と勇気などが必要不可欠な職業です。肉体的、精神的にハードな仕事ともいえるでしょう。最近では、老人ホームなどの介護施設と提携している病院も増えており、その活躍領域が拡大しています。

 

 

 

管理職・管理職候補(事務長、病院長、理事長、所長、師長)

理事長施設長管理職介護・医療業界の管理職、管理職候補は一般的に、施設や老人ホーム、センター、病院などの最高責任者、または最高責任者候補者のことを指します。
介護の専門的知識や能力、医療保険、介護保険についての知識、経営においてのマネージメント能力が問われ、評価される仕事ですが、最も重視されるのは責任者としてふさわしい人格が備わっているかという点になります。

利用者、入居者へは高い満足度を感じていただくためのサービス部分での配慮と工夫が必要なほか、さまざまな職種で働くスタッフの職場環境と人間関係への気遣いと調整、改善、他施設の管理職との交流など仕事は多岐に及びます。発想の転換、優しさ、グローバルな視野が必要となります。

→今すぐ、管理職・管理職候補の仕事を探す

 

その他(歯科衛生士・診療放射線技師・臨床検査技師など)

その他の職種として、介護・医療業界にはさまざまな職種があります。
歯科衛生士は、指定された学校で学び、歯科衛生士試験に合格した人がなれます。歯科医が治療を行う横で補助作業をしたり、歯石の除去や虫歯、歯周菌予防の指導や処置を行うのが主な仕事で、福祉、介護の分野でも近年重要視されている職種の1つです。
また、病院内を主な職場とする診療放射線技師(レントゲン技師)、臨床検査技師は国家資格が必要です。医療放射線での撮影や生理学的な検査を通して、医師に科学的データを提供する役割を担っています。

→今すぐ、その他職種の仕事を探す

 

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > <介護業界の医療>職種の種類