> 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 スタッフのお悩み > 聞くのも介護の仕事のうち?話好きの高齢者の長話

業界裏話 スタッフのお悩み

聞くのも介護の仕事のうち?話好きの高齢者の長話

2019年3月28日

jikenbo62毎回、介護にまつわる問題点やちょっと困った介護スタッフの珍行動、介護現場での珍事件などを紹介するこのコーナー。今週は、「話好きの利用者」という話題を紹介します。

介護の仕事とは、すなわち人対人のコミュニケーションの仕事。経験やテクニック、知識はもちろんあるに越したことはないが、結局のところ「利用者に対する思いやり」が最も大切なスキルとなってくる。しかし介護の仕事は時間との戦いでもあるだけに、思いやりにも限界があるのもこれまた事実だ。

介護のスタッフに尋ねると、「おしゃべり」で悩むスタッフは多いようだ。曰く、「話しかけ方や声のかけ方が分からない」「初対面の人と上手くコミュニケーションが取れない」「話しかけても返事がそっけない」……。「利用者の話に耳を傾けよ」とは、この業界でよく言われる言葉だが、一方では、「話しが弾みすぎる」という悩みも存在する。

都内の某特養で働くIさんによれば、話好きの利用者につかまり、延々とその人の話に付き合わされるようなことは決して珍しくないという。その間は当然、他の仕事はできなくなるわけだが、無理矢理話を遮ったり、終わらせたりすれば、利用者の機嫌を損ねることは必至。Iさんは、可能な限り長話に付き合うようにしているという。

Iさんによれば、そのような長話に至る時の話題は、戦争体験が多いそうだ。戦火をくぐり抜けてきたような武勇伝や、食料確保などの苦労話が始まってしまえば、話が1時間近くに至ることなどザラ。Iさんは、戦争話が始まると、「つかまった」と心のなかで囁きながらも、利用者の昔話に耳を傾けているそうで、まったく戦争を経験していないにも関わらず、彼女の戦争知識は日々蓄積されているそうだ。

公開日:2014/8/4
最終更新日:2019/3/28
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 スタッフのお悩み > 聞くのも介護の仕事のうち?話好きの高齢者の長話