> 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 転職の実情 > 人手不足の介護業界で、面接に落ちる人の特徴は?その言葉・態度にご注意!

業界裏話 転職の実情

人手不足の介護業界で、面接に落ちる人の特徴は?その言葉・態度にご注意!

2019年4月8日

毎回、介護にまつわる問題点やちょっと困った介護スタッフの珍行動、介護現場での珍事件などを紹介するこのコーナー。今週は、「介護業界はどんな人を求めてる?」という話題について紹介します。

 

応募者のこんな発言・態度はNG

1安倍晋三首相が掲げる「1億総活躍社会」という単語は、「2015年 新語・流行語大賞」トップテンにも選ばれ、首相は11月末に、特別養護老人ホームなどの介護施設の追加整備を行なうよう指示。介護を取り巻く問題が、国民的な関心を集めている。首相の指示通り追加整備が行われれば、当然そこで働く人材も必要となるが、介護業界の人手不足は現在でさえかなり深刻な状況だ。

しかし、人材不足だからと言って、希望さえすれば誰でも就職できるわけではない。

都内の事業所でヘルパーとして働き、なおかつ採用担当者として応募者の面接を行っているKさんに聞いてみた。人手不足の業界でも面接に落ちてしまう人とはどんな人なのだろう?

「私が絶対に採用しないのは、『でも、しか』というタイプですね。言葉には出さないけれども、『学歴も経験もないから、介護でもやるか』『もう○○歳だし、介護ぐらいしか雇ってくれる所がない』という態度が見え見えな人はお断りします。

それから、『この業界は人手が足りないんでしょ?』と、採用されることが前提で“上目線”で語ってくる人や、『車椅子を押すぐらいなら私にもできるかなと思って…』と、へりくだっているのか、介護の仕事をバカにしているのか分からないようなことを言う人もいます」

この他にも、志望動機を訊ねたら、「ハローワークで勧められたので」と、答えた人もいたのだとか。さらにKさんは、こんな応募者の例を語る。

「その応募者は誰もが知っている有名私大を卒業していて、体力もありそうなタイプ。けれども面接で、未経験なのになんでも分かっているかのような口を利くんです。思わず『机で学んだことなんか、この世界じゃ役に立たないのよ!』って言いそうになりました(笑)。上司にそのことを伝えたら、『そのタイプは…危ないね』って同意してくれたので、結局落としましたね」

「でもそれが正解だったかはどうかは分からない」と語るKさん。では逆に、どんな人なら採用したいと思うのだろう?

 

こんな人は即採用。ぜひ介護業界へお願いします!

2「感じが良くて常識がある人なら、少々年齢がいってても、未経験でも、採用したいです。それからこれはすごく大事なことなんですけど、仮に同じような条件の人が2人いたら、『長く働いてくれそうだな』という人を選びます。『色々なことを教えて、やっと一人前になったと思ったら辞めちゃった』という時の徒労感は、教育してきた上司や同僚にとって本当にモチベーションが下がるもの。逆の言い方をすれば、『この応募者とずっと一緒に働きたい』と思わせてくれるような人なら、こちらから頭を下げてでもお願いします」

「採用の仕事をしていると、本当に色んな人がやって来ます」と語るKさん。
「感じが良くて、常識がある」とは、ハードルが低いようで高い条件。だが、Kさんは「基本的に我々の業界は“常にウェルカム”の状態」とも語っており、臆せず挑戦してみる価値はありそうだ。

公開日:2015/12/21
最終更新日:2019/4/8
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 転職の実情 > 人手不足の介護業界で、面接に落ちる人の特徴は?その言葉・態度にご注意!