> 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 スタッフのお悩み > 介護の仕事+塾講師、+飲食店… ダブルワークするそれぞれの理由

業界裏話 スタッフのお悩み

介護の仕事+塾講師、+飲食店… ダブルワークするそれぞれの理由

2019年4月15日

毎回、介護にまつわる問題点やちょっと困った介護スタッフの珍行動、介護現場での珍事件などを紹介するこのコーナー。今週は、「ヘルパーが他の仕事とダブルワークするのは可能?」という話題について紹介します。

 

資格取得のために、勉強しながらWワーク

1先日、当コーナーで「訪問ヘルパーの掛け持ちってありなの?なしなの?」という記事について紹介したところ、「別の仕事とのダブルワークは可能なの?」という声が寄せられた。

ヘルパーとして複数の事業所に登録することは“ケースバイケースであり”ということが分かったが、別の仕事とのダブルワーク、つまり“副業”は可能なのだろうか?

都内の事業所で働くHさんによれば、彼女の事業所には、さまざまな理由で他の職業とのダブルワークをしているヘルパーがいるという。Hさんは、とある男性職員について語ってくれた。

「その男性は、ある資格試験を目指しながらヘルパーとして働き、さらに塾講師もしています。男性は学生時代から塾講師をしながら資格取得を目指していたものの、あまりに何回も不合格が続いたため、親からの仕送りが途切れてしまい、ヘルパーを始めたようです。今では冗談で『もうこっち(ヘルパー)に決めたら?』なんて言っているんですが……。もちろん(試験に受かるよう)応援してますけどね」

「やっぱり(ヘルパーは)時間の融通が利くからじゃないですか」と、男性がヘルパーを選んだ理由を推測するHさん。一方ではこんな女性もいたという。

 

まずは介護職をダブルワークでやってみる?

2「ある30代の女性は、飲食店でパートとして働きながら、ウチでヘルパーの仕事をしていました。彼女はシングルマザーでバリバリと稼ぐ必要があったので、飲食店よりも時給が良いヘルパーに魅力を感じたようです。ただ、ヘルパーとしての経験が浅く、ヘルパーに専念する自信はなかったようで、飲食店の仕事を続けながら、自分なりに適性を見ていたみたいです」

この女性は最終的にはヘルパーの道を選ばず、もとの飲食業界に戻っていったが、退職の際には「また何かあったらよろしくお願いします!」と、ヘルパーという仕事が嫌で辞めたわけではなかったようだったという。

また、「似た業界ですけど、これもダブルワークですよね」と、Hさんは別の女性の話を教えてくれた。

「その女性は、訪問ヘルパーとして働きながら、知的障がい者施設でも働いていました。女性は、知的障がい者施設でフルタイムで働きたかったようですが、条件の合うところがなかったそう。訪問ヘルパーなら、『(知的障がい者施設の仕事にも)何か役に立つだろう』と、応募したようです。ここまで意欲のある人はなかなか珍しいですけどね」

ダブルワークを望む人は多く、実際に現場でも活躍している。それは、求人件数の多さを見てもわかる。弊サイト『介護求人ナビ』でも、「Wワーク」というキーワードで検索すると、条件に合致する求人が多数ヒットする。

他の業界で働いているけれど、介護の仕事にも興味がある…という人は、まずダブルワークから始めてみる、という手もありそうだ。

*介護求人ナビでWワーク可能な仕事を探す → 介護求人ナビ

公開日:2016/5/9
最終更新日:2019/4/15
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 スタッフのお悩み > 介護の仕事+塾講師、+飲食店… ダブルワークするそれぞれの理由