「介護現場にはどんな人材が欲しい?」介護事業所の採用担当に聞いてみた | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 転職の実情 > 「介護現場にはどんな人材が欲しい?」介護事業所の採用担当に聞いてみた

業界裏話 転職の実情

「介護現場にはどんな人材が欲しい?」介護事業所の採用担当に聞いてみた

2018年11月5日

毎回、介護にまつわる問題点やちょっと困った介護スタッフの珍行動、介護現場での珍事件などを紹介するこのコーナー。
今週は、「大手介護事業所の採用担当が語る『こんな人を採用したい!』」という話題について紹介します。

 

介護事業所の採用担当クドウさんが面接でチェックするポイントは?

すべての人が自分の就きたい仕事に就ければ理想的だが、現実の世界はシビア。自分ではやりたいと思っても、実際にはその仕事に向いていない場合もあれば、自分では向いていないと思い込んでいても、実はピッタリだということもある。

介護業界ではどのような人材が求められているのだろうか?
訪問介護事業大手の会社で働き、長らく採用に携わっているクドウさんに、どんな人材を求めているのかを聞いてみた。

「面接で第一にチェックするのは、『挨拶がきちんとできるか』『言葉遣いが丁寧であるか』の2点です。

介護の仕事は、初対面の人と接することが多いうえ、お世話をする相手は間違いなく自分より年配の方です。もちろん、きちんとした挨拶や言葉遣いができていないからといって、すぐにお断りというわけではありませんが、挨拶がきちんとできない人、言葉遣いが荒い人の印象は大幅にマイナスです」

つまり、面接の最初の5秒か10秒がとても大事だということ。逆に言えば、最初の10秒で失敗しなければ、それだけで大きなプラスポイントになるということだ。

 

介護職として求めているのは「笑顔」「プライド」「責任感」

さらにクドウさんは、介護職として欲しい人材についてこう語る。

「私たちが求めているのは、サービスを利用してくれる利用者さんに対して、自分が最も大切にしている人に接するのと同じように、笑顔で優しく接することができる人です。

いろいろな利用者さんのお世話をしていると、時には相性が悪い方にあたることもあります。嫌なことを言われることもあります。
それでも心を乱されることなく、寛容な心を持って笑顔で対応できる人を求めています」

簡単なようで難しい条件だが、「優しい対応ができない人は、介護の仕事は長く続きません」とクドウさん。さらに絶対必要な条件として、こんなことをあげている。

「自分の仕事にプライドを持って、責任感を持って取り組める人です。
介護の仕事を、“家族ができることを、家族の代わりにやるもの“と見下す人もいますが、この仕事は、助けを必要としているお年寄りの生活を少しでも快適にする、この上なくやりがいのある仕事ですし、同時に人の命を預かる仕事でもあります。
責任感やプライドを持たず、『お給料がもらえればいいや』と考える人はお断りです」

『挨拶と言葉遣い』『笑顔で優しい対応』『介護の仕事へのプライド』の条件をすべて満たすのはなかなか大変そうだと思うかもしれない。しかし、クドウさんは、

「これらの条件を満たしている人なら、私たちの会社では、経験や年齢、学歴や職歴、資格の有無は一切問いませんし、働く時間や働く場所、生活のサポートなど、あらゆる相談に応じます」
と語っている。

決してハードルは低くないが、経験や学歴など“今さら変えようがないもの”を問われないのは、うれしいところ。
ちょっとした意識と努力次第で、介護職として働くのに適した人材になれるとも言える。
「男性も女性も大歓迎です」(クドウさん)とのことなので、興味がある人は、介護業界に飛び込んでみては?

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 転職の実情 > 「介護現場にはどんな人材が欲しい?」介護事業所の採用担当に聞いてみた