> 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 スタッフのお悩み > この新人は何者?老人ホームでオーナーが頭を下げた新人職員の正体とは?

業界裏話 スタッフのお悩み

この新人は何者?老人ホームでオーナーが頭を下げた新人職員の正体とは?

2019年5月27日

毎回、介護にまつわる問題点やちょっと困った介護スタッフの珍行動、介護現場での珍事件などを紹介するこのコーナー。
今週は、「まるで現代のおとぎ話」という話題について紹介します。

 

有料老人ホームでのドラマのような出来事とは

「職場の清掃員が、実は会長だった」
「新人としてやって来たダメ社員が、実は創業者の御曹司だった」
──身分を隠すストーリーは昔からドラマや映画で定番の展開。時代劇の『水戸黄門』はその代表だ。

都内のある介護付き有料老人ホームで、それに似た事件が発生。関わった人間が一様に驚いてしまったという。

 

身分を隠したドラマのような展開が起こったのは…

ドラマさながらの事態が発生したのは、東京都内でもとりわけ庶民的な地域に建つ介護付き有料老人ホーム。
その施設はオープンしてまだ数年と歴史は浅く、入居者は約80人、月額費用は16万円程度。
東京23区内ではあるものの、最寄り駅からかなり遠く、周囲には畑などもあるのんびりした地域だ。

 

新人介護職は、人生では先輩

この有料老人ホームでドラマが起きたきっかけは、アライさんという女性がスタッフに加わったことだ。

アライさんは50代だが、介護の仕事は初めてだったため、教えを請う先輩スタッフは全員歳下。
最初はやりにくそうにしていた若手スタッフも、やがてアライさんの気さくな人柄に心を許すようになり、職場では新人でも人生では先輩のアライさんは、いつしかスタッフみんなの愚痴の聞き役になっていたという。

 

新人介護職にオーナーがお辞儀?!

そんなある日、施設にグループのオーナーがやって来ることになった。
施設には施設長がおり、スタッフとは顔も名前も一致する関係だが、グループのオーナーはまったく別。

「オーナーと会うのは初めて」というスタッフが大半だったが、入り口でスタッフが出迎えた時に事件は起きた。施設で働くカワノさんがいう。

「施設長を中心に職員全員がかしこまってオーナーを出迎えるなか、アライさんが『どうもご無沙汰してます』とオーナーに声をかけると、オーナーが『アライさん、大変ご無沙汰しております』と深々とお辞儀したのです。
当然、『アライさんは何者だ?』という話になりますよね?」

 

オーナーとアライさんの意外な関係性とは?

話を聞けば、オーナーが恐縮するのももっともな話だった。

アライさんの夫は空手教室で地元の子どもたちを指導しており、オーナーは教え子の一人。オーナーが10代の頃にグレてしまった頃も、見捨てることなく面倒を見たのがアライさんの夫で、アライさん自身もオーナーのことはよく知っていたのだ。

アライさんがその施設で働き始めたのも偶然ではなく、オーナーの恩師である夫から「人手が足りないようだから、手伝ってやってくれ」と言われたから。
しかしアライさん本人は「説明すると面倒なので」という理由で、仕事場ではそんな経緯は一切話さなかったのだ。

結果的に、その一件でアライさんの立場が変わることはなかったが、オーナーが新人の介護職に深々と頭を下げるシーンは強烈に印象に残ったようで、みな口々に「まるでドラマのワンシーンのようだった」と言っているのだとか。

オーナーには「職場で何か問題があったら、何でも仰って下さい」と言われたアライさんだが、「そんなことしたら、自分も周りも働きにくくてしょうがないじゃない」と、オーナーに直接意見できる権利は一切行使していないそうだ。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 スタッフのお悩み > この新人は何者?老人ホームでオーナーが頭を下げた新人職員の正体とは?