> 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 転職の実情 > 参加者の『ある言葉』でシーン…。介護業界の合同説明会は、会社側も真剣です!

業界裏話 転職の実情

参加者の『ある言葉』でシーン…。介護業界の合同説明会は、会社側も真剣です!

2020年10月26日

合同説明会中、参加者の『ある言葉』でシーン…

外出自粛期間の終了、プロ野球やJリーグの観客上限緩和、GoToトラベルの開始など、新型コロナ騒動は徐々に“経済を動かしながら”というやり方に移行していますが、何をするにもコロナ対策が頭をよぎる状況は変わっていません。

今回は、コロナ下で開催された、介護業界の合同説明会での一幕をご紹介。
仕事がしたいはずなのにこんなこと言われたら、ちょっと信用できないですね……。

 

合同説明会は開催する?しない?コロナに振り回される採用活動

コロナに振り回される採用活動

今回お話を聞いたのは、都内のある訪問介護事業所。
地元で開催される合同説明会に毎年参加してきたが、担当者のフジイさんによれば、今年は準備も本番もとにかく大変だったそうです。

「介護業界の合同説明会が例年、9月に開催されており、新年度に入ると同時に準備がスタートしていました。

今年は開催できるかどうかの判断が保留され、開催が決定したのは7月の下旬。あまりにも準備期間が短いので、参加を見合わせようかという声も上がりました。

ただ、長年付き合いのある団体が主催していること、地元自治体も絡むイベントで、欠席すると余計な軋轢が生じる可能性があること、そして何より、例年以上に参加者が増えそうだということで、参加を決めました」

 

合同説明会への出展は、準備が大変!コロナ対策まで…

合同説明会への出展は、準備が大変!

合同説明会への出展にあたっては、パンフレットや解説パネルの作成、当日の説明会の模擬練習、大量の人員を取られるためのシフト調整、補助スタッフの手配、スタッフのお弁当の用意など、やることは大量……。

たった1か月で出展の準備をしなければいけないのに、今年度はさらにコロナ対策も必要で、みんなてんてこまい。コロナ対策については主催者から丁寧な注意やアドバイスがあり、一から考える必要はなかったものの、当日の苦労は想像以上だったそうです。

 

『コロナ対策万全のイベント』は裏の仕事が多かった

『コロナ対策万全のイベント』は裏の仕事が多かった

「合同説明会の当日は、関係者全員が消毒と検温を行い、当然のことながら関係者も参加者も全員マスク着用。

“三密”の回避のため、列は間隔を空けて並ぶように指示しますが、ブースによっては間隔が短くなったり、列が隣のブースにはみ出したりと、小さなトラブルはあちらこちらで発生していました。

来場者が使う筆記用具やバインダーなどはすべて使い捨てで、パイプ椅子もひとり座るごとに消毒スプレーとウェットティッシュで拭き、スタッフは手洗いと消毒スプレーの噴射を繰り返す1日でした」

 

マスク拒否の説明をしてよ…

参加者がマスク拒否?!

ただ、こういった対策をすることで見えてきたこともあったという。

「コロナに対する姿勢が、どうしても採用に影響してくるのは否めません。

例えば、このご時世にマスク無しでやって来る人がおり、そういった人用のマスクを用意していましたが、着用を拒否する人もいました。

どういう考えがあるのかは知りませんが、少なくとも介護現場でマスク着用拒否はあり得ない。マスクができないならその理由を説明してほしいですし、介護現場のことを想像したことがあるのかな?と疑ってしまいますよね。

ウチのブースには来ていませんでしたが、どこか採用した事業所があったのか不明です……」

 

「ある一言」にカチーン!

「ある一言」にカチーン!

さらに、フジイさんには気になった言葉があったと言います。

「私が話した参加者の中で気になったのは、『とりあえず』という言葉を使った人ですね。自身の窮状を散々訴えた挙げ句、結局言っていたのは『仕事も収入も減ったから、とりあえず介護で生活費を稼ぎたい』ということだけ。

私はムッとしてしまい、『いずれは前の仕事に戻りたいんですか?』と尋ねたら、マズいと思ったのか、バツが悪そうに『いや、できれば長く続けたいと……』と、答えていましたが、少なくともウチは、『とりあえず介護でも』なんて人はお断りです」

介護という仕事のことをもっと知って欲しい

新型コロナ騒動では、悲劇的なダメージをくらった業種もあるのは万人が承知しているが、「だからとりあえず雇ってよ」という姿勢はいただけないですね。

資格や学歴を問わず、やる気があれば始めやすい介護の仕事。どんな働き方をしているのか?どんな仕事をしているのか?どんな人たちが働いているのか?介護現場を知ってほしい、というのが本音のようです。
「きっかけが何であれ、介護に興味を持ってくれたのはうれしいこと。介護という仕事のことをもっと知って欲しい」とフジイさんは語っていました。

 
 

◇合わせて読みたい◇

介護士あるある?「勤務中のアレ」を変えて、疲れが軽減!転職後の疲れの原因は…

話題の「Go To イート」、宅配やテイクアウトは対象なの?

【マンガ】介護施設での「利用者さんへのやさしいウソ」

 

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 転職の実情 > 参加者の『ある言葉』でシーン…。介護業界の合同説明会は、会社側も真剣です!