> 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 映画で介護を学ぶ・楽しむ > 『人生、いろどり』

映画で介護を学ぶ・楽しむ

『人生、いろどり』

2019年1月2日

jinseiirodori◆Movie Infomation◆

■作品名:人生、いろどり
■販売元:アミューズソフトエンタテインメント
■公開年:2012年
■発売日: 2013年12月25日
■製作国:日本
■配給:ショウゲート
■上映時間:112分
■監督:御法川修
■出演:吉行和子、富司純子、中尾ミエ、平岡祐太、藤竜也 ほか

 

 

 

 

高齢者たちとタッグを組むことで生まれる可能性

過疎化と高齢化が進む徳島県上勝町で実際に行われている、老人参加型の町おこしを題材にした感動作。ある年、異常寒波が町を襲い主要産業のみかん農家は多大な被害を受ける。指導員として農協に赴任した江田晴彦(平岡祐太)は、新しいビジネスとして、料理の彩りとなる葉っぱを商品化する「つまもの」ビジネスを提案するが、住民からまったく賛同を得られない。ただ、小さな雑貨店を営む未亡人の石本花恵(富司純子)は、自分を老人ホームに入れようとする息子夫婦を見返してやりたい一心で、このビジネスを始める決心をするが……。

「つまもの」についてまったく知識がなかった高齢者たちが、手探りで研究を重ねて、町おこしの中心的な存在となるこのリアル・サクセス・ストーリーは、チャレンジ精神に年齢は関係ないということを教えてくれる。また、高齢者を介護するというスタンスだけで捉えるのではなく、高齢者たちとタッグを組むことで生まれる様々な可能性や未来について、改めて考えさせられられるだろう。ちなみに、現在この「つまもの」ビジネスの年商は2億6000万円で、中には年収1000万円を稼ぐおばあちゃんもいるとのことだ。

実際のビジネスの成功だけではなく、もちろんこの作品は映画としての評価も高い。先行上映された徳島県内では、公開2週間で1万人を突破、東京は単館公開でミニシアターランキング2週連続1位を記録している。

<中条>

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 映画で介護を学ぶ・楽しむ > 『人生、いろどり』