【転職失敗事例】「未経験者歓迎ってホント?」編…はじめての介護職 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「未経験者歓迎ってホント?」編…はじめての介護職

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

「転職先選び」 私の失敗談

【転職失敗事例】「未経験者歓迎ってホント?」編…はじめての介護職

2018年10月9日

夢と希望にあふれて転職したのはいいけれど、働き始めたら違和感を感じること、ありますよね。「想像していた仕事と違う」「最初から知っていれば転職しなかったのに」…こんなことなら辞めたい…。
ここでは、そんな転職の先輩の失敗談を、介護求人ナビ編集部からのアドバイス付きでご紹介。
せっかくの転職を失敗に終わらせないためにも、ぜひ参考にしてください!

 

〈事例1〉何もできない自分がはがゆくて。やっぱり資格や経験がないとダメなのかな…

kaigo_syokujikaijo_kyohi33歳/女性/久美子

無資格・未経験で有料老人ホームに転職しました。やる気はあるのですが、何もかもが初めてのことばかりで、仕事がなかなか覚えられないんです。
私より年下のスタッフがテキパキ仕事をしているのに、私がもたもたしているのでフォローされてばかり。迷惑をかけているかと思うと、心苦しくてツラいです。

《アドバイス》
介護業界に限らず、新しい仕事や職場に飛び込んだ時は、誰でもとまどいを感じるものです。
特に介護の仕事は、専門的な知識や経験、入居者ひとり一人に合わせた臨機応変な対応が求められるため、無資格・未経験で転職したばかりの時は、できなくて当然。
とはいえ、社会人経験の豊富な人だと、そんな「できない自分」をつい責めてしまうかもしれません。

でも、あせる必要はありません。
事業者や職場のスタッフは、あなたが無資格・未経験ということを知ったうえで受け入れています。
「即戦力」として活躍できないことにクヨクヨするのではなく、素直に先輩から学び、できることを増やしていくことが重要。それが職場の期待に応えることなんだと、気持ちを切り替えてみましょう。

また、仕事が遅いことを気にされているようですが、介護の仕事は人と密に接する仕事ですから、「丁寧に」「確実に」が大切。急ぐことでミスをしてしまったり、利用者の気持ちを考えない行動をしてしまっては、本末転倒です。
わからないことや不安なことがあれば、先輩スタッフに聞いて、まずはしっかり仕事を覚えることが大事。その上でスムーズに業務を進める方法をマスターしていきましょう。

また、介護業界では、資格を取得することもキャリアアップのための重要な要素です。
無資格でできる仕事は限られており、例えば入居施設では居室の掃除やシーツ交換など、「生活援助」がメイン。
けれど、介護業界の入門資格と言える「介護職員初任者研修」を修了すれば、食事や入浴、移乗などの「身体介助」ができるなど、仕事の幅が大きく広がります。
転職先選びをする時は、研修制度や就業後のフォロー体制はもちろん、資格取得の支援制度なども確認しておくことをおすすめします。

なお、もしも人に遅れをとることをプレッシャーやストレスに感じるタイプの方であれば、先に資格を取ってから、介護の仕事を始めるほうが、良いかもしれません。

 

〈事例2〉要介護度が低く、元気な方の介護がしたいと思うのは、ワガママですか?

genki_obaasan23歳/女性/チカ

もともとおばあちゃん子だったこともあり、介護の仕事に興味をもちました。介護職員初任者研修を修了し、未経験で介護老人保健施設に就職。でも、老健は要介護度が高い方が多かったので、介助が難しくて…。
看取りを経験したこともショックで、その職場で働き続ける自信がなくなり、1カ月で退職してしまいました。
お年寄りと楽しく会話ができるようなところで働きたいのですが、ワガママでしょうか…。

《アドバイス》
介護施設の種類によって、利用者の要介護度や必要なケアには違いがあります。

例えば、病後のリハビリを目指す「介護老人保健施設(老健)」や、要介護度3以上の方が入所対象になる「特別養護老人ホーム(特養)」は、必然的に要介護度の高い利用者が多いです。
そのため、そこで働く介護スタッフには、高い身体介助の技術が求められることがあります。

老健や特養の他の入居施設としては、入居者の生活をサポートする「有料老人ホーム」、認知症の方がアットホームな雰囲気のなかで共同生活をする「グループホーム」などがあります。
また、入居施設ではありませんが、在宅で生活しながら原則日中のみ利用する施設「デイサービス」もあります。
これらの施設は比較的要介護度が軽い方が多くいます。

このように、さまざまなタイプの施設があり、施設ごとに目的も求められるケアも異なります。
まずは、施設の種類とそれぞれの特徴を知ることが大切。その上で、事業者の特徴や具体的な仕事の内容を確認し、自分の「やりたいこと」と「できること」をマッチングさせることが、失敗しない転職先選びのポイントです。
面接の時には、実際に施設を見学させてもらい、入居者の様子なども見せてもらう方が良いでしょう。

ただし、施設のタイプによる要介護度はあくまでも「傾向」。どの施設にも重度の利用者がいる可能性はあります。
また、オープンしたばかりの施設だと、最初は元気な入居者が多くても、年月が経つにつれ入居者も年をとり、徐々に要介護度が高くなっていきます。

高齢者が多い施設は、当然ですが、お別れの時を経験することもあります。介護は「入居者や利用者をサポートする仕事」ですが、それと同時に「人生の終わりに寄り添う仕事」でもあります。
今は難しいかもしれませんが、経験を積み、スキルを磨きながら、徐々に「重度な利用者のケア」や「看取りを受け止めること」ができるようになっていってほしいですね。

 

〈事例3〉会話するのも笑顔をつくるのも苦手…。介護の仕事は向いていなかったのかな

hansei_koukai_man26歳/男性/トシ

フリーターから転職し、老人ホームに転職しました。以前は製造業の仕事で人と話すことが少なかったせいか、おしゃべりが苦手だし、利用者様と話すきっかけがつかめなくて…。
せめて笑顔で接したいと思っているのですが、愛想笑いも苦手。介護の仕事は向いていないかもしれないと悩んでいます。

《アドバイス》
入居者との会話は大切なことですが、あなたが上手に話すことが絶対に必要なわけではありません。
自分から話すことが苦手なら、聞き役になってみてはいかがでしょうか。

話すきっかけがつかめないなら、まず相手のことを知る努力をしてみましょう。
例えば、上司の許可をとって入居者のプロフィールなどを確認する、入居者と仲のいいスタッフから話を聞くなど、方法はいろいろあります。
会話に自信が持てないのなら、上手にコミュニケーションをとるためのコツを紹介した本などを読み、スキルを磨くこともおすすめです。

また、笑顔が苦手ということですが、無理に笑顔をつくることが良いことではありません。
「笑わなければ!」という思いはあなたにとってプレッシャーになってしまいます。
また、高齢者は経験豊富な人生の先輩でもあります。つくり笑顔や心にもないお世辞などは、見抜かれていることも多いようです。
無理に笑顔をつくるのではなく、不機嫌な顔に見えないように心がけてみましょう。
例えば鏡を見て口角をあげる練習をしてみてはいかがでしょうか。少し柔らかい表情にしようと気をつけるだけで、話しやすい雰囲気をつくることができるはずです。

誰でも得意なこともあれば、不得意なこともあります。苦手なことばかり気にしていては、ますます表情も固くなってしまうはず。
上手に会話することや笑顔にこだわらず、少し肩の力を抜いて、あなたらしい接し方を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

この他にも、転職者の失敗談&アドバイスを、以下のページでご紹介しています!

今までと違うタイプの事業所に転職し、失敗したケース
転職先の同僚との人間関係に悩まされているケース
最近増えてきた「サービス付き高齢者向け住宅」に転職し戸惑うケース
履歴書の書き方で失敗したケース
面接の準備や勘違いで失敗したケース
職務経歴書で失敗したケース

ほかにも多数の失敗談があります。すべて見たい方はこちらをどうぞ。
→こんな職場とは思わなかった!「転職先選び」失敗談 一覧ページ
→履歴書・職務経歴書・面接・…「転職活動」の失敗談 一覧ページ


履歴書や面接で必要になる「自分らしい志望動機・自己PR」の言葉。ぜひこちらを参考に!

→「志望動機」 例文集 一覧ページ
→「自己PR」例文集 一覧ページ

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「未経験者歓迎ってホント?」編…はじめての介護職