【転職失敗事例】「給料のことはちゃんと考えないと…」編…介護業界内の転職 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「給料のことはちゃんと考えないと…」編…介護業界内の転職

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画50 ★ 介護男子も、セクハラに困ってます!

人気記事ランキング

「転職先選び」 私の失敗談

【転職失敗事例】「給料のことはちゃんと考えないと…」編…介護業界内の転職

2018年12月4日

夢と希望にあふれて転職したのはいいけれど、働き始めたら違和感を感じること、ありますよね。ここでは、そんな転職の先輩の失敗談を、介護求人ナビ編集部からのアドバイス付きでご紹介。
せっかくの転職を失敗に終わらせないためにも、ぜひ参考にしてください!

 

〈事例1〉事業者によってこんなにお給料が違うなんて…ちゃんと調べればよかった

image125歳/女性/マヤ

介護職のお給料は、どこもほとんど一緒だと思っていたので、通いやすい方がラクだと思い、近所の有料老人ホームに転職しました。
でも、何気なく見ていた求人サイトで、となりの駅にオープンした施設の方が、2万円も月給が高いと知ってびっくり! 同じ介護職なのに、こんなに待遇が違うなんて…この転職、失敗だったかな?

《アドバイス》
一般企業と同じように、事業者によって待遇に違いはあります。
「老人ホームの介護職」という同じ仕事でも、事業者によって給与は違いますし、スタッフへのサポート制度もさまざま。

介護業界は慢性的な人手不足のため、他の事業者よりも給与を高めに設定したり、さまざまな手当を用意する事業者も増えています。やる気のある優秀なスタッフに入職してもらうために、事業者も努力しているのです。「どこでも同じ」と思い込み、安易に転職先を選ぶのはNGです。

また、だからと言って、見かけの給与だけをチェックし、そこだけで判断しないように気を付けましょう。
例えば、給与が高くなくても、交通費の全額支給や資格手当・住宅手当・家族手当など、福利厚生が充実している場合は、結果的に収入が多くなることも。
また、あなたがスキルアップをめざしているなら、教育・研修制度が充実している職場の方が満足度は高いかもしれません。プライベートを充実させたいと思うなら、休暇が取りやすい職場の方が向いているでしょう。

転職先を選ぶ時は「給与」だけではなく、「仕事の内容」や「勤務時間」「事業者の理念」「将来性」「教育・研修制度」「福利厚生」など、さまざまな視点から検討することが大切です。

『介護求人ナビ』は、介護・福祉業界専門の求人サイト。気になる条件で転職先を絞り込み、詳しい情報を見ながら比較検討できます。

<<希望の月収・時給で探せる>>こだわり条件で求人探しはこちら

 

〈事例2〉「収入」と「やりがい」…どちらを優先させるか迷っています

image236歳/男性/圭一

今勤務している老人ホームの介護のやり方についていけません。職場の雰囲気も悪いし、この先もよくなるイメージがもてない。なので、ひそかに転職活動をし、2つの施設にしぼりました。
一つ目は長い実績のある施設で給与も安定。二つ目は、新しい施設で僕の意見をぜひ取り入れたいと言ってくれるけど、給与が安いんです。
やりがいのある職場は二つ目の施設だけど、結婚する予定もあって収入も大事。前回の転職での反省もあり、すごく迷っています。

《アドバイス》
「安定しているけど、自分のやりたいことができないかもしれない職場」と「やりたいことが実現できるけど、収入が少なめの職場」の選択。迷ってしまう気持ちは分かります。

まずは、あなたが仕事に求めていることを、もう一度整理してみましょう。
たとえば、「やりがい」「給与」「プライベートの充実」…。あなたが仕事をする上で大切にしていることをすべて書き出し、それぞれ重要度に応じて点数をつけていくことで、あなた自身の「転職の基準」が見えてくるのでは。

それでも迷ってしまうなら、迷っていることやその理由を、転職を希望している事業者に正直に伝えることも一つの方法。
そうすることで、あなたの悩みにどう対応してもらえるかを確認できます。さらに、その相談への受け答えによって、働くスタッフの悩みを真剣に受け止める事業者なのかどうかも、確認できるかもしれません。

また、実際に職場を見学したり、場合によっては体験勤務ができないか確認することもおすすめです。
あなた自身、「介護に対する気持ち」を大切にしているようですし、実際に現場を見て、自分と合う職場かどうかを確認することは重要です。

最終的に決めるのは、ほかの誰でもなくあなた自身。
転職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、「自分が大切にしていることを整理する」「転職先の事業者をよく調べる」、そして「自分の希望と転職先をマッチング度を確認する」という、3つのポイントを忘れないようにしてください。

 

〈事例3〉都会に憧れて上京したけど、家賃や物価が高くて…。経済的に厳しいんです

image323歳/女性/ユッキー

地元の特別養護老人ホームで働いていたのですが、「一度は都会で働いてみたい」と思い、東京にある有料老人ホームに転職しました。
お給料は前よりちょっとよくなったけど、とにかく家賃や物価が高くてびっくり! これじゃ貯金もできないし、だからと言って郊外に引っ越すと通うのがキツいし…。もう田舎に帰った方がいいのかな…。

《アドバイス》
介護に限らず、一般的に地方よりも首都圏の方が給与は高い傾向にありますが、その分家賃や物価が高いのが現実です。
特に家賃の差は大きく、地方から都心に来て、家賃の高さに驚く人も多いようです。また、知らない場所でいきなり住宅を探すのは、思ったよりも苦労が多いという話もよく聞きます。

地方から都心に転職する方や、自分でアパートやマンションを探すのが不安な方は、寮や社宅制度がある事業者への転職も積極的に考えてみましょう。
事業者が用意した寮や社宅は勤務地から近く、一般的な家賃相場に比べてリーズナブルなことが多いため、負担が軽くなります。
また「同じマンションに一緒に働くスタッフが住んでいることが心強い」という方も少なくありません。
寮や社宅制度だけでなく、引っ越し費用を負担してくれるなど、地方から首都圏への転職を強力にバックアップしてくれる事業者もあります。

ユッキーさん、田舎に帰ることも選択の一つですが、その前に、寮や社宅制度、住宅手当などを用意している事業者への転職も考えてみてはいかがでしょうか。

給与だけではなく、どういった制度があるのかを確認しておくことも、後悔しない転職先選びの大切なポイントです。待遇やサポート制度などについても、しっかりチェックしておきましょう。

>>社宅・寮・住宅手当ありの求人はこちら<<

 

この他にも、転職者の失敗談&アドバイスを、以下のページでご紹介しています!

今までと違うタイプの事業所に転職し、失敗したケース
転職先の同僚との人間関係に悩まされているケース
最近増えてきた「サービス付き高齢者向け住宅」に転職し戸惑うケース
履歴書の書き方で失敗したケース
面接の準備や勘違いで失敗したケース
職務経歴書で失敗したケース

ほかにも多数の失敗談があります。すべて見たい方はこちらをどうぞ。
・こんな職場とは思わなかった!「転職先選び」失敗談 →一覧ページ
・履歴書・職務経歴書・面接・…「転職活動」の失敗談 →一覧ページ


履歴書や面接で必要になる「自分らしい志望動機・自己PR」の言葉。ぜひこちらを参考に!

・「志望動機」 例文集 →一覧ページ
・「自己PR」例文集 →一覧ページ

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「給料のことはちゃんと考えないと…」編…介護業界内の転職