【転職活動の失敗事例】「履歴書が上手く書けない時の対処法」編…介護業界 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職活動」 私の失敗談 > 【転職活動の失敗事例】「履歴書が上手く書けない時の対処法」編…介護業界

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画56 ★ 一度辞めた介護士が、出戻り!そのワケは?

人気記事ランキング

「転職活動」 私の失敗談

【転職活動の失敗事例】「履歴書が上手く書けない時の対処法」編…介護業界

2015年12月22日

転職活動を成功させるためには、あなたの魅力が伝わる履歴書を用意することが重要です。「何を書いていいか分からない」からといって、適当に書いてしまったり、空白が多いものを提出するのはNG!あなたのやる気が疑われてしまいます。
ここでは、履歴書に悩む人たちの体験談を、介護求人ナビ編集部からのアドバイス付きでご紹介。ぜひ参考にしてください!

〈事例1〉「志望動機」がうまく書けない!「介護の仕事が好き」という気持ちだけじゃダメ?

image130歳/女性/のぶこ

老人ホームで働いていたのですが、職場の雰囲気が合わなくて退職。でも、やっぱり介護の仕事がしたいと思い、転職活動をしているのですが、履歴書の「志望動機」がうまく書けなくて…。「介護の仕事が好きだから」だけじゃダメですよね?

《アドバイス》
「志望動機」はあなたのやる気をアピールできる項目であり、採用担当者が重視するポイントです。あまりにも簡単な文章だったり、ありきたりな内容だと、採用担当者から「やる気がないのではないか?」「本当にそう思っているのか?」と思われてしまいます。

まずは「介護の仕事が好き」というあなたの気持ちを、もう一度整理してみましよう。

●介護の仕事をめざした理由は何か?
●あなたが考える介護の仕事の魅力は?
●どんな時に喜びを感じたか?

どうしてそう思ったのか、具体的なエピソードを交えて書けば、あなたらしい志望動機が書けるはずです。

また、採用担当者は「どうして、うちに応募したのか?」「うちに合うか?途中で辞めることにならないか?」ということも重視しています。

●その事業者を選んだ理由は何か?
●事業者のどういった部分に魅力を感じたか?
●新しい職場でどんな介護をしたいか?

など、応募先の事業者を選んだ理由や、入職後のイメージを伝えることも大切です。

介護求人ナビでは、志望動機の例文集を多数ご用意しています。
あなたの状況に近いものを参考に、アレンジして書いてみることもおすすめです。

→ケース別「志望動機」文例集

 

〈事例2〉経験もなく、人見知りな性格の私。自分の強みが見つかりません…

image222歳/女性/ユキ

履歴書の「自己PR」の欄に、書くことがなくて困っています。人の役に立つのは好きで、高齢者も好きなので、真面目に介護の仕事をしたいと思っています。でも、介護職の経験はありません。どちらかというと、人見知りで内気な性格ですし、器用な方ではないし特技もなし。アピールすることが見つからないので、自己PR欄はなにも書かないで出してもいいでしょうか?

《アドバイス》
介護業界では、働く人の「思い」や「やる気」を重視する傾向にあります。「資格や経験よりも、お年寄りや介護に対する思いを重視する」という採用担当者も少なくありません。

「介護の仕事がしたい」という思いを持っていることは、立派なあなたの強みです。
経験もなく、人見知りの性格だというあなたが「介護の仕事がしたい」と思った理由はなんでしょうか。そこには「介護に対する熱い思い」があるはずです。
どうして介護の仕事をめざしたのかを具体的に伝えることができれば、それがあなたの「自己PR」になります。

また「思い」だけでなく、あなた自身が気づいていない「強み」があるかもしれません。
あなた自身が自分を見ている目と、まわりの人の視点は違います。あなたの「強み」を家族や友だちに聞いてみてはいかがでしょうか。自分の性格を見つめ直すことで、介護職に向いているポイントが見つかるかもしれません。

それでもうまく自己PRが書けないという場合は、自己PRの文例も参考にしつつ、自分の言葉に置き換えてみてはいかがでしょうか。
自己PRの文例集は、介護求人ナビでも紹介しています。

→ケース別「自己PR」文例集

 

〈事例3〉ずっとフリーターだったので正社員の経験ナシ。職歴にはどう書けばいい?

image329歳/女性/ちり子

大学を卒業してからずっとアルバイトを転々としてきました。30歳を前にして、正社員として働きたいと思っています。今まで経験した職種は、飲食店のスタッフやイベントのサポート、派遣での事務、ヨガスクールの講師など。期間も1カ月から3年までとバラバラです。どこまで履歴書に書けばいいのでしょうか?

《アドバイス》
正職員の採用に応募する場合、履歴書の「職歴」には正社員・契約社員の職歴を記入することが基本です。
しかし、あなたのように正社員として働いたことがない場合は、パート・アルバイトの職歴を記入しても大丈夫です。でも、あまり短期間の場合は逆効果。少なくとも2カ月以上勤務した職種を目安に記入しましょう。

ただし、あまりにもたくさんの職歴があり、仕事内容もバラバラだと、採用担当者が混乱してしまう可能性がありますので注意が必要。
例えば、たくさんの仕事を経験してきたことをアピールしたい場合は「3年間で、接客業など5つのアルバイトを経験」と1行でまとめて書いても大丈夫です。
また介護の仕事に関連する仕事や、介護職をめざすきっかけとなった仕事があれば、それをピックアップして記入するのもよいでしょう。

あなたがさまざまな経験をしてきたことは、介護の仕事で活かせる強みになりえます。しかし一方で、短期間で転職を繰り返す人は「採用しても長続きしない」と敬遠される傾向もあります。
介護業界が人手不足なのは事実です。しかし、志望理由を聞かれて、「正社員として働きたいから」という理由だけを答えると、採用は厳しいかもしれません。

「正社員」以外に、あなたが介護や高齢者に興味を持った理由はなんでしょう?その思いをしっかり伝えることが重要です。また、その思いの背景に、さまざまなアルバイトをして得られた経験などがあるのであれば、ぜひしっかり説明することをおすすめします。

 

この他にも、転職者の失敗談&アドバイスを、以下のページでご紹介しています!

今までと違うタイプの事業所に転職し、失敗したケース
転職先の同僚との人間関係に悩まされているケース
最近増えてきた「サービス付き高齢者向け住宅」に転職し戸惑うケース
履歴書の書き方で失敗したケース
面接の準備や勘違いで失敗したケース
職務経歴書で失敗したケース

ほかにも多数の失敗談があります。すべて見たい方はこちらをどうぞ。
→こんな職場とは思わなかった!「転職先選び」失敗談 一覧ページ
→履歴書・職務経歴書・面接・…「転職活動」の失敗談 一覧ページ


履歴書や面接で必要になる「自分らしい志望動機・自己PR」の言葉。ぜひこちらを参考に!

→「志望動機」 例文集 一覧ページ
→「自己PR」例文集 一覧ページ

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職活動」 私の失敗談 > 【転職活動の失敗事例】「履歴書が上手く書けない時の対処法」編…介護業界