【転職失敗事例】「転職先の利用者・家族とトラブル?」編…介護職の悩み | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「転職先の利用者・家族とトラブル?」編…介護職の悩み

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

「転職先選び」 私の失敗談

【転職失敗事例】「転職先の利用者・家族とトラブル?」編…介護職の悩み

2019年1月8日

介護職にとって、利用者やその家族と信頼関係を築くのも大事な仕事です。
しかし、コミュニケーションが苦手だったり、ちょっとしたミスから、利用者やその家族との人間関係がうまくいかなくなってしまい、悩んでしまう介護職も少なくないようです。
ここでは、利用者や家族との関係に悩む先輩の転職失敗談を、介護求人ナビ編集部からのアドバイス付きでご紹介。せっかくの転職を失敗に終わらせないためにも、ぜひ参考にしてください!

〈事例1〉口ベタでおしゃべりが苦手な私。利用者様との信頼関係を築いていく自信がない…

120歳/女性/ナオ

未経験から介護職に転職。利用者様とうまくコミュニケーションできないことに悩んでいます。利用者様と年代が違うので共通の話題もないし、他のスタッフのようにテンポよく話せないので、会話もはずまなくて…。
お年寄りも介護の仕事も大好きだけど、利用者様と信頼関係を築く自信がありません。こんな私は介護職に向いていないのでしょうか?

《アドバイス》
「話すのが上手」=「信頼関係を築ける」とは限りません。
信頼関係を築くには、むしろ話すことよりも、“相手の話しをしっかり聞く“ことが重要。

だから「口ベタでテンポよく話せない」ことを、そんなに悩む必要はありません。話を聞いてくれることを喜ぶ利用者も多いのです。
例えば、以下のような「聞き上手なコミュニケーション方法」を身につけて、試してみてはいかがでしょうか。

●相手の顔を見て、うなずきながら話しを聞くなど、熱心に話を聞いていることを伝える
●「すごいですね」「おもしろいですね」など適度な相づちをうちながら話を聞く
●共通の話題で盛り上がるのではなく、「教えていただく」というスタンスで接する  など

また、利用者と上手にコミュニケーションするコツを紹介している書籍などもありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

信頼関係はすぐに築けるものではありません。転職したばかりのあなたと、以前から付き合いのある他のスタッフとでは、利用者からの信頼度が違うのは当然です。
しかし、あなたが気持ちを込めて接していけば、必ず気持ちは伝わります。

また、年代が違うことを気にしているようですが、若い人には若い人なりの接し方があります。
人生の先輩である利用者は、若いあなたの思いやがんばりをちゃんと見てくれているはずです。今はあせらず、じっくりと利用者と向き合っていきましょう。

それでもやっぱりコミュニケーションが難しい、でも介護に関係する仕事を続けたいと思うなら、他の職種への転職を考えることも一つの選択肢です。
介護業界には、さまざまな職種・仕事があります。視野を広げ、調理や清掃・リネンスタッフなど、バックヤードの仕事を探してみてもいいかもしれません。

→こちらのページで「介護の仕事内容を、職種別に紹介」しています

 

〈事例2〉利用者様を怒らせてしまい、気まずい雰囲気に…。この職場から逃げ出したい!

225歳/男性/ヒロヤ

転職してすぐ、ミスをしてしまいました。移動介助の時にもたもたしてしまい、利用者様を怒らせてしまったんです。すぐに謝罪をしたのですが、次の日からその利用者様に挨拶しても無視されるようになってしまって…。
他のスタッフからも「ダメなヤツだ」と思われている気がして気まずいし。また転職を考えています。

《アドバイス》
一度怒らせてしまった利用者との関係を、すぐに改善するのは難しいかもしれません。
だからといって、「気まずいから」とすぐ逃げ出すことは、せっかく失敗した経験を無駄にしてしまうことになるでしょう。たとえ他の職場に転職しても、同じことの繰り返しになってしまう可能性が大きいです。

あなた自身が「この利用者は苦手」と思ってしまうと、その気持ちは相手にも伝わります。今は無視されても、根気よく元気に挨拶を続ければ、相手の気持ちもやわらいでくるのではないでしょうか。
だからといって、あなたが反省している気持ちを伝えようと、無理に話しかけ続けるのは逆効果になってしまう可能性があります。その利用者をよく知っている先輩や同僚に、どう対応したらいいか相談してみてはいかがでしょうか。

またあなたは、まわりに「ダメなヤツだ」と思われているかもしれないと、気にし過ぎているようです。
どんなベテランスタッフも、みんな最初は初心者。失敗したことや怒られた経験があります。あなたが気にしているほど、まわりは冷たい目で見ていないのではないでしょうか。
周囲の目を気にするのではなく、同じ間違いを繰り返さないことに気を配るよう、気持ちを切り替えてみましょう。

小さなミスは誰もが経験するもの。その失敗から逃げず、向き合うことが成長につながります。また、失敗したからこそ得られる経験は貴重なものです。
失敗を糧にしてプロの介護士を目指して、がんばってみてはいかがでしょう。

 

〈事例3〉報告モレが原因で、利用者の家族から大クレーム!転職したばかりだけど、責任をとって辞めるべき?

324歳/女性/トモ

デイサービスに転職。先日、利用者様同士のちょっとしたトラブルが起きたのですが、すぐに解決したので、上司にもご家族にも報告しませんでした。
でも後日、それを知ったご家族からクレームが入り、上司がお詫びに伺うほどの大問題に。私が報告しなかったことが原因だと思うと心苦しくて。
責任をとって辞めるべきか、迷っています。

《アドバイス》
介護職は、利用者だけでなく、その家族と信頼関係を築くことも大切です。家族とは顔を合わせる機会が少ないぶん、丁寧に報告することが重要です。
小さなことでも報告することで、家族への信頼につながり、クレームやトラブルを防ぐことにつながるでしょう。

あなたが転職したばかりなら、利用者や家族の状況も分からないでしょうし、まだ信頼関係も築けていないのではないでしょうか。その状況で、家族に報告をすべきかどうかを自分で判断するのはとても危険です。
あなたが「ささいなトラブル」だと思っていても、家族にとっては重大なことかもしれません。また、報告しなかったことを「隠しごとをされている」と受けとられてしまう可能性もあります。

まずは、どんなトラブルでも上司に報告し、判断を仰ぐこと。慣れてくれば、あなた自身が正しい判断をできるようになってくるでしょう。

「責任をとって辞めるべきか」と迷っているようですが、あなたが辞めても何かが解決するわけではありません。
むしろこれから信頼関係を築いていくためには何をするべきか、同じミスをしないためにどんな方法があるか、を考えてみてはいかがでしょうか。
あなたが利用者や家族から信頼される介護職になることが、本当の問題解決ですし、今回迷惑をかけた上司への恩返しでもあります。

 

この他にも、転職者の失敗談&アドバイスを、以下のページでご紹介しています!

今までと違うタイプの事業所に転職し、失敗したケース
転職先の同僚との人間関係に悩まされているケース
最近増えてきた「サービス付き高齢者向け住宅」に転職し戸惑うケース
履歴書の書き方で失敗したケース
面接の準備や勘違いで失敗したケース
職務経歴書で失敗したケース

ほかにも多数の失敗談があります。すべて見たい方はこちらをどうぞ。
・こんな職場とは思わなかった!「転職先選び」失敗談 →一覧ページ
・履歴書・職務経歴書・面接・…「転職活動」の失敗談 →一覧ページ


履歴書や面接で必要になる「自分らしい志望動機・自己PR」の言葉。ぜひこちらを参考に!

・「志望動機」 例文集 →一覧ページ
・「自己PR」例文集 →一覧ページ

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「転職先の利用者・家族とトラブル?」編…介護職の悩み