【転職失敗事例】「民間企業の運営する介護施設は、利益重視?不安定?」編 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「民間企業の運営する介護施設は、利益重視?不安定?」編

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

「転職先選び」 私の失敗談

【転職失敗事例】「民間企業の運営する介護施設は、利益重視?不安定?」編

2019年2月5日

民間企業が運営する介護施設に転職したものの、人が足りなかったり、期待していたボーナスと違ったり…!?今回は、民間企業に転職した先輩ならではの失敗談を、介護求人ナビ編集部からのアドバイス付きでご紹介。せっかくの転職を失敗に終わらせないためにも、ぜひ参考にしてください!

《事例1》人員が足りず、病気でも休める環境ではありません…

135歳/女性/マイコ

民間企業が運営する介護付有料老人ホームに転職しました。仕事内容も職場の人間関係にも満足していて、転職して良かったと思っていたのですが…。私が転職して1ヵ月後、スタッフが相次いで二人辞めたんです。でもそれから3ヵ月経つのにまだスタッフの補充がありません。そのため連続勤務が常態化し、みんな疲れています。また、人手が足りないから病気になってもそうやすやすと休めない雰囲気です。なぜ補充してくれないの?民間企業だから利益重視で、スタッフのことは二の次なの?

《アドバイス》
日本の生産年齢人口(15~64歳)が減っていくなか、人材不足を訴えている業界や企業は多いですよね。介護業界も、人材確保に苦戦している業界の一つ。スタッフの補充が思うようにできず、必要最低限の人数で仕事を回している事業者も少なくないでしょう。

あなたが勤めている老人ホームも、補充するために今、まさに募集をかけて探している状況である可能性が高そう。民間企業だから、職員の環境よりも利益重視なのだろうと思うのは、考えすぎかもしれません。

しかしながら、今の状況のままで良いとは思えません。
人材不足で採用できないなど、たとえホーム側の事情はどうあれ、スタッフたちの献身的な努力に経営者が甘えているとも言えるでしょう。

病気になっても休めない状況は、体にも心にもかなり無理を強いている状態。このままストレスがかかり続けると、エネルギーが尽き、燃え尽き症候群や体調不良になりかねません。

まずは、あなた自身ができることから行動に起こしていきましょう。
ひとつは、確実に人の補充をしてもらえないか、まわりのスタッフや信頼できる先輩と相談して、施設長などの管理者に問題提起してはどうでしょう。
また、仕事の進め方などを工夫し、業務効率をあげることで少しでも負荷を減らせないか、スタッフ同士で話し合ってみませんか。会議の時間を短縮したり、細切れに手が空く時間を効率的に使うなど、できることがあるかもしれません。たとえば、清掃などの介護職以外の職員を採用することで、介護職は介護に専念できる環境を整えている事業者もすでにあります。

それらの提案や工夫をしても状況が変わらないようなら、心身を壊してしまう前に、転職を考えることも選択肢のひとつです。

 

《事例2》ボーナスの額が昨年より大幅に減額支給。こんなことって…。ショックです…

225歳/女性/美咲

民間企業が運営するグループホームに転職。面接時に聞いていた直近のボーナス支給額は、前職のものより多く、さすが民間企業はボーナスがいいんだな!って喜んでいたんです。ところが、いざもらってみると、聞いていた金額の半分以下! 今期は企業の業績が厳しいので、ボーナスが少なくなるとは聞いていたけれど、まさか半額とは… 楽しみにしていたのにガッカリ。民間企業って、こんな感じなのですか?

《アドバイス》
期待していたボーナスが半分だった…。そのショックは想像できます。たしかにボーナスはモチベーションを左右する力がありますよね。

しかしながら、そもそもボーナスは正規の給与とは異なり「必ず支給される」というものではありません。支給時期や支給回数、支給対象期間やもらえる金額も企業ごとに違いますし、支給制度そのものがない会社もあります。特に介護業界では、ボーナス支給がないという会社も多いのです。

ボーナスは、そのときの景気や業績に左右されやすいもの。したがって、企業の利益が減れば、ボーナスも減額になるでしょうし、支給なしというケースもあります。今まで出ていても、今後なくなる可能性だってゼロではないのです。

業態別にみると、一般的に社会福祉法人はボーナスの支給額が比較的安定しています。一方で、民間企業は変動しやすい傾向があります。とはいえ、ボーナスは企業ごとでも考え方が本当にマチマチなので、一概には比べられません。

ボーナスとはそういうものだということを頭に入れ、「出たらラッキー」くらいに考え、生活費として家計に組み込んで考えないほうがいいでしょう。
もし年収を増やしたいのであれば、資格を取って手当などを堅実に増やす方法がおすすめです。

また、転職する際にボーナスの額を気にするのであれば、基本給の額にも注意を払いましょう。ボーナスは「基本給×○ヵ月分」という計算が多いもの。単純に○ヵ月というところばかりを見て喜んでいると、肝心の「基本給」が少なくてガッカリということにもなりかねません。

 

この他にも、転職者の失敗談&アドバイスを、以下のページでご紹介しています!

今までと違うタイプの事業所に転職し、失敗したケース
転職先の同僚との人間関係に悩まされているケース
最近増えてきた「サービス付き高齢者向け住宅」に転職し戸惑うケース
履歴書の書き方で失敗したケース
面接の準備や勘違いで失敗したケース
職務経歴書で失敗したケース

ほかにも多数の失敗談があります。すべて見たい方はこちらをどうぞ。
・こんな職場とは思わなかった!「転職先選び」失敗談 →一覧ページ
・履歴書・職務経歴書・面接・…「転職活動」の失敗談 →一覧ページ


履歴書や面接で必要になる「自分らしい志望動機・自己PR」の言葉。ぜひこちらを参考に!

・「志望動機」 例文集 →一覧ページ
・「自己PR」例文集 →一覧ページ

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「民間企業の運営する介護施設は、利益重視?不安定?」編