> 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 介護業界 面接の悩み > 面接では、志望動機や自己PRの他に何を質問されるの?~介護業界 面接の悩み

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画47 ★ 介護ロボットへの期待と心配

人気記事ランキング

介護業界 面接の悩み

面接では、志望動機や自己PRの他に何を質問されるの?~介護業界 面接の悩み

2019年3月31日

就職活動でもっとも重要なのが「面接」です。特に、介護業界では、年齢や学歴より、介護への思いやコミュニケーション力を重視します。実際、書類審査にはさほど重きをおかず、面接で採用・不採用を決める、という事業者が多数。
重視される面接だからこそ、気を付けるべきポイントは知っておきましょう!

1

<面接の悩み>
面接ではどんなことを聞かれる?事前に準備したいです。

履歴書に書く志望動機や自己PRは、面接で必ず聞かれるらしいけれど、それ以外はどんなことを聞かれるもの?人によって質問も変わるのでしょうか? 面接本番で予想外の質問がくるとアタフタしちゃいそうなので、ある程度、想定しておけると気持ちが楽なんだけど…。

 

 

あなたが介護の現場でやりたいことは何?

2面接で、ほぼ必ずと言っていいほど聞かれるのが志望動機。そこからさらに応募者の気持ちを掘り下げるため、「介護の現場でやりたいこと」について質問されるケースがあります。

その答えから、応募者の介護に対する考えやこだわり、大切にしている価値観が見えてくるからです。

多くの介護事業者は、めざす介護や理念を掲げ、それぞれの価値観を持って活動しています。それに共感してくれる人を採用し、一緒に働いてもらいたいと思っています。「やりたい介護」についての質問をするのは、価値観が合っているかどうか、事業者の思いに共感してもらえるかを見極めるため。

「この施設でやりたいことは何ですか?」「介護職としてどんな介護がしたいと思っていますか?」という質問がきたら、自分の思いをアピールし、採用に近づくチャンス!
しっかり自分の言葉で語れるように準備しておくことをオススメします。

 

仕事でやりがいを感じたのはどんなとき?

「これまでどういう仕事をしてきましたか?」「どんなときにやりがいを感じましたか?」など、いままでの仕事の取り組みについて質問されることも。

面接官が知りたいのは、どんな気持ちで仕事に取り組む人なのか、仕事に対して主体性を持って行動できる人なのか、という点。そのことを念頭に置いて答えるようにしましょう。
「覚えてないよ…」「たいした仕事はなかったし…」などと思わずに、自分と向き合う良いチャンスだと考え、これまでの仕事を振り返っておきましょう。

中途採用の場合は、前職の退職理由や、転職しようと思ったきっかけについて細かく聞かれることもあります。応募者がどのような考えを持って現在に至ったのか。その思いを引き出すことで、仕事に取り組む姿勢をつかもうという意図があります。さらに、「前職の退職理由=本人が退職を考えやすいポイント」であるため、同じ理由で退職する可能性について探っておきたい、ということもあるでしょう。

他には、これまでの成功体験・挫折体験について質問されるケースも。そうしたときは、介護で重視される「コミュニケーション力」にからめて答えられると良いですね。仲間と協力して成し遂げたことや、利用者との交流など、できるだけ具体的なエピソードを挙げながら説明できると良いでしょう。また挫折体験を聞かれたときは、失敗から何を学び、それをどのように次に生かしたか、までしっかり整理して伝えましょう。

 

将来の目標やビジョンは?

面接官が聞きたい質問のひとつが「将来の目標やビジョン」。

それに対して、「特にありません」「とりあえず正社員で働ければいいので」という消極的な回答はマイナスです。
また、将来の目標なら何でも良いわけではありません。「●●に家を建てることが目標です」など、介護と無関係のものではなく、仕事に関係のある内容でアピールするようにしましょう。

「ケアマネを目指す」「日本の介護をよくする」など、かっこよいことを言わなければ…と思う人もいるかもしれません。しかし、無理に大きな目標を掲げる必要はありません。人の価値観はさまざま。たとえば「利用者さん全員に、毎日1回は笑顔になってもらう」なども、素晴らしい目標です。

目標をあまり意識したことがない人は、あらためて、自分が仕事で意識していること、大切にしていることは何か、振り返ってみましょう。

介護職の経験がある人なら、キャリアアップの目標や、スキルを磨きたい分野があるはず。たとえば、「認知症介護の専門知識を身につけ、いずれはスタッフを教育できる立場になりたい」とか、「利用者様の自立をサポートするためのケアのあり方を考えていきたい」など。

介護未経験の人なら、「一日も早く、利用者様に負担をかけない身体介助のスキルを身につけたい」、「まずは仕事を覚え、介護職として一人前になりたい」など、自分の身の丈にあった内容でOKです。

まだ目標やビジョンが定まっていない人は、この機会に、1年後、5年後、10年後に自分がどうなっていたいかを考えてみてください。

 

休日の過ごし方は?

「趣味は?」とか「休日はどんなふうに過ごしていますか?」など、時には仕事と直接関係のない質問がくることもあります。
これらの質問は、面接官によっても異なりますし、応募者の様子を見ながら聞いたり聞かなかったりと、まちまちです。
あえて仕事とは関係のない質問をして緊張した雰囲気を和らげたいときや、応募者の素の人物像を引き出したいときにされることが多い傾向があります。そんなときは、リラックスしすぎない程度に肩の力を抜き、ありのままの自分を見せることも大切です。

介護の仕事で大事な要素のひとつがコミュニケーション。面接官にどう心を開くか、どんなやりとりをするかといったところも、採用の判断材料になるということを忘れないでおいてください。

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 介護業界 面接の悩み > 面接では、志望動機や自己PRの他に何を質問されるの?~介護業界 面接の悩み