利用者の活性化を目指す介護にやりがいを得る…転職理由Oさん1 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 私が転職した理由 > 利用者の活性化を目指す介護にやりがいを得る…転職理由Oさん1

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画122★介護職が将来に悩んだら…利用者に相談するのもアリ?
2017年11月21日

人気記事ランキング

私が転職した理由

利用者の活性化を目指す介護にやりがいを得る…転職理由Oさん1

2017年9月6日

デイサービスや介護老人保健施設の介護士、病院や特別養護老人ホームの生活相談員、居宅介護支援事業所のケアマネジャー、そして生活支援の訪問介護職、成年後見人と、介護業界のフルコースを経験してきたO・Uさん。
「こんな働きにくい職場はありえない!」と憤りを感じることもありましたが、今となっては、「すべての転職経験が今の私をこの世界で生かしてくれている」と思っているそうです。
どんな気持ちで転職を重ねて来たのか。4回に分けてお伝えします。

*O・Uさんの「私が転職した理由」…1回目、2回目3回目4回目(最終回)はこちら

O・Uさん(42歳)のプロフィール・転職体験

●介護業界歴…17年

●介護の仕事に就く前…福祉系大学院

●介護業界での転職回数…5回

●いままでの勤務先…社会福祉協議会(デイサービス、介護老人保健施設)、デイサービス、病院、特別養護老人ホーム、居宅介護支援事業所、訪問介護事業所

●保有資格…社会福祉主事、社会福祉士、介護福祉士、ケアマネジャー

 

銀行への就職は向いていない。福祉の道へ

大学は法学部でしたが、クラスメートの多くは金融機関や経営コンサルティング会社に就職。
私も、銀行などを受けてみましたが、面接で会社の人と話すと違和感を覚え、1、2社を受けたものの、就職そのものに挫折してしまって。

そういう、「お金を動かして利益を得る業」みたいなものに自分は向いていないし、もっと社会の中の問題点に目を向けるような仕事がしたかったのに、なぜこんな就職活動を始めてしまったのだろう……。
後悔してもしょうがないので、自分らしく働けるのはどんなところだろうと考え直し、就活を中断。
福祉・介護を学ぶ大学院に行って、資格を取って、2年後に働こうと決めました。

大学時代に社会福祉主事の資格はとってあったので、社会福祉士の資格取得をしてステップアップしようと思い、真面目に勉強しました。
大学院2年目で社会福祉士資格を取得し、卒業と同時に社会福祉協議会に就職しました。

当時はまだ介護保険が始まる前で、就職した地元の自治体がデイサービスや介護老人保健施設(老健)を運営していたので、私は資格を持っていながら、「事務員」という名目で介護職として働くことになりました。

 

介護の現場にやりがいを感じていた

実際にやることは、事務ではなく介護現場での仕事です。
デイサービスでは、利用者さんに向けてのレクリエーションの企画をいろいろ考えるのが楽しかったですね。
お風呂の設備がないデイサービスだったので、入浴介助はなく、来てくださる方の活性化を促すのが一番の目標。

元気な高齢者が多かったので、講師の先生を呼んで書道や折り紙を習ったり、コーラスをしたり。
年齢を経るごとに難しくなる指先を使う作業をしながら、感性を養っていただく。
あるいは、コーラスで声を出しながら楽しんでいただき、のどの筋肉を鍛えて嚥下の状態もよくしていく。
レクリエーションでありながら、理論に基づいた、リハビリにもなるようなことを企画する。それが自分の研鑽にもなり、非常に良い経験になりました。

それに、そもそもお年寄りが好きなのだと思います。
その後、同じ自治体が運営する老健に異動になり、入浴業務もするようになったのですが、利用者さんに「あなたも一緒に入りなさいよ」などと言われるとうれしくなってしまって。
一緒にあったまって、「あったかいですねー」なんて会話を交わすひとときに癒されました。

社会福祉士の資格は、利用者さんやそのご家族を対象にした相談業務をする職員が取得するべき資格ですが、現場での仕事にやりがいを見出していたので、このときは相談員として働きたいとは思っていませんでした。

あっという間に5年ほどが過ぎましたが、6年目になると体がつらくなってきました。もともと腎臓が弱く、無理をすると発熱が続いてしまいます。
薬で症状を抑え、休日は極力横になるようにしていたのですが、残業続きの勤務がたたったのか、朝起きることさえつらくなり、ついに休職することになってしまいました。

福利厚生に恵まれていたので、10カ月ほどは休め、その後は復職できることになっていました。
さすが、自治体の運営ですよね。労務状況がよかったです。やはり勤務の環境が整っているところに就職できたのがありがたかったな、と思いました。

しかし、10カ月たっても症状がきちんと治まらず、もう大丈夫かなと思って少し活動すると熱が出る、の繰り返し。
結局、周囲に迷惑をかけることが申し訳なくて、退職することにしました。
仕事にはまったく不満がなかったのに、仕事から退くことが悔しく情けなく、大きな挫折感を覚えました。

次回は、病院の生活相談員として奮闘するOさんの様子をお伝えします。

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

*O・Uさんの「私が転職した理由」…1回目、2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

●先輩たちの職場選びの失敗事例に学ぼう
→ 「こんなはずじゃなかった…」 転職先選び 私の失敗談

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 私が転職した理由 > 利用者の活性化を目指す介護にやりがいを得る…転職理由Oさん1