住宅型有料老人ホームの面接時には、雇用条件を明確に!~転職体験Mさん4 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 住宅型有料老人ホームの面接時には、雇用条件を明確に!~転職体験Mさん4

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

転職「成功・失敗」体験談

住宅型有料老人ホームの面接時には、雇用条件を明確に!~転職体験Mさん4

2018年1月17日

◆グループホーム、デイサービス(契約社員/介護職) → デイサービス(契約社員/介護職)→住宅型有料老人ホーム(契約社員/施設長)

M・Oさん(女性・33歳)
●グループホーム、デイサービス(勤務期間:2年)
●デイサービス、住宅型有料老人ホーム(勤務期間:1年/月給手取り約19万円、ボーナス年1回15万円)

保有資格:ヘルパー2級(現介護職員初任者研修)
家族構成:夫、長男(4歳)

*M・Oさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目2回目3回目、4回目(最終回)はこちら

【仕事探しの方法】口コミや噂話をキャッチする

最初の職場環境があまりよくなかったので、常に転職先がないかと探していました。
私の場合は、ほかの職員が「近くに住宅型有料老人ホームができるらしいよ」と噂していたのを小耳にはさんだのが転職のきっかけでした。
家の近くで仕事場を探したい場合には、近隣の口コミ的な情報をキャッチすることが大事かもしれません。

あと、最初の仕事探しのときにはインターネットの求人サイトも利用していました。登録しておけばさまざまな情報が入ってきて、時間のあるときにゆっくり見られます。
介護職は現場にいる時間が長く、面接などを受けられる時間も限られているので、できることはインターネットで済ませておくと便利なのではないでしょうか。
また、転職経験の多い介護職に、失敗談や成功談を聞くのもいいですね。

 

【良好な人間関係を望むなら】オープニングスタッフがおすすめ

最初の職場は、私の母よりも年上のベテラン職員が「お局様」でした。どんなに変えたいことがあっても、お局様には通用しません。こういう話は、ほかでもよく聞きます。
でも、新しくオープンする老人ホームなら、そうした悩みは少なくなります。
年齢が違っても、みんなが力を合わせて、ひとつの老人ホームを作っていける雰囲気があります。

ただ、最初はルールがあまりないので、どうしてもバタバタしてしまいますね。
職員が動揺していると、利用者さんも不安になってしまったり、ケガが起きやすくなったりするので、その点は注意しないといけないと思います。
納得がいかない「お局様」の命令に従いたくない、と思うのなら、オープニングスタッフが良いのではないでしょうか。

 

【面接時に注意したいこと】条件を明確に確認すればよかった

面接のときには「すごくいい職場!」と思ったのに、入社してからは「こんなはずではなかった!」と思うことばかりでした。

一番は、正社員になれないとわかったことですね。
面接をしてくれた当時のホーム長の言い方が悪かったのかもしれません。

自分の大事な転職ポイントだった希望休についても、きちんと伝えて承諾してもらったつもりだったのに、あとから「ダメ」と言われました。これについては絶対に譲れないので、本部のエリアマネージャーに交渉してOKしてもらいましたが。
あやふやなことを言って採用した前ホーム長が悪いけれど、もっときちんと確かめなかった私もいけなかったな、と思いました。

 

【所属先の注意点】デイサービスと住宅型有料老人ホームを兼任するとは思わなかった

入社前は私も知らなかったのですが、住宅型有料老人ホームは介護付き有料老人ホームと違って、利用者さんがお部屋を借りて、それに別建てで介護サービス(デイサービス、訪問介護など)を自分でつけるようなところです。
うちの場合は、デイサービスも訪問介護もケアマネジャーの所属する事業所も全部系列会社です。

だから、自分が住宅型有料老人ホームのほうの勤務者なのか、デイサービスの所属なのか、把握することが大切です。
それぞれに給料その他、条件が違う場合も多いです。

 

【転職してよかったこと】ホーム長になれた

前職では、先輩の言う通りの介護しかできませんでした。納得のできない介護を続けていることが、とても苦しかった。
今の職場も、何もかも納得ができるわけではないし、大変なことも多いです。でも、今は自分で考え、スタッフと相談しながら、よりよい介護を目指していけます。
この違いは大きいな、と思います。

今も大変なのは事実ですが、やはり転職してよかった。
寝耳に水とはいえ、なにしろホーム長にキャリアアップしたのですから。
私は若くて経験も浅く、介護福祉士の資格もありません。それでも、なかなかなれないホーム長になれたのは、むしろ幸運だったと考えることにしました。

今の立場でできる限りのことをし、経験も技術もアップさせて、ホーム長としても介護職としても成長していきたいと思っています。
目前の目標は、介護福祉士の資格を取得すること。要件がそろったので、近いうちに勉強を始めたいと思っています。

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

 

*M・Oさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目2回目3回目、4回目(最終回)はこちら

 

●先輩たちの職場選びの失敗事例に学ぼう
→ 「こんなはずじゃなかった…」 転職先選び 私の失敗談

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 住宅型有料老人ホームの面接時には、雇用条件を明確に!~転職体験Mさん4