地域の介護も支援したい!理想の働き方ができる事業所へ~転職体験Jさん2 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 地域の介護も支援したい!理想の働き方ができる事業所へ~転職体験Jさん2

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画45 ★ デイの利用者さんに派閥…どう対応?

人気記事ランキング

転職「成功・失敗」体験談

地域の介護も支援したい!理想の働き方ができる事業所へ~転職体験Jさん2

2018年7月18日

◆介護付き有料老人ホーム(正社員) → 小規模多機能型居宅介護事業所(正社員/常勤→非常勤)

J・Fさん(女性・36歳)
●介護付き有料老人ホーム(勤務期間:4年5ヶ月/月給手取り約22万円/ボーナスあり)
●小規模多機能型居宅介護事業所(勤務期間:1年/月給手取り約22万円/介護福祉士手当・ボーナスあり)

介護業界でのその他経験:デイサービス
保有資格:介護福祉士
家族構成:長女、長男

*J・Fさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目、2回目、3回目4回目(最終回)はこちら

【転職を決意したきっかけ】介護の将来をしっかり見据える事業所との出会い

地域介護の課題解決にも熱心な、社会福祉法人の社長

パートで働いていたデイサービスは、高齢者の寄り合い所のようになっていて、自立支援や個人の尊重など、介護の基本が抑えられていないことが問題だと思っていました。
もっと職員全員に介護の本質を知ってもらいたくて、「勉強会を開きましょう」と提案しましたが、あとから考えると、よけいなお世話だったのかもしれません。
短時間でも、働けば時給でお金がもらえ、そこに来たみんなが楽しければいい、という雰囲気でした。
それで全員が納得しているのだから、「合わない」と思っている私が辞めることにしたのです。

次に働くならもっと「あるべき介護の姿」を追求できるところがいい、と思っていました。
そんなときに知り合った社会福祉法人の社長さんは、介護の勉強もしっかりされ、地域の福祉・医療関係者との関係も深い。
地域介護の「今」の課題解決にも熱心でしたが、なにより地域性も考えたうえで、「介護の将来」を見据えて、よりよい道を切り開こうとしている方でした。

こういう人が経営する老人ホームなら、働く場所としてもやりがいがあると思えました。
まずは、会社の社長に「将来」を見据えた理念があることが、転職の決め手になりました。
デイサービスとはこの点がぜんぜん違っていました。

地域でのボランティア活動も応援してくれる

この地域に引っ越しをしてきてから、地域の課題を感じ、解決したいと思うようになりました。
観光地として名高いところなのですが、バリアフリーが進んでいなくて、車いすユーザーは行動しにくいのです。

ユニバーサルな視点のない地域で、どう介護を進めていったらいいのか、仕事とは別に私も活動していきたいと思っていたところなのです。
そんな話をしたら、社長が「地域の活性化に寄与してくれるなんて頼もしい。副業だろうとボランティア活動だろうと、どんどんやってください」と言ってくれたのです。
懐が深いと思いました。

実は、この法人で働く前に、別の法人の面接も受けたのです。
そのとき、「私は仕事とは別に、地域の課題解決にも関わりたい、その活動のための時間が欲しいのです」と言ったら、「じゃ、うちに入社しないで、そっちをやればいいじゃないですか」と言われました。
優良な法人だと言われていたけれど、そんな感じなのか、とがっかりしました。
私が現在勤務している会社の社長は、介護職としての能力を他の部分でも活かすのであれば、という思いで副業もOKにしたのだと言っています。先進的でいいな、と思いました。

 

【働き方で選ぶ転職先】幅広い運営で仕事の形態を選べる

訪問介護をやってみたい、という願いが叶う

東京で有料老人ホームに4年以上勤務した経験が、介護職としての私の強みですが、在宅介護の経験が少ないことが弱みでした。
デイサービスは2カ月ほど経験したのですが、もっと在宅介護を経験したい。
有料老人ホームだけでなく、違う形態の介護施設も見てみたい。

そんな願いも、今の会社なら叶います。
特別養護老人ホーム、グループホーム、小規模多機能型居宅介護、デイサービス、知的障害者デイサービスなど、複合的な経営をしているのです。

社長が「どこで働きたい?」と聞いてくれたので、これまでやったことのなかった訪問介護をやってみたくて、小規模多機能型居宅介護の所属にしてもらいました。
ひとつの施設で訪問、デイ、泊まりを同じ職員がケアするので、利用者さんは戸惑いなく過ごせます。
私たち職員も、利用者さんとしっかりとお付き合いし、よりよいケアを探求できる。
介護職として、良い経験になる職場だと思いました。

非常勤でもOK!地域活動とも両立できる働き方

当初は常勤で、フルタイムの正社員として入職しました。
処遇の点でも、正社員の方が良いだろうと思いましたが、実際に常勤でフルタイム働きながら地域課題解決の活動をすると、身体がしんどいな、と思うようになりました。
また、活動のために仕事を早めに切り上げたり、休んだりすることもあって、正社員で働くのは申し訳ないという気持ちもありました。

その思いを社長に打ち明け、相談したところ、「君が非常勤がいいというのなら、その形でもいいよ。また常勤に戻りたいというのなら、いつでも歓迎だ」と言ってくれました。
こういうフレキシブルな対応をしてくれるところも、とてもすばらしいし、ありがたい。
それに、私がやっている活動も、今では会社が支援してくださっているのです。
本当に会社や社長には感謝するばかりです。

 

【資格について】介護福祉士の資格は取っておきたい

海外の老人ホームへ研修に行ったときに、「介護の仕事は、専門職として日本中どこでもできる、海外でもできる」と気づきました。
他の仕事に比べたら、非常に自由度が高いと思います。
けれど、それにはどこの地域の人にも、自分に「一定の能力がある」と証明できるものがなくてはなりません。
それが、国家資格なのだと思います。

介護福祉士の資格は、知識や経験や技術の証明です。
「はじめまして」と、地域に入り込むときも、この資格を持っていれば、安心して任せてくれる部分も大きいです。

だからこそ、介護福祉士の資格は重要だと思っています。
自分を認めてもらえる証明書のようなものです。
転職する前に、取得しておいてよかったと思いました。

 

【職員に対する処遇】安心して働くためにチェックしたこと

親子3人暮らしていける収入

我が家の場合は、私が一家の稼ぎ手なので、親子3人が暮らしていける収入が必要です。
家賃は都会より安いですが、食費や学費などもかかりますし、将来のための貯蓄も必要です。
手取りで20万円以上、というのが条件でした。
地域によっては高額と思われる額かもしれませんが、自分が必要な収入を確保して働こうと思っています。
理想だけではごはんは食べられないですもんね。

健康保険や年金なども確認しておきたい

介護業界は、処遇についてあいまいな企業が多いと感じます。
でも、一家の大黒柱としては、健康保険や年金も必要です。
特に子どもがいますので、健康保険がないのは問題外です。
この点はしっかりと確認してから就職しないといけないと、肝に銘じていました。
特に、2カ月ほど勤務したデイサービスは、お給料が10万円、健康保険や年金のこともあいまいでした。
面接のときには、こうした処遇について、遠慮せずに確かめる必要があると思います。

次回は、現在の仕事内容について、さらに詳しく語っていただきます。

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

 

*J・Fさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目、2回目、3回目4回目(最終回)はこちら

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 地域の介護も支援したい!理想の働き方ができる事業所へ~転職体験Jさん2