2度の転職は理想の介護職になるための経験の積み立て~転職体験Fさん1 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 2度の転職は理想の介護職になるための経験の積み立て~転職体験Fさん1

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

転職「成功・失敗」体験談

2度の転職は理想の介護職になるための経験の積み立て~転職体験Fさん1

2019年3月20日

◆グループホーム(正社員/介護福祉士)→小規模多機能型居宅介護(正社員/管理者)→介護付き有料老人ホーム(正社員/介護職)

F・Dさん(男性・36歳)
●グループホーム(勤務期間:4年/年収約350万円/管理者手当・計画作成手当)
●小規模多機能型居宅介護(勤務期間:4年/年収約350万円/管理者手当)
●介護付き有料老人ホーム(勤務期間:3年半/年収約500万円/介護福祉士手当)

介護業界以外でのその他経験:飲食店(勤務期間:4年)
保有資格:介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士
家族構成:妻、長男、次男

*F・Dさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目、2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

【介護職になったきっかけ】実家の近くで家族とともに暮らしたい

「人を幸せにできる仕事を」という思いで最初に選んだのは飲食店

大学は工学部出身で、画像工学を学んでいましたが、大学でのボランティア活動で社会貢献や人と接することの楽しさを知ったことがきっかけで、接客業で人を幸せにしたいと考え、全国チェーンの飲食店に就職しました。

急速に業績を伸ばしていた企業で、お店自体も活気があり、楽しかったですね。
昇進も早く、就職2年目で副店長に、4年目には店長候補となりました。
しかし、それが転職のきっかけになりました。
店長になったら異動は必ずある会社でしたし、勤務地の希望は「東日本」か「西日本」の選択肢しかありませんでした。たとえ「東日本」を希望しても、北海道かもしれないし、東北の町の店かもしれなかったのです。

ちょうど結婚を考える女性がいて、結婚後は彼女も仕事を続けることが決まっていたので、結婚するなり遠距離というのも寂しすぎる。
親孝行もしたいので、実家の近くに住みたい。
そこで、思い切って転職をすることにしたのです。

「介護の仕事で年収800万円が目指せる」って本当?

転職しようと決めてから、近場の主要駅のビルの上で、中途採用者の合同就職説明会をやっているのを見つけ、行ってみました。
様々な業種や企業がブースを出していてにぎわっていましたが、中でも人気があったのは外資系の保険会社のブース。しかし、不思議に目を引いたのは、あるグループホームを運営する企業のブースでした。

『外資系の保険会社と介護では、給料は保険会社のほうがいいに決まっている。』そう思いましたが、そのグループホームを運営する企業の担当の方が、「介護業界は給料が安いと思っているかもしれないけれど、私は年収1000万円ですよ。未経験のあなただって、今からがんばれば年収800万円を目指せる」と言ったのです。
そして、「よかったら、うちのグループホームを一度見に来てください」と。
おもしろいことを言う人だなと思い、興味津々でグループホームへ見学に行きました。

理念に共感したグループホームで介護職に!

実際に見学に行くと、そのグループホームが、すばらしかったのです。
「科学的な根拠に基づいてケアをする」というキャッチフレーズで運営されていました。

最初は「介護に科学? そんなことあるのかな?」と疑問でしたが、説明会で説明してくれた方が、介護について、医療や薬学などの知識も交えながら、科学的にひもといてくれたのです。
介護って、こんなに奥が深く、理論的なものだったのか、と目を見開かされました。

その方の理論やグループホームの「利用者さんを科学で元気にする」という理念にすっかり心酔し、「ここで働こう」と心に決めました。

 

【はじめての介護職】グループホームで学んだ「理想的な介護」

介護の仕事に携わるのははじめてでしたが、不安や拒否感などはまったくありませんでした。
説明会の担当だった方が上司として指導してくれたケアの内容がすばらしくて、毎日目からうろこが落ちる感じでした。
人間の体のしくみに合わせた理論的な介護や、精神面を支援するような声かけ。
自分たちのやることひとつひとつに根拠を見い出せることがおもしろく、身につくことがたくさんあり、毎日があっという間に過ぎていきました。

また、看護師である施設長のケアの理念もすばらしかった。
利用者さんをとことん大事にし、それでいて自立支援がしっかりと実現されている。
ここにいれば確実に利用者さんは元気で長生きできると思うケアでした。

 

【グループホームでの勤務の実態】介護現場に即した研修に大満足

現場ですぐに生かせる研修のレベルの高さに感激

ここのグループホームでは、オリジナルの研修を自分の上司が作り上げていて、これが非常に役に立つ内容でした。
通常、大きな事業体が開催する研修は現場にはあまり顔を出さない本部の人たちが作っていることが多く、研修を受けてもなんとなく現場にそぐわないことが出てくるのですが、ここの研修はあくまで現場レベルで必要なこと、知っておかねばならないことを学ぶのです。
学んだそばから現場に生かせ、そして成果も見られ、職員同士でさらに確実なものにできるところが、ほかの研修とはひと味もふた味も違うところでした。
研修を受ける時間は給与は出なかったのですが、現場で役に立つ研修が無料で受けられるなんてありがたい、と思っていました。

年収は下がったけれど、処遇には不満はなし

当初、「年収800万円」にもひかれて入職した、グループホーム。
ふたを開けてみたら、年収は最初300万円程度でした。
飲食店勤務時代は年収480万円でしたから、4割も下がったことになります。

しかし、給料が安いことはそれほど気になりませんでした。
しっかりと学び、経験を積んでいけば、「社外でも仕事が得られるようになる。外部講師や研修などで稼いでください」と副業が認められていましたし、何より学びが多い職場だということが気に入っていました。

介護福祉士の資格を取得してからは、ユニットを任され、研修の書類の作成なども手伝っていました。
その分の手当てもついたので、年収は350万円くらいにはなっていました。

結婚した奥さんは正社員で働いていて、私よりも多く稼いでいましたし、夫婦2人で働いていれば、とりあえずお金に困ることはありません。
保険や年金もしっかりしていましたし、処遇に不満はありませんでした。

 

【転職のきっかけ】新しい経営者の経営方針に納得できず職員が辞めていく

ところが、2年半ほどたつと、社内の空気が悪くなってきました。
看護師である施設長と、経営者の考えが少しずつずれてきて、ともに運営するにあたり、支障が出てきたのです。
当初は2人の気持ちがそろい、グループホーム運営の理念に結びついていたのに、ぎくしゃくしてきて、それが日々のケアや職員の人間関係にも影響することになりました。

ほどなく経営者が会社を去り、そのかわりに、別の男性が経営を行うことに。
新しい経営者の方はアメリカでビジネスを学んできた方で、経営能力はすばらしいのですが、介護についてはまったく知らなかったのです。そして学ぼうともしていませんでした。
以前の経営者も介護業界の外から来た人でしたが、介護について懸命に学び、職員とともに現場にも入るような人だったので、そこから生まれる経営方法は、現場の職員にも納得でき、「ついていこう」と思わせるものでした。
しかし、新しい経営者の経営は、「絵に描いた餅」のようなものに思えてなりません。

また、自分が尊敬する上司は以前の経営者が引き抜いてきた人だったので、上司も辞めざるを得ないような状態になり、「せっかく君に来てもらったのに申し訳ない」と言いながら、職場を去ってしまいました。

 

【転職を決意】元上司からの引き抜きで小規模多機能型居宅介護へ

残された職員は、どうまとまっていいのかわからなくなってしまいました。
経営陣と現場がぎくしゃくすれば、それはケアの不備につながり、事故にもつながります。
安心して働け、意欲的に利用者さんに向き合えた職員たちも、やる気を失い、1人辞め、2人辞め、という状況になってきました。

こんな職場にいつまでもいていいのだろうか。
とはいえ、すでに結婚していて、「子どもが欲しいね」と言っていた頃でしたから、簡単に仕事を辞めるわけにはいきません。

どうしようかと悩んでいると、辞めてしまった尊敬する上司から
「新しく小規模多機能型居宅介護を始めるんだけれど、一緒に働いてくれないかな?」
と連絡がありました。
渡りに船、とばかりにグループホームを辞め、小規模多機能型居宅介護の事業所へ転職することにしました。

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

次回は、尊敬する上司のもとで働き始め、かえってつらくなるFさんの心境と行動をお伝えします。
次回「小多機からの転職で望んだのは新しい人間関係でした~転職体験Fさん2」は、3月27日に公開予定です。

*F・Dさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目、2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 2度の転職は理想の介護職になるための経験の積み立て~転職体験Fさん1