> 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > バイト中に介護業界にスカウトされて、人生が変わった!〜転職体験Kさん1

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画31 ★ 自己中フロアリーダーへの逆襲!?

人気記事ランキング

転職「成功・失敗」体験談

バイト中に介護業界にスカウトされて、人生が変わった!〜転職体験Kさん1

2019年9月4日

◆グループホーム(正社員/介護職)→訪問介護事業所(準社員/サービス提供責任者)

K・Sさん(男性・36歳)
介護業界での経歴詳細
●グループホーム併設レストラン(給仕係)(勤務期間:半年/月収手取り約14万円)
●グループホーム(介護職)(勤務期間:5年/月収手取り約16万円)
●訪問介護事業所(ヘルパー→サービス提供責任者)(勤務期間:2年半/月収手取り約20万円)
→訪問介護事業所(管理者)(勤務期間:2年半/月収手取り約20万円+管理者手当・ボーナスあり)
→訪問介護事業所(準社員/サービス提供責任者)(勤務期間:1年半/月収手取り約16万円)

保有資格:介護福祉士
家族構成:妻

 

【転職のきっかけ】ファミレスでアルバイト中に、スカウト?!

新卒で就職した会社が半年で倒産!仕方なくアルバイト生活に

学生時代、ファミリーレストランでアルバイトをしているときに、「自分は年上の女性の方の要望にお答えするのがうまいのではないか」と思っていました。
サービスをする途中で年配の女性客の方に呼び止められ、ご要望を伺い、短い時間でお応えする中で、とても喜んでいただけることが多かったのです。
お客様のご注文の単価を上げることもでき、アルバイトでしたが、評価されていました。
それなら、女性をターゲットにした仕事をしようと考え、和装具メーカーに就職しました。風呂敷や扇子などを作り、デパートなどに卸す、伝統ある企業です。
斜陽産業と言われている業種でしたが、だからこそ、自分が営業としてがんばることでなんとか業績をあげられないかという、少し生意気な気持ちもあったと思います。

ところが、入社半年で会社が突然倒産してしまったのです。呆然としました。
呉服を扱う親会社が倒産してしまったので、系列会社である和装具メーカーも倒産してしまった、というわけです。
単一の事業としては、悪くなかっただけに、残念でなりませんでした。

実家暮らしで、家賃や食事に困るということはありませんでしたが、仕事はしていかねばなりません。
でも、同じ業界ならまた倒産するかもしれないし、今後どんな仕事をしたらいいのかわからず、すぐに決められるものでない。
次の職場は時間をかけて慎重に選びたいと思っていたので、ひとまず学生時代にアルバイトをしていたファミリーレストランで、アルバイトとして働き始めました。

アルバイト中に「介護事業所のレストラン部門」にスカウト!

レストランのアルバイトとして働いてちょうど1年。
いつまでもアルバイトのままでいるわけにもいかない、と思い始めた頃、中年男性のお客様に声をかけられました。

時間をとって話がしたいと言われて、お会いしたのですが、そのとき、こう言われたのです。
「君の接遇を見ていて、すごくいいな、と思った。
僕は、高齢者向けのグループホームの管理者なんだけれど、うちの会社はその隣に本格的なレストランを併設しているんだ。そこで働かないか?」

びっくりしました。これはスカウトではないですか!
しかし、どんなレストランかも、母体がどんな企業なのかもわからない。
「とりあえず、見学させてください」とお願いし、仕事が休みの日に見に行くことにしました。

 

【介護との出会い】転職先は“認知症対応型”高級レストラン

本格レストランのスタッフは食のプロばかり

見学に行くなり、圧倒されました。
言葉どおり、「本格的なレストラン」だったのです。
千葉県の郊外にありましたが、青山あたりの高級フレンチのようでした。

同じレストランのサービスでも、こんなに違うのか、と驚きました。
スタッフの接遇も、これまでのファミリーレストランとはまったく違います。
お客様は舌の肥えた中年以上の裕福な方々が中心で、出すお料理も、コースで1万円以上のものばかり。
食材にも調理にもこだわり、栄養バランスや健康にも細かく留意したものでした。
それらを、効能も含めてしっかりと説明し、失礼のないようにふるまい、サービスに満足していただかなければならない。
料理のサーブの仕方も、ファミリーレストランようなお皿の置き方、カトラリーの扱い方とは大きく違いました。

高級レストラン勤務も認知症対応も未経験!本当にやっていける…?

そして、このレストランのお客様は、レストランに隣接しているグループホームの入居者の方やそのご家族が中心で、「ご対応に技術がいる」ということでした。
ファミリーレストランでご高齢のお客様の接客はしたことがありましたが、そもそも認知症の方の対応はしたことがありません。
いったい認知症のお客様に、どのようなサービスをしたらいいのか、まったく見当がつきませんでした。

それでも、スカウトしてくれた管理者の方は
「君ならできると思っているよ。君の対応力はすばらしいし、人に対するあたたかさも見て取れる。
たしかにここは高級だけれど、高級レストランのサービスは、先輩から学べばいい。
認知症の方への対応については、正直に言って、技術の習得には時間がかかるかもしれない。
それでも、ファミリーレストランでのいろいろなお客さんへの君の対応を見ていて、この人ならできるだろうと思って、君を誘ったわけだからね。
うちでがんばってみないか?」
と言ってくれました。

不安はたくさんありました。
でも、自分を買ってくれて、「来て欲しい」と言ってくれている。
自分は正社員として働く場を探しているし、いつまでもアルバイトでいるわけにもいかない。
何事も経験だ、思い切って飛び込んでみよう、と決心しました。

 

【はじめての介護職】介護の仕事は「研修のため」のつもりが…

レストランでの仕事も認知症の方への対応も未熟な自分

しかし、入職したとたん、「自分の今の実力では、お客様に納得していただけない」と自信をなくしました。
本格的なレストランでは、長年、専門の修行をしてきたシェフやサービススタッフが働いていて、自分のようなアルバイト勤務しかしたことがない、などという経歴の人はいません。
食に命をかけてきたような人たちばかりで、自分の未熟さを感じるばかりでした。

それに何より、認知症の方への対応がまったくわからない。
実家のそばには祖父母も住んでいましたが、とても元気でしたし、親戚にも認知症の人はいませんでした。
はじめて接する方々に、戸惑うことばかりでした。
お食事をされていても、少し前に食べたお料理の内容をもう覚えていない。
先ほどまでニコニコしていたのに、急に怒り出すなど、気分がどんどん変わる方もいます。
そんなとき、どう対処したらいいのか。皆目見当もつきませんでした。

高齢者の方や認知症の方への接遇をきちんと学びたい!

料理のサービスの前に、まず認知症の方、高齢者の方に適切に接遇をする技術が必要だと痛感しました。

そんな自分を見て、スカウトしてくれた管理者の方は、こう言いました。
「それなら、まずは認知症の方のケアを学ぶところから始めたほうがいい。
料理のことは、その次だという君の考えは、正しいと思うよ。
隣のグループホームには、認知症介護のプロがそろっている。
うちは科学的に病気を学び、どう対処したらいいのかを論理で考え、実践するメカニズムがそろっているから、まずはその技術や知識を身につけるといい。

レストランのスタッフになるための『研修』だと思って、グループホームで介護職として働いてみないか?
介護技術の基本を身につけたら、その技術をレストランで活かしてほしい」

はじめから介護職を想定したスカウトだった?!

確かにその通りだと思い、管理者の言うとおりにしました。
しかし、後から思えば、これは仕組まれたのですね(笑)。
僕をスカウトしたときから、介護職として働くことを想定していたのだと思います。

ですが、不思議と腹は立ちませんでした。
というのも、グループホームでの仕事がものすごくおもしろく、自分が成長していることを日々感じることができたからなのです。
僕が勤務したグループホームは、当時も、そして今になっても、すばらしい介護技術や仲間を持っていたと、自慢できるところでした。

だまされて働いてみてよかった、と、冗談や負け惜しみでなく思っています。
だからこそ、10年以上たった今でも、僕は介護職として働いている。
それに、現在、幼児教育に関わる仕事をしている妻と知り合ったのは、この事業所でした。
僕の人生は、介護職になったところから、好転してきたと思っています。

レストラン部門に籍を置いた状態でグループホームの介護職をしていましたが、結局僕は、レストランに戻ることはありませんでした。
気づけば介護職として利用者さんと接し、利用者さんが3日ぶりに太い便を出せたことを自分のことのように喜べる人間になっていました。

 

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

次回は、グループホームでの葛藤、そして転職までの道のりを語っていただきます。
次回「介護施設は閉じた世界…?在宅介護で生活を支えたい~転職体験Kさん2」は、9月11日に公開予定です。

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > バイト中に介護業界にスカウトされて、人生が変わった!〜転職体験Kさん1