> 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 建設から介護業界へ異業種転職!本当に楽しい仕事って?〜転職体験Tさん1

転職「成功・失敗」体験談

建設から介護業界へ異業種転職!本当に楽しい仕事って?〜転職体験Tさん1

2020年8月5日

30代後半で建設業界から介護職に転職したTさん(45歳男性)の転職体験談。
建設業界から介護業界へ、社長の肩書を捨てて現場の介護職として転職したTさん。収入が3分の1に減っても「介護職に転職して良かった」と思えた理由とは?

◆病院(介護職)・デイサービス(介護職)→訪問介護事業所(サービス提供責任者)

T・Mさん(男性・45歳)
●病院(介護職)(勤務期間:2年/月収約12万円)
●デイサービス(介護職)(勤務期間:6年/月収約15万円)
●訪問介護事業所(サービス提供責任者)(勤務期間:2年/月収約24万円+ボーナス3カ月分程度)

保有資格:介護福祉士、介護支援専門員、認定介護支援専門員
家族構成:本人、妻、長男7歳、長女4歳

 

【初めての仕事は?】とにかく稼ぎたい!高卒でとび職に

「働いた分だけ稼げる」「黙々と作業する」建設の仕事が向いてる?

高校を卒業して何をしようかと思ったときに、先輩から建設業を一緒にやらないかと誘われました。
足場の組み立てや解体、建物が組み上がる前の作業を請け負う、いわゆるとび職です。
10階建ての建物の足場に上るなど、危険も伴いますが、運動は得意だったし、高卒でも月収20万円以上もらえるというし。
がっつり働いて、がっつり稼いで、いい暮らしをしたいという、あまり後先を考えない就職でした。
今は社交的と思われていますが、当時は人と話さなくてもいい、黙々と働くこの仕事が合っているとも思っていました。

建設業界で独立!人とのつながりが大切だと気付く

9年間は下積みというつもりで、建設会社で働いていましたが、その後、独立。
個人事業主になり、自分で仕事を請け負うようになりました。

独立してみると、どんな仕事でも人との付き合いが大事で、よい付き合いをすることで仕事が回ってくるのだ、とわかりました。
コミュニケーションって大事だな、と痛感しました。
建設を媒介にして大先輩のような年齢の方や、大きな企業の方ともつながりを持てるようになり、さまざまなことを教えていただき、貴重な体験をありがたく思いました。
この人付き合いの体験が、後に介護職になっても生きているのだと思っています。

 

【転職のきっかけ】建設バブル崩壊で、仕事が激減…

建設業界で仕事の取り合いに。楽しかった建築の仕事が辛い

事業は次第に大きくなり、年商は5000万円近くになりましたが、独立して8年目に、建設業界でバブルがはじけました。
大きなイベント続きで、建物をどんどん建てていたのが、急にパタッとなくなる。
同業同士で少ない仕事を取り合い、クライアントからも「他社はもっと安く見積もりを出してきてるんだ、単価を下げてくれないか」などと言われるようになりました。

ショックでした。
自分の家のローンを抱え、会社の人件費を払うのも難しくなっていました。
この仕事が好きだ、楽しいと思っていたのに、どう努力しても描いた夢が描けなくなっていて、目の前が真っ暗になりました。

お年寄りと楽しく会話……これってどんな仕事?

そんなとき、近所で同級生の女性とすれ違いました。
おばあちゃんと一緒に会話をしながら、楽しそうに歩いていたんです。
「何してるの?」と聞いたら、「仕事よ。訪問介護をしているの。今はこの方の外出支援」と言います。

びっくりしました。おばあちゃんと冗談を言って歩くのが仕事なのか?
こんな楽しいことして、お金がもらえるのか?
今まで自分が楽しいと思っていた仕事はなんだったのか?

何か、「仕事とは」の前提が根底から崩れていくような気がしました。
そして、相手も自分も笑顔になれる仕事がしたい、コミュニケーションを大事に働く介護の仕事の方が自分に向いているかもしれない、と直感しました。
そして、後輩に事業を譲り、介護の仕事に転職することにしたのです。

 

【はじめての介護職】面接直後に即内定?!病院の介護職に転職

面接を受けたら「明日から来てくれる?」

後輩に事業を譲ったときに、資材を買ってもらったので、そのお金でヘルパー2級の資格を取得しました。

地域の求人誌に近くの病院で介護職を募集していたので、そこに面接に行きました。
すると、「明日から来てくれる?」と言われたのです。
何社か目星をつけていましたが、とにかくすぐにでも働きたかったので、面接の場でそのまま内定をもらい、病棟で患者さんのケアを行う介護職として働くことになりました。

入浴介助は体力勝負。認知症の方とのコミュニケーションを学ぶ

入職すると、すぐに担当になったのが入浴介助でした。
入浴介助は体力がいるので、女性だと大変です。
また、認知症の方は、入浴したがらない方が多かったです。
人によっては強く拒否するので、「入浴介助は辛い」と言うスタッフばかりでした。

でも、僕は建築業で重い資材を運んでいたので、介助で人を支えるのもそれほど重いとは感じなかったのです。
人と話すのも好きなので、自分にとっては苦にならない仕事でした。
認知症の方の感情の波も、接しているうちにだんだんわかるようになってきました。

「今日は絶対に入らない!」とおっしゃる方には、「じゃ、今日は体重だけ計りましょう、無理されなくていいですよ」と声掛けをする。
「衣類を脱いで、正確に計ったほうがいいですね」と言い、服を脱いで体重を計ってくれたら、「ついでにこのままお風呂入っちゃいましょうか!」と話しかけるとスムーズに入ってくれることも多くて。
だんだん困らずに入浴していただけるようになりました。

転職で収入減。でも、今は見習いの時期

面接してすぐに採用されたのはうれしかったのですが、給料は最初、手取りで月12万円でした。
ヘルパー2級しか持っていなかったので、資格手当もありません。

しかも正社員ではなく、契約社員での採用で、ボーナスもなかった。
建設業のときの給料の3分の1に減りました。
痛いな、と思いましたがしかたがない。
とにかく最初は見習いなのだから、と自分に言い聞かせました。

 

【転職のモチベーションは?】福祉職の女性と結婚。公私ともに順調!

ただ、プライベートは、介護職になって突然恵まれてきました。
介護職になると決めてすぐの頃に、なんと、結婚が決まりました。
36歳で独身、もうなかなか結婚もできないかと思っていたのですが、福祉職の女性と知り合い、意気投合。
付き合って3カ月で籍を入れました。

両親と二世帯住宅で住む家をすでに建ててあって、そこで一緒に住むことになり、共働きで暮らすことになりました。
共通の話題が多く、最初は彼女に教えてもらうことも多かったですね。
介護がより身近に感じられ、未経験でも働きたいというモチベーションを保てていたのは、彼女のおかげかもしれません。
いい結婚ができて、すごくうれしかった。
以前は2箱吸っていたたばこもやめ、身体も健康になりました。
人生が開けてきたと感じました。

 

【仕事への疑問】利用者さん目線の介護ができていない

初めての介護の仕事はやりがいがありましたが、入浴介助に慣れてくると、疑問が生じてきました。
「入浴したくない」といくら患者さんが言っても、病院としては『決めた日に必ず入浴させる』と決まっていました。
だからこそ、あの手この手で入浴してもらうのですが、だんだん「そんなにいやなら、入らなくてもいいのではないか?もっと気分の乗る日に気持ちよく入ってほしい」と思うようになったのです。

「この日に入浴してもらわないと」というのは、病院側の都合です。
患者さんに順番に入浴してもらうために組んだシフトに、患者さんを合わせているだけです。

自分で入りたいと思う時間に入れば、入浴はもっと楽しくなるはず。
ミーティングでも、「認知症の人も“人”だから、いろんな感情があります。その人らしさを大切にして接したほうがいいと思う」と話したのですが、上司は聞く耳も持ちません。
「これでいいのか?」という疑問が、次第に大きくなってきました。

 

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

次回は、病院の入浴担当から同じ法人のデイサービスに異動後、介護の楽しさを知ったTさんの様子をお伝えします。
次回「病院での仕事が辛くてデイサービスに異動。その人らしさを活かせる楽しい介護~転職体験Tさん2」は、8月12日に公開予定です。

 

合わせてチェック!介護のお仕事まるわかり情報

介護職・ヘルパーの魅力・やりがい・給与情報を徹底解説!
ケアマネの仕事の魅力や給与事情は?介護職からの転職でこんなメリットが!
サービス提供責任者の魅力や給与事情は?最新の資格要件も解説!
福祉用具専門相談員ってどんな仕事?やりがいや気になる給料事情を解説!
生活相談員ってどんな仕事?給料や仕事の魅力は?資格要件もチェック!
介護事務のお仕事を解説!平均給料は?仕事の流れは?資格は必要?

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 建設から介護業界へ異業種転職!本当に楽しい仕事って?〜転職体験Tさん1