メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

派遣社員とは?仕組みやメリット、正社員・バイトとの違いをわかりやすく解説!

派遣社員とは? 仕組みやメリット、正社員・バイトとの違いをわかりやすく解説!

派遣社員とは?

「派遣社員」とは、労働者が人材派遣会社に登録して雇用契約を結び、派遣社員として別の企業で働く雇用形態です。

派遣会社から企業を紹介され、就業がスタートすると仕事の指示は派遣先企業から受けますが、給与は雇用契約を結んだ派遣会社から支払われます。

派遣の仕組み

派遣の仕組み

派遣の仕組みは、派遣社員、派遣元(人材派遣会社)、派遣先(就業先企業)の3者の関係によって作られます。

派遣社員は、派遣元に登録をすることで仕事の紹介を受けます。両者は雇用関係で結ばれ、派遣元は派遣社員に給与の支払い、社会保険、福利厚生を提供します。

派遣社員は、紹介された派遣先で勤務し、派遣先からの指揮・命令にしたがって業務を行います。

派遣元と派遣先のあいだでは労働者派遣契約が結ばれ、派遣先から派遣元に派遣料が支払われます。

派遣社員と正社員の違いは?

派遣社員と正社員の違いは?

派遣社員と正社員は、同じ職場で同様の仕事に従事するケースもありますが、「雇用主」と「雇用期間」に大きな違いがあります。

正社員が勤務先企業に直接雇用されているのに対し、派遣社員の雇用主はあくまでも派遣元の人材派遣会社です。

また、正社員は「無期雇用」が原則で、働きたいと思えば定年まで働くことができます。一方、派遣社員は「有期雇用」で、一定期間ごとに契約更新を重ねていく必要があります。

さらに、派遣社員は、同じ職場では最長3年までしか働くことができません。

派遣社員とアルバイトの違いは?

派遣社員とアルバイトは、どちらも時給制という点が共通点です。

アルバイトは、自分で仕事先を探して応募し、面接を受けて採用に至るのに対し、派遣の場合は就業までのプロセス一切を派遣会社が対応してくれます。

アルバイトは、採用されたアルバイト先が直接の雇用主である点も異なります。

また、派遣社員には決まった雇用期間がありますが、アルバイトには期間の制限がありません。時給(給与)は、アルバイトよりも派遣の方が高い傾向にあります。

派遣社員として働くメリット

派遣社員として働くメリット

●ライフスタイルに合った理想の働き方ができる
勤務日数や時間、就労期間など、希望の働き方にマッチした派遣先を人材派遣会社が探してくれるのが、派遣社員として働く大きなメリットです。

原則として、契約外での業務は発生しませんから、子育てとの両立や、プライベートの時間を大切にした働き方ができます。

●いろいろな施設で経験を積み、キャリアアップがめざせる
有期雇用だからこそ、さまざまな現場を経験できます。

特別養護老人ホームや老人保健施設、グループホームなど、介護士の活躍の場は多彩ですから、めざすキャリアに合わせて派遣先を選び、視野を広げつつスキルアップしていくことも可能です。

●派遣会社のバックアップが受けられる
職場で悩み事があれば、派遣会社の担当者が相談に乗ってくれます。

雇用先の会社や事業所に直接は伝えにくい要望も、派遣会社が代わって施設側と交渉してくれるので安心です。

派遣会社によっては資格取得のための支援制度などのサポートも用意されています。

派遣社員として働くデメリット

派遣社員として働くデメリット

●契約更新を繰り返す不安定さ
長く働きたいと考える人には、更新期間に上限がある派遣の働き方はデメリットでしょう。

派遣先が、派遣社員を必要としなくなれば契約が更新されずに満了となるケースもあります。次の派遣先が決まるまで収入が途絶える可能性もあり、そうした雇用の不安定さも理解しておく必要があるでしょう。

同じ職場で長く働くことを希望するならば、直接雇用を前提にした「紹介予定派遣」を選ぶことをオススメします。
(※「紹介予定派遣」とは、最大6カ月間派遣社員として就業したのち、派遣社員と派遣先双方が合意した場合に、正社員または契約社員になることを前提にした派遣契約です。)

●責任のある仕事を担当できる可能性は低い
雇用契約で定められた仕事に専念できるのが派遣社員ですが、一方で裁量権の大きな仕事は任されにくいというデメリットもあります。

キャリアアップを考えたときに物足りなさを感じる可能性があります。

派遣社員の給料、どのくらい?

派遣社員の給料、どのくらい?

「令和元年度 介護労働実態調査(介護労働安定センター)」の統計によると、介護職員の平均時給は990円です。

一方で、『介護求人ナビ』サイト内の派遣求人情報で実際に提示されている時給を調べてみると、1,200円以上が90%、1,400円以上が42%でした。(2020年12月現在)
実際の募集では、派遣社員の時給は比較的高めの設定がされているようです。

介護施設では、利用者数に対して介護スタッフの必要人数が定められているので、急な欠員があれば速やかに補充する必要が発生します。そんなときに、時間とコストをかけずに期間限定で必要な人員補充ができる派遣というシステムは、事業所や施設にとって非常に有益です。

そうしたことから、派遣社員の時給は高めに設定されているケースが多いと考えられます。

派遣社員はこんな人にオススメ!

派遣という働き方なら、「1日6時間」「週に4日」「1カ月間の単発で」など、個々の希望に近い条件の働き方を選択することできます。

育児や家事、資格取得のための勉強と両立させながら働きたい人、プライベートの時間を大切にしたいので残業をしたくない人、Wワークで働きたい人など、柔軟な働き方を求める人にオススメです。

また、短期間で契約を更新していく働き方は、いろいろな職場で経験を積みたい人、人間関係に縛られるのが苦手な人にも向いています。

 
 

 
 
人気記事はこちら

 
 
おすすめ情報

訪問介護(ホームヘルパー)の仕事内容とは?
1日のスケジュール、平均給料、仕事のメリット・デメリットをご紹介。気になる疑問にも答えます!

デイサービスでの介護士の仕事内容とは?
人気の職場「デイサービス」での仕事内容をご紹介。1日の流れは?平均給料は?どんな人が向いている?

有料老人ホームでの介護士の仕事内容とは?
有料老人ホームの種類や業務内容、他の介護施設との違いなど、有料老人ホームの仕事をご紹介!

グループホームでの介護士の仕事内容とは?
日勤・夜勤の仕事の違いや平均給料、仕事内容をご紹介!グループホームならではの仕事のメリットは?

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー