メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

履歴書「以上」の正しい位置と意味│書き忘れた履歴書は書類としてNG?

履歴書の「以上」はどんな意味?なぜ必要?

履歴書では、普段あまり使わない「以上」という文字を、文章の「止め」のような意味合いで使います。
なぜ使うの?どう書けばよいの?
転職を成功させるために、ぜひ正しい使い方を覚えましょう。

「ここで職歴(学歴)は終わり」という印=「以上」

「以上」は、履歴書の学歴や職歴の欄で使います。
学歴や職歴は、多くの場合、いくつかの学校や仕事場を経て今の状況となっているわけで、その履歴を書くのが、学歴や職歴です。

複数の履歴を1行ごとに書いたあと、もうこれ以上職歴(学歴)はありませんよ、というところで、「以上」と書きます。

「以上」は右寄せ・1行まるまる使って書く

履歴書の「以上」は、学歴・職歴欄の最後に右寄せで書くのがマナー

履歴書の「以上」は、学歴・職歴欄の最後に右寄せで書くのがマナー

履歴書の「以上」は、学歴・職歴欄の最後に右寄せで書くのがマナーです。職歴欄に最後に勤めていた会社を書いたら、改行して、右寄せで「以上」と書きましょう。

転職などが多くて職歴欄が多く、「以上」を改行して書き切れない人がいます。
あるいは学校にいくつも通った場合も同様です。
そんな場合は、学歴や職歴の最後の行と同じ行に右寄せで「以上」と書けばよいでしょう。

職歴がない場合は?

職歴がない場合は、「職歴」と書いた次の行に左寄せで「なし」と記入

職歴がない場合は、「職歴」と書いた次の行に左寄せで「なし」と記入

新卒の場合など、職歴がない場合もあります。
職歴がない場合は、「職歴」と書いた次の行に左寄せで「なし」と記入します。こちらは「左寄せ」なので間違えないようにしましょう。

そして、「なし」の1行下に右寄せで「以上」と書きます。

「以上」を書くのは何のため?

履歴書の「以上」は、「これで終わりですよ」という意味になります。
ということは、ここから先に書き足したり、改ざんしたりすることができない、という意味でもあります。

人の履歴書に何か足す人はなかなかいませんが、これを書かないと、文章が終わったことにはなりません。

また、自分でも書き足すことはできません。
「以上」と書いたのに、そのあと、留学や学校に入り直しなどなど、別のことを書くのはおかしいのです。
すべての学歴や職歴を書いて、「以上」を右寄せに書く、と徹底しましょう。

履歴書に「以上」と書き忘れたらどうなる!?

履歴書に「以上」を書き忘れてしまったからといって、それほど心配する必要はありません。
それだけで不採用になるケースはほとんどないでしょう。

ただし、履歴書の書き方くらい、一般常識として知っていてほしい、という思いが採用側にあるのもまた事実。
できればルール通りにきちんと書いておきましょう。

「現在に至る」も書き忘れないで!

「以上」を書く前に、もうひとつ、職歴や学歴を書く際に、知っておいてほしい言葉があります。それは、「現在に至る」。

「現在に至る」は、現在就業中、あるいは就学中であることを示す言葉です。

従って、現在、今の会社に勤めている、今の学校に通っているのなら、特に書き忘れないように気を付けましょう。

「現在に至る」を書き忘れるとすでに離職または退学したという意味に取られ、すぐにでも入社できると誤解される可能性もあります。
「現在に至る」は「なし」と同じで、左寄せで書きます。

今の会社を退職しているなら、それも書いておく

職歴の最後の勤務先は書いた、けれどそこも今は退職している、という場合は、職歴の最後に「一身上の都合により退職」と書き、「以上」を書くようにします。

職歴の最後に「一身上の都合により退職」と書き、「以上」を書く

退職しているなら「一身上の都合により退職」「以上」

あるいは、まだ退職していないけれど、退職する月日が決まっている場合には、「現在に至る」の文言に続けて、カッコ書きで(〇月〇日退職予定)と書き入れておきましょう。

まだ退職していないけれど、退職する月日が決まっている場合

退職予定日を職歴に記入しておこう

とにかく、「以上」と書くからには、その直前の職歴や学歴が、今の状態と同じでなくてはなりません。
間違えないように気をつけましょう。
 
 

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー