メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

単発・短期バイトや派遣の職歴 履歴書への書き方が例文でわかる!

単発・短期のアルバイトや人材派遣など、雇用の流動化により働き方も多様になってきました。介護業界でも、1つの企業や団体に雇用されるのではなく、人材派遣会社に登録して活躍する方が増えています。

この場合、履歴書の職歴欄にはどのように記載すればいいのでしょうか。
単発・短期アルバイトや派遣の職歴欄への書き方について解説します。

単発・短期の仕事は職歴に細かく書く?

単発・短期、派遣の仕事をすべて細かく書く必要はありません。
派遣の場合は、登録会社の会社名と業務内容を書くだけで十分です。

採用側が注目するのは、どこに派遣されていたのかではなく、『どんな業務をしていたのか』という点です。短期間のアルバイトや単発の仕事が複数ある場合は、まとめて記載します。

単発・短期・派遣の仕事歴を履歴書に書くときの文例

◆単発・短期の仕事歴の場合
単発・短期の仕事の場合は、このようにまとめて記載します。

令和〇年〇月 短期アルバイト3社に勤務 主に清掃業に従事

短期や単発であれば会社名などは記載の必要はありません。
どのような業務に就いていたかをわかるように書きましょう。

◆人材派遣の仕事歴の場合
人材派遣登録の場合は、登録会社の会社名と業務内容を記載します。

令和〇年〇月 ○○株式会社に登録
 介護職員として主に特別養護老人ホームで従事
令和〇年〇月 派遣期間満了のため退職

派遣先の業務で発揮していたスキルや身に付けた経験、アピールしたい内容があればそれを追記することをおすすめします。

介護業務とともに、IT化推進業務・業務標準化チームのサポートを行う

単発や短期で仕事をしていた経歴は、どこで働いていたかよりも、『どんな仕事・業務をしていたか』を意識して書きましょう。
 
 

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー