メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

アルバイト経験で自己PRが書ける!履歴書・ES・面接でのアピールのコツ<新卒・就活ノウハウ>

アルバイト経験で自己PRが書ける!履歴書・ES・面接でのアピールのコツ<新卒・就活ノウハウ>

いざ自己PRを書こうとすると、何を書くべきか悩む人も多いようです。でも「アルバイト経験なら豊富なのに…」という人は多いのではありませんか?
アルバイトは、ほとんどの学生が経験していてアピール度が低そうに思われがちですが、そんなことはありません。

アルバイトを通して身につけたスキルや仕事の取り組み方は、立派なアピールポイントになります。

バイト経験は履歴書・エントリーシートのどこに書く?

履歴書では、アルバイト経験は「自己PR」欄に記載しましょう。

また、エントリーシートには、もともとアルバイト経験欄が設定されているものもあります。アルバイト経験欄がなければ、「自己PR」欄か、あるいは「学生時代に頑張ったこと」などに記載しましょう。

ところで、履歴書やエントリーシートには「学歴・職歴」欄がありますが、アルバイトの経歴は職歴欄に記載するべきなのでしょうか?

答えは『NO』です。

職歴欄は、正社員としての職歴を記載するものであり、アルバイトは含みません。したがって新卒の場合、職歴欄には「なし」と記入するのが一般的です。

面接でアルバイト経験を聞かれる理由

「アルバイトをしていましたか?」「アルバイトの経験について教えてください」というのは、面接で多く聞かれる質問の1つです。

この質問をするのは、単にアルバイト経験の有無を確認しているわけではありません。

企業が知りたいのは、応募者の「社会経験の有無」と「自社とのマッチング」についてです。

アルバイトとはいえども対価をもらっての労働であり、そこには仕事としての責任が発生します。また、社会人としてのマナーに則って勤務することになります。

そこで企業は、アルバイト経験の有無を聞くことで、応募者が社会人として働く準備ができているかを見極めようとしているのです。

さらに、どんなアルバイトを選び、どう続けてきたかを聞くことで、その人の興味の分野や、課題が生じた時にどう行動するのかを知ることができます。そこから応募者の人柄や特性を見極め、自社との相性を確認しようとしているわけです。

また、やり遂げる意志や力、継続力など、社会人として求められる資質の有無について判断する材料にもなります。

この3つをおさえれば書ける! 自己PRの書き方のコツ

自己PRを書き始める前に必要なステップがあります。それは、企業がどのような人物像を求めているかを把握することです。

どんなに頑張ってきたことをアピールしても、企業が求めている人物像にマッチしていなければ空振りに終わってしまいます。

そうならないよう、求める人物像にマッチするスキルやエピソードを選ぶことから始めてみてください。

アピールする内容が決まったら、次は文章の構成を考えます。
以下の3項目をしっかり押さえて組み立てていきましょう。

(1)アピールしたい内容
自分の強み、頑張ったこと
(2)課題への取り組み、努力の過程が伝わるエピソード
何をやったか、なぜそれをやったか
(3)学んだこと、活かし方
何を学んだか、どう仕事に活かすか、どう会社に貢献したいのか

自己PR文は、「アピールしたい内容」から書き始めるようにしましょう。なぜなら採用担当者に、まず結論をわかりやすく伝えることが重要だからです。

(2)の「エピソード」の書き方には、工夫が必要です。大事なのは、「何を意識して、どのように取り組んだのか」を具体的に説明することです。

つい成果や実績にばかり力が入りがちですが、評価のポイントはそこではありません。採用担当者が本当に知りたいのは、「あなたが仕事にどう向き合い、何を得たか」です。そのことに留意して記入しましょう。

アルバイト経験の自己PR例文「コンビニエンスストア」

コンビニエンスストアのように多くの人が経験しているアルバイトは自己PRにしづらいと考えている人もいるようですが、そんなことはありません。
アピールの仕方を工夫すれば、ポピュラーなアルバイト歴も立派な自己PRになります。

<自己PR例文>
私はデータをもとに、販売戦略を実践するのが得意です。アルバイトをしているコンビニエンスストアは住宅街にあり、年配のお客様が多く来店します。昨年、惣菜類の売上増を目的に購買データや嗜好データを見直しました。それをもとにして、年配客に人気のヘルシーメニューを目立つ位置に移し、POPの文字を大きくしてカロリーや塩分量が一目でわかるように工夫しました。また、低カロリーのデザートメニューにも同じデザインのPOPをつけ、ついで買い喚起を図りました。その結果、惣菜やデザートの売り上げが1.5倍になり、ニーズ分析がマーケティングに反映するおもしろさを実感しました。さらに分析力を磨き、お客様満足度を高める営業活動で貢献したいと考えています。

最初に自分のアピールポイントを述べたうえで、アルバイトを通して経験したエピソードを挙げます。

他の人の自己PRと差別化するために、できるだけ具体的に取り組みについて記載し、数字を交えることもコツのひとつ。さらに、アルバイトを通して「気がついたこと」や「おもしろいと感じたこと」にも触れるとオリジナリティが出て、採用担当者に興味を持ってもらえます。

履歴書やエントリーシートでは文字量に限りがありますが、面接ではさらに「どんな特性を発揮してやり遂げたか」「壁をどう乗り越えたか」という過程を膨らませてアピールすると良いでしょう。

アルバイト経験の自己PR例文2「老人ホーム」

次に、老人ホームの介護スタッフとしてアルバイトした経験を自己PRにする場合の例文を紹介します。
介護施設でのアルバイト経験は、利用者や他の介護スタッフとの関わりなど、コミュニケーション力やホスピタリティマインドをアピールするのに適しています。

<自己PR例文>
私の強みは、気持ちに寄り添い、観察する力です。これは有料老人ホームでのアルバイトで身につけたものです。きっかけは、利用者様からのサインに気づかず、トイレに誘導するタイミングを逸してしまったことです。利用者様の悲しそうな顔を見て、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。そこで介助しながらも常に「利用者様が今どんな気持ちか」を察するように努め、わずかな表情の変化もキャッチできるようになりました。あるとき、言葉がうまく出ない利用者様が、微笑みながら私の手をポンポンと触れたのです。「ありがとう」の意味だと理解し、うれしくなりました。こうした経験から学んだ相手を思いやり観察する力を、貴社での接遇の仕事に活かしていきたいと思います。

アピールポイントの「気持ちに寄り添い、観察する力」を最初に紹介。そしてそのアピールポイントを説明するエピソードとして、アルバイト経験での失敗を取りあげます。

「失敗エピソードは印象が悪いのでは?」と思うかもしれませんが、実は「失敗して何を感じたのか」「課題にどのように行動したのか」という内容を通して、人柄が伝わりやすいエピソードでもあります。

最後に、行動によって得られた喜びに触れ、接遇の仕事に活かしたいという流れでまとめています。

「どう頑張ったか」を伝えることを意識しよう

就活では、大きな実績や華やかな経験をアピールしなければと悩んでしまう人もいると思いますが、アルバイトとしてできる業務範囲は限られています。

バイトリーダーになったり、特別な仕事を任されて業績に貢献したというようなエピソードがなくても構いません。

アピールすべきなのは「どんな仕事を担当して、どう頑張ったか」という点。さらに「何を学んだか」「どう成長したか」が伝わるようにまとめましょう。
 

 

就活生、必見!「就活成功ガイド」

〈履歴書・エントリーシート作成〉

■ 履歴書の書き方マニュアル
■ 学校指定の履歴書と市販の履歴書、どっちが有利?
■ 履歴書の第一印象が決まる!証明写真の背景・表情・姿勢・服装を徹底解説!
■ 履歴書の年齢はいつの年齢?「満何歳」の数え方・計算方法
■ 履歴書に書ける資格は何級から?資格・免許の正しい書き方
■ 履歴書「学歴」の正しい書き方
■ アルバイトは職歴?履歴書の正しい書き方とアピール方法
■ 履歴書「趣味・特技」で自己アピール
■ しまった!履歴書に書き間違い…。修正して提出しても大丈夫?

〈応募の疑問・マナー〉

■ 履歴書の封筒の基本マナー!
■ 履歴書の郵送に必要な切手代は?
■ 履歴書を持参するときも封筒は必要?
■ 失敗しない履歴書の送付状・添え状の書き方!<無料テンプレート付き>
■ 履歴書をメールで送る方法とマナー

〈志望動機・自己PR〉

■ 差がつく!履歴書の志望動機【例文8選】
■ 差がつく!履歴書の自己PR【例文8選】
■ アルバイト経験で自己PRが書ける!履歴書・ES・面接でのアピールのコツ

〈面接対策〉

■ 就活面接 よくある質問9選!回答例と答え方のコツを教えます
■ 面接には何分前に到着するべき?
■ 第一印象は10秒で決まる!面接で好印象の挨拶マナー
■ 面接に遅刻しそうなときの正しい対応法&連絡内容の例文
■ 面接中の『目線』、もう迷わない!緊張しないコツは?

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー