メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

履歴書の第一印象が決まる!証明写真の背景・表情・姿勢・服装の選び方を徹底解説!

履歴書の第一印象が決まる!証明写真の背景・表情・姿勢・服装の選び方を徹底解説!

採用担当者が履歴書に目を通す時、真っ先に目に入るのは「写真」です。
写真は、履歴書の中で唯一、表情・髪型・服装といったビジュアル情報を伝えることができる部分です。
写真によって、第一印象が大きく左右されるといっても過言ではありません。

今回は、好印象を与える写真の特徴や、写真を使って第一印象を上げるためのポイントを紹介します。

好印象な写真の「背景」とは

履歴書写真の主役は『応募者の顔』です。いかに応募者の顔を引き立たせるかが重要であるため、背景は無地・単色が好ましいでしょう。

写真館だけでなく、履歴書用スピード写真でも背景色を選択できるものが多くなっています。
履歴書写真に使う背景色は白・ブルー・グレーが一般的です。

中でも一番使われる頻度が高いのは『薄いブルー』と言われています。
背景色を薄いブルーにすることで、スーツの輪郭がはっきりし、さわやかで清潔感のある印象に写ります。また、表情もはっきりと写る傾向にあります。

『薄めのグレー』表情がはっきり写るのでおすすめです。落ち着いた印象に見せたいのであれば薄めのグレーを選択するといいでしょう。グレーの色味が濃いと、暗い印象を与えてしまう可能性があるので注意しましょう。

『白』は最もシンプルな背景色です。白にはフレッシュな印象を与える効果があります。ただし、白背景が明るく写り過ぎてしまうことがあるため、明るい印象を残しつつ表情をはっきり見せたい時は薄いブルー、もしくは薄いグレーにするといいでしょう。

介護の職場への転職であれば、さわやかで清潔感のある印象に見せることを重視しましょう。暗い印象にならないよう、色味の濃い背景は避け、表情が明るくはっきり写る色を選択しましょう。

背景は白・薄いブルー・薄いグレーのいずれかを選択することで、写真の印象をぐっと上げることができます。

好印象な写真の「表情」とは

履歴書写真では、表情を作ることも重要です。

介護という仕事では、利用者に信頼・安心してもらえることが必要なので、表情を作ることも介護士としてのスキルの一部と言えるでしょう。

履歴書写真のルールとしては、歯を見せない程度にほほ笑んだ表情が基本です。口を閉じたまま両側の口角を上げることを意識すると、やわらかい笑顔の表情を作ることができます。

逆に無表情の写真になると、暗い印象を与えてしまいます。冷たい印象や暗い印象は介護の職場では好まれないので、第一印象をよくするため、表情を意識して撮影しましょう。

写真撮影のタイミングで瞬時にその表情作るためには練習も必要です。緊張していると「表情筋」という顔の筋肉が硬直してしまい、上手に笑顔が作ることができなくなります。

写真撮影の前には意識的に笑顔を作ったり、顔の筋肉を大きく動かしたりすることで表情筋がリラックスし、笑顔を作りやすくなります。

自然な笑顔を作ることは、介護の仕事にも大いに役立ちます。鏡などに向かって練習し、素敵な笑顔を作れるようになりましょう。

好印象な写真の「姿勢」とは

いくら表情が良くても、姿勢が乱れていては印象も悪くなります。

首が前に出すぎている猫背の姿勢や、どちらか一方の肩が下がり過ぎている姿勢などは、普段の姿勢が癖となって無意識に出ている場合もあります。

いずれもあまり良い印象を持たれないので、写真を撮る時だけでなく、普段の生活から整った姿勢でいることを意識するといいでしょう。

写真撮影の時には、背筋をまっすぐに伸ばし、胸を張り、軽くあごを引くことを意識しましょう。横から見た時に、耳の位置と肩の位置が縦に揃っている印象です。

胸を張り過ぎることや、あごを引き過ぎることもよくないため、適度に意識しましょう。あごが上がり過ぎると、上から人を見下しているような印象に写ることがあるので特に注意しましょう。

カメラのレンズと目線がまっすぐ水平になるようにし、カメラ目線で撮影します。椅子の高さが合っていないと、上目遣いになってしまうことや、見下ろすようになってしまうことがあるので、必ず椅子の高さを調整しましょう。

姿勢ひとつを見直すだけで、写真を見た人に与える印象はぐっと変わります。誠実な印象を持ってもらえるよう、整った美しい姿勢を作りましょう。

好印象な写真の「服装」とは

服装は応募する企業や業種によっても異なります。
介護業界の場合は、比較的カジュアルな服装でもOKとされています。ただ、くだけ過ぎた服装や派手過ぎる服装はNGです。

●男性の場合
男性は黒やネイビーのジャケットが一般的とされていますが、介護業界においては比較的明るい色のジャケットでも問題ありません。

ただ、管理職などの応募の場合は、黒かネイビーのスーツに、白いワイシャツなどの定番スタイルが好ましいでしょう。黒やネイビーのスーツを選ぶ方が履歴書用の写真としては無難なので、迷うのであれば黒かネイビーを選ぶと安心です。

シャツは必ず第一ボタンまで留めましょう。ネクタイは派手過ぎないものを選ぶ方が無難です。ネクタイが曲がっていないか、写真撮影前に必ずチェックすることも重要です。

●女性の場合
女性はジャケットに白のブラウスやカットソーを合わせるのが定番です。インナーは胸元が開き過ぎていないものを選ぶといいでしょう。

ネックレスやイヤリングなどのアクセサリー類も外した状態で撮影するようにしてください。

介護士の場合は日常的にスーツなどのビジネスウェアを着用することがないため、転職活動を前にして久しぶりにスーツに袖を通すという方も少なくないでしょう。
体型が変化し、服装のサイズが合わなくなるということもあるので、必ず事前にサイズ確認をしましょう。

服装のサイズが大き過ぎると、だらしない印象を与えてしまいます。ジャストサイズの服装を選びましょう。
また、シワや汚れがあると不衛生な印象に写るので注意してください。

まとめ

履歴書写真で第一印象をアップさせるためのポイントを解説しました。

履歴書の写真は、唯一自分の特徴を視覚的にアピールできる部分です。写真によって印象が大きく左右されるといっても過言ではないほど履歴書において重要な情報なので「写真の背景」「表情」「姿勢」「服装」に気を配り、写真撮影に臨むといいでしょう。
 
 

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー