メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

好印象な履歴書は、手書きか?パソコンか?採用担当の印象とメリット・デメリットを調査!

好印象な履歴書は、手書きか?パソコンか?採用担当の印象とメリット・デメリットを調査!

『履歴書は手書きで』と転職活動・就職活動中によく聞きますよね。

でも、実際に履歴書を提出するときに、手書きでないとダメなのでしょうか? パソコンで作成すると採用されにくい?
みんなが気になっているこの点を、採用担当側のコメントも含めてお伝えします。

履歴書を書くのって大変!

転職したい会社に応募するとなると、履歴書を書くのは必須。でも、これがタイヘンです。

手書きだと、間違えたら「二重線や修正テープなどで消してはいけない」のが常識です。
いちいち最初から書き直さねばならず、ただでさえ時間がかかる履歴書。
パソコンで作成してはいけないのでしょうか?

応募要項をよく確認!指定されている場合が多い

「手書き履歴書を提出」と指定されているのなら、当然、パソコンで作成した履歴書を提出することはNG。

しかし、応募先の会社の業種によっても対応は異なります。

例えば、IT系の企業なら、多くの場合は、手書きは要求されないでしょう。逆に「パソコンで作成」と指定している場合もあります。

まずは応募要項をよく読んで、「手書き」「パソコン」どちらかが指定されているかきちんと確認して、従いましょう。

履歴書の種類によっても違いがあります。
応募要項に「市販の履歴書を使用して」という文言があるなら、やはり手書きが求められます。
市販の履歴書は、手書きで書くことが前提です。

「当社のホームページよりダウンロードして」とあるなら、それに従います。
ダウンロードしてみて、パソコンで入力できる形式なら、パソコンで作成してかまいません。

しかし、PDFなどの場合は、特別なソフトを持っていないと入力できないので、ダウンロードした履歴書をプリントアウトして、手書きで書くことになります。
 

採用担当が見た「手書き履歴書」の印象は?

なぜ、このご時世に履歴書だけは手書きを要求される場合が多いのでしょうか。
採用側の人からは、このような意見を聞くことができます。

「字が上手か下手かは関係ありません。たとえ字が下手でも、この会社に入りたいと思う方はきっと丁寧に書いてくださるはず。履歴書はいわば自分の分身です。その書き方ひとつで、その方の個性や人間性を垣間見ることができます。社会人としての基本的なルールを満たしているか履歴書で確認します。」
(訪問介護事業所・エリアマネージャー)

文字には個性が表れます。
とてもゆっくり書く人、殴り書きのように書く人、ゆっくりだけれど躍動感にあふれた字の人、四角の中に1字ずつ入るように楷書を完璧に守って書く人……。

手書きの文字は、書き方で性格の一端が想像できるから採用の判断に役立つ、というわけです。

手書きとパソコン、どっちが好感?

裏を返せば、手書きで殴り書きや乱暴な文字、誤字脱字が多い文章を書けば、かなりマイナスになるということ。

せっかく手書きにした意味もありません。

字を書くのが苦手、漢字も間違いやすい、字が下手でコンプレックス……。
そんな人なら、むしろ、パソコンで入力した方が好印象かもしれません。

サービス付き高齢者向け住宅の施設長で、採用担当でもある女性はこのように言っています。

「『履歴書は手書きのほうがいい』とよく言いますが、乱れた字や誤字が心配なら、パソコンで文字を打って読みやすさを優先した履歴書のほうが、私は好感が持てます。誤字脱字や字が汚すぎないことが大事です。」
(サービス付き高齢者向け住宅・施設長)

手書き、パソコンそれぞれの履歴書のメリット・デメリットは?

■手書きはていねいに書けば好感度が高いが、作成に時間がかかる
手書き、パソコン、どちらでもよく、どちらにしようか迷う場合、自分の特性から考えればいいでしょう。

パソコンを打ち慣れていない人なら、やはり手書きがおすすめです。
また、手書き文字を丁寧に書くことができ、人から「いい感じの文字だね」などと褒められるようなら、手書きの履歴書が有利となるでしょう。

しかし、字が汚い、語彙が少ない、丸文字で子どもっぽい文字、などという場合には、手書きだとかえってマイナスな印象を持たれてしまいます。
パソコン作成がOKな会社なら、パソコンで作成した履歴書のほうがよいでしょう。

また、手書きの場合は、基本的に途中で間違ったら訂正ができないので、新たに書き直すことになります。
ある程度の時間がかかると想定し、早めに取りかかることが必要となります。

■文字に自信がない人はパソコン作成がラク、訂正もしやすい
字が汚くて自信がない、誤字脱字が多くて、間違いに気づきにくいような人にとっては、履歴書をパソコン作成するほうがいいでしょう。

文字を間違いやすい人も、手書きだと何度も書き直すので大変です。

パソコンなら、何度も訂正できるメリットがあります。

ただ、パソコン作成した履歴書では個性が出しにくいというデメリットがあります。
素っ気ない印象になりがちなのも否めません。

志望動機などの文章を作るときに、意識して情熱を込めるようにするといいかもしれません。

応募のシチュエーションを考えてどちらにするか決めよう!

前述のようなメリットやデメリットをよく考えて、手書きにするかパソコンにするか決めましょう。

実際に採用を行う人からは、「履歴書が丁寧に書いてあれば、その気持ちは伝わる」という話も聞きます。

ぜひ参考にしたいですね。

\手書き(PDF)・パソコン(Excel)対応/
履歴書テンプレートを無料でダウンロード!

 

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー