メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

パソコン作成の履歴書に写真を貼る方法《Word・Excel・Web履歴書の手順をわかりやすく図解!》

パソコン作成の履歴書に写真を貼る方法│Word・Excelの手順をわかいやすく図解!

WordやExcelなどに写真を貼るのは、パソコンスキルの中でも基本的な作業です。
履歴書を提出するときに、採用担当者に操作方法を直接問い合わせるといったことはパソコンスキルの基礎がなっていないとみなされてしまうことがあるので避けた方がよいでしょう。

履歴書の提出段階ですでにマイナス点とならないように、今回は『パソコン作成の履歴書に写真を貼る方法』について詳しく解説します!

証明写真をデータ化するには?

証明写真をデータにするためにはどのような方法があるのでしょうか。

まず紙写真で持っている場合は、写真専門店でデータ化してもらうか、コンビニなどにあるコピー機でスキャンしましょう。

データは基本的にUSBメモリーやCD-Rなどの電子媒体で保存することになりますが、スキャンが可能なコピー機や専用アプリ・ソフトがあるプリンタの場合は、そこから直接写真をパソコンに保存できることもあります。

ただし、スキャンすることでどうしても元の素材より画質が落ちてしまいます。

そのため、あらかじめ写真専門店にはデータで写真を渡してもらうように依頼しておくか、データ対応している証明写真の専用コーナーで撮影するといいでしょう。最初からデータ写真にすることで、高画質で綺麗な状態のデータとなるので、これから撮影する場合には意識しておくとよいでしょう。

写真データのファイル名は何にするのが正解?

履歴書を電子提出する際に、WordやExcelで作成した履歴書に写真を挿入しPDF化するなどして提出する場合と、WordやExcelで作成した履歴書と履歴書用の写真データを別々に提出する場合があります。

特に履歴書とは別に写真データを送信する場合において、写真データのファイル名が重要とされています。

■写真データのファイル名
・氏名_提出日
・氏名_学校名 (新卒の場合)
・氏名_学校名_提出日 (新卒の場合)

写真データのファイル名は、基本的に氏名と提出日(履歴書の日付)としておくとよいでしょう。ただし、会社によっては電子申請時にファイル名を指定していることがあるので、募集要項などをよく確認しておくとよいでしょう。

なお、写真データをパソコンに保存する際に、自らが管理しやすいようにするためであれば、フォルダを作成してファイル名を「撮影日_履歴書用写真.jpg」に統一するなど把握しやすいようにルールを決めておくとよいでしょう。
拡張子は「.jpg」が最も適していますが「.png」でも構いません。

Word・Excelに写真を貼る方法

WordやExcelなどの履歴書フォーマットで履歴書を作成した場合は、写真のデータを取り込み、パソコン上で貼り付ける作業が必要になります。
一見すると難しく感じるかもしれませんが、作業自体は意外と簡単です。

実際の画面に沿って、手順を解説していきます。

Word・Excelに写真を貼る方法

(1)「挿入」のタブを選択して、リボンにある「画像」を選択します。すると画像の挿入元を選択する欄になるので「このデバイス」を選択します。

(2)パソコン内のファイルが表示されるので、履歴書の写真データが保存されているフォルダを選択し「挿入ボタン」をクリックします。

(3)引き続きフォルダ内の各種データが表示されるので、履歴書の写真を選択して「挿入ボタン」をクリックします。

(4)画像が挿入されました。

(5)Excel上にある画像を「写真の貼る位置」まで移動させ、写真の大きさを図形に合わせます。

(6)写真上にマウスポインタを合わせるとポインタが変化するので、そこで左クリックを押しながら画像を移動することができます。大きさは角にある〇にマウスポインタを合わせるとポインタが変化するのでそこで左クリックを押しながら大きさが調整できます。

(7)完成しました。

Wordの履歴書ファイルに写真データを貼る方法

画像の挿入まではExcelでの手順(1)~(4)と同様です。

(5)「挿入」のタブを選択して、リボンにある「画像」を選択します。すると画像の挿入元を選択する欄になるので「このデバイス」を選択します。

(6)パソコン内のファイルが表示されるので、履歴書の写真データが保存されているフォルダを選択し「挿入ボタン」をクリックします。

(7)引き続きフォルダ内の各種データが表示されるので、履歴書の写真を選択して「挿入ボタン」をクリックします。

(8)画像が挿入されました。

(9)Excelとは異なり、写真を挿入しただけでは移動させることができません。写真を移動させるには、まず写真上で左クリックを押すとレイアウトオプションのマークが出てくるのでさらに左クリックします。するといくつかのレイアウトオプションのマークが出てくるため、この中のうち「前面」を選択します。
これで、写真の移動が可能となります。

(10)写真が移動できるようになったら、履歴書の写真の枠に合わせて移動させます。

(11)完成しました

Web履歴書にも証明写真は必要?

近年、入職者を募集している企業のホームページに履歴書をアップロードする「Web履歴書」という応募方法を取っている会社が増えてきました。

結論から言うと、このWeb履歴書にも写真が必要となります

写真を用意せずに応募してしまうと不備とされ、応募無効になったり、再提出する必要が生じたりする可能性があります。

先方にマイナスイメージを抱かれないためにも、きちんと写真を添付して提出するようにしましょう。

Web履歴書に写真データを貼る方法

現在の業種によっては、パソコン作業が苦手な方もいるでしょう。ここでは、Web履歴書に写真を貼りつける方法を紹介していきます。

Webサイトでアップロードして提出する場合

写真をWeb履歴書に貼るためには、データとしてパソコンに取り込む必要があります

そのための手順を紹介します。
まず、写真撮影の方法は2つあります。

・データを購入できる写真館で証明写真を撮影する
・データを送信できる証明写真機を利用する

このほかにも、証明写真が撮れるスマホアプリを利用したり、印刷した証明写真をスキャンしてデータ化したりする方法もありますが、解析度などの観点からはおすすめできません。

写真が取り込めたら、下記の手順で貼り付けましょう。

①Word・Excelなどの履歴書テンプレートを開く
②編集画面の「画像挿入」を押してデータを貼り付ける
③画像のサイズをトリミングする
④履歴書の写真枠のところに入れる

画像データの形式はさまざまありますが、指定がないときは「JPEG」を選択しましょう。

データサイズは2MB以内にするのが一般的です。大きすぎると表示できないなどのトラブルが発生する可能性もあります。

介護求人ナビで作成する場合

介護求人ナビに登録しておけば、Web履歴書への写真アップロードが3ステップで簡単に添付できます(証明写真のデータは、あらかじめパソコンに入れておく必要があります。)

①介護求人ナビのマイページにログイン
「履歴書の作成・編集」をクリック
③パソコンからは「写真を登録する」ボタンを、スマホからは「顔写真を撮影」ボタンをクリックすると、フォルダが立ち上がるので証明写真を選択する

《パソコンの場合》
▼介護求人ナビのマイページにログイン
Web履歴書に写真データを貼る方法

Web履歴書に写真データを貼る方法
▼Web履歴書に写真をアップロード
Web履歴書に写真データを貼る方法

Web履歴書に写真データを貼る方法

《スマホの場合》
▼介護求人ナビのマイページにログイン
Web履歴書に写真データを貼る方法

Web履歴書に写真データを貼る方法

Web履歴書に写真データを貼る方法

▼Web履歴書に写真をアップロード
Web履歴書に写真データを貼る方法

Web履歴書に写真データを貼る方法

複雑な操作がないので、パソコン作業が苦手な方も問題ありません。
また、介護求人ナビを利用すればPDFへの変換が簡単に行えるのも魅力的です。

履歴書の写真に関するQ&A

ここでは、履歴書の写真に関する質問についてお答えしていきます。

Q1. 写真を撮るときのポイントやコツは?
写真の背景は、無地で単色のものを選択するのが基本です。
背筋を伸ばし、カメラのレンズと目線がまっすぐ水平になるようにします。表情は歯が見えない程度に微笑むのが好印象となります。
服装はスーツを着用し、乱れがないように整えるようにしましょう。

好印象な写真撮影のポイントは、「履歴書の第一印象が決まる!証明写真の背景・表情・姿勢・服装の選び方を徹底解説!」を参考にしてください。

Q2. 履歴書に適した写真のサイズは?
一般的な履歴書の写真サイズは縦横比4:3です。パソコンデータの場合は、必要に応じてトリミングを行いましょう。
また、指定がある場合には指定のサイズで貼り付けるようにしましょう。写真が小さい場合は、余白部分が大きくなってしまうので撮り直すのが最善策です。

履歴書における写真サイズについては、「履歴書の写真のサイズは?サイズを間違えてもそのまま使える?」で詳しく解説しています。

パソコンでの履歴書作成に関するQ&A

Q1. 履歴書をメールで送る方法やマナーは?
通常、履歴書はWordやExcelなどで作成しますが、メールに添付するときにはPDFに変換して送信するのが一般的です。
送信する内容は「件名」「宛名」「挨拶」「用件」「結びの言葉」「署名」で構成します。履歴書を添付してあることが端的に伝わる文章にしましょう。

履歴書添付メールのマナーやコピペで使えるメールフォーマットは「履歴書をメールで送りたい!例文とマナー、送信方法の基本をまるごと解説」をご覧ください。

Q2. 履歴書は手書きとパソコンのどっちが有利?
どちらが有利ということはありませんが、指定がなければ、自身の場合どちらで記入した方が好印象を持たれるかということを考えて作成するようにしましょう。

手書きとパソコンどちらの方が自分に合っているかが分からない方は、「好印象な履歴書は、手書きか?パソコンか?採用担当の印象とメリット・デメリットを調査!」を参考にしてみてください。

最後に…

履歴書の写真は貴重なデータです。
そして、その写真データは1つのパソコンに保存しておくと、パソコンが壊れてしまった際に写真データも一緒に失われてしまいます。万が一のトラブルがあっても写真データが消えてしまわないように、USBメモリーや外付けハードディスクなどの電子媒体に保存しておくか、クラウドを活用するなどして対策しておくことをおすすめします。

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

 

希望に合った新着求人や転職ノウハウ情報が届く
介護求人ナビへの登録はこちら

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー