メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

【緊張しないために】面接当日のチェックリスト!持ち物・服装・直前にやると良いことは?

面接当日のチェックリスト!持ち物・服装・直前にやると良いことは?
面接は何かと緊張するもの。あとから「こうすればよかった…」と後悔しないように、事前の準備を怠りなく。
あわてず平常心で面接に臨むための「当日の過ごし方」「やっておくとよいこと」をお教えします!

到着時間は余裕を持って!何分前がベスト?

到着時間は余裕を持って!何分前がベスト?
面接場所には、遅れず余裕を持って到着するのが、鉄則です。そこで、あらかじめ所要時間や場所をチェックしておきましょう。

介護施設が会場の場合、駅から遠かったり、道がわかりにくいことがあります。
利用者さんは車で送迎するので交通の便がいい必要がなく、施設の場所は駅から徒歩20分、バス10分などというケースも少なくありません。

あらかじめ、場所を地図でよく把握し、なじみのない地域なら、当日、目的地を探せずパニックにならないよう、前日までに面接場所まで足を運び、建物の位置を確認しておくことも大事です。

電車利用なら時間が読めますが、当日遅延があったら焦りますよね。バス利用だと渋滞でバスが遅れるなど、アクシデントもありそう。

面接会場には「30分以上前に着く」つもりで家を出ましょう。

時間が余ったら近隣を散歩すると、採用になったときのイメージもつきますし、施設の様子を外からうかがっておき、気づいたよいことなどを面接で話すこともできます。
「早めに到着して近隣を散歩しようと思っていましたら、中からスタッフと利用者様の楽しそうな話声が聞こえてきて、すばらしい施設だと感激いたしました」
などと言うことができれば、好印象間違いありません。

逆に、時間に余裕がないとイライラしたり、到着した途端にほっとして汗が大量に出て困ることも。
時間の余裕は、心の余裕につながり、面接成功にもつながります。

出かける前に最終チェック!面接用の服装と身だしなみは?

出かける前に最終チェック!面接用の服装と身だしなみは?
面接には、ジャケットを着ていくのが原則です。

普段着ないスーツやジャケットを当日出したらヨレヨレだった、ということにならないよう、前日までに一通り揃えて確認しておきましょう。前日にコーディネートしてハンガーにかけておくと安心です。

シワがあったらだらしない印象になってしまうので、全体にスチーマーなどをかけておくとよいでしょう。

夏場で暑い日のインナーは、ヨレヨレでないポロシャツや襟つき半袖シャツを。
シャツはやはりシワを伸ばしておきます。

靴には、意外に目がいくもの。布などで靴を磨いてからでかけます

そして、寝癖もチェック!
寝癖は意外に直りません。朝、起きたときにしっかりと水や整髪料をつけて直しておかないと、その後いくら髪をなでつけてもハネたまま。
面接当日は余裕を持って、整髪にも時間をかけましょう。

出かける前にチェック!面接好印象のポイント
■スーツ・ジャケットにシワはないか?
■靴はきれいか?
■髪は整っているか?

企業情報をプリントアウト!ニュースのチェックもおすすめ

面接を受ける法人・企業については、事前に知っておきましょう。

インターネットなどで調べ、創立の経緯、法人や事業所の歴史などに目を通しておくとよいでしょう。
ホームページで法人の理念や事業の広がり、サービス内容などを頭に入れておくのがベスト。移動中にも確認できるように、できればプリントアウトして持って出かけるようにします

介護情報にかかわらず、面接当日は最近のニュースもチェック。社会情勢を知っておくことは、面接での受け答えにも生きてきます。

特に、新型コロナウイルスの広がりは、介護業界には深刻な問題なので、地域での広がり、また他県の状況なども知っておき、介護職としてどう対処すべきか、考えをまとめておくと、面接に活かせます。

想定質問の答えを準備!覚えておくためのコツは…

想定質問の答えを準備!覚えておくためのコツは…
面接で聞かれそうな質問に対しては、あらかじめ答えを用意しておきましょう

ただ頭の中で答えを出しただけでは、いざ話そうと思うと言葉に詰まることがあるので、あらかじめ答えを書いておき、その紙を持ってでかけます。

スマホのメモに入れておき、想定質問を思い出したら書き足す、さらによい答えを思い出したら書き直して整える、というのも有効です。

・転職したいと思ったきっかけ
・以前の職場ではどういう立場でどんな仕事をしていたか
・所有資格と介護職として目指すキャリア
・応募の動機
・応募先にどのような印象を持っているか
・給料や休日などの希望があるか
・採用されたらどのように仕事をしたいか

上記の内容については必ず自分の答えを出しておきましょう。

「転職したいと思ったきっかけ」では、前の職場の悪口をまくしたてるのは絶対に避けましょう。
採用担当は「このように文句の多い人は、うちの職場でも不満が多いはず。ときとして職場をかき回す」と考え、印象を悪くします。

明るく前向きな人、と思われるような答えを用意し、自分も本気でそうしたい、と思いながら話せるように準備しておきます。

面接当日の持ち物チェックリスト

面接に必要な持ち物は、前日にそろえておきましょう。当日にあわてないように、チェックリストと照らし合わせて確認しましょう。

■面接当日に必要なもの
・バッグ
・履歴書・職務経歴書(コピー)
・会社案内や法人・企業の資料
・面接会場の地図
・メール連絡のコピー
・筆記用具と手帳やメモ
・スマートフォン・携帯電話
・腕時計
・ハンカチ・ティッシュ
■面接当日にあると安心するもの
・想定質問の答えのメモ
・資格者証
・マスク・除菌用品
・モバイルバッテリー
・印鑑
・替えのストッキング
・手鏡
・折り畳み傘

バッグや面接会場の地図などは面接を受けるのに必要なものです。履歴書や職務経歴書を事前に提出してある場合は、コピーを持っていくと安心です。

それ以外にも、当日いざという時にあわてないように揃えておくと安心なものも、バッグの中に入れておくと余計な心配が少なくなります。

「モバイルバッテリー」は、外出先で携帯電話を充電するのに便利なグッズ。念のため準備しておけば、遅延などで応募先に連絡したいときなどに「携帯電話の電源が切れちゃう!」とあわてなくてすみます。

スカートで面接に臨む人は、「替えのストッキング」を持っていくのをおすすめします。やぶけたストッキングで面接すると、「だらしがない」印象になりがちです。

このほか面接を受ける法人や企業の公式ページのプリントアウトも持っていくと、どんな会社なのか理解できますし、面接のときの話題の幅が広くなります。

面接直前に緊張したら

面接前は、時間が迫ると緊張してくるものですが、しっかり準備をすれば、それだけで少し落ち着くことができます。

緊張しそうになったら、ゆっくり何度か深呼吸しましょう。それがおまじないになって、いつもの自分を取り戻せるでしょう。

 

面接前にこちらもチェック

■服装・持ち物に関するマナー

好印象な服装 面接用メイク

■面接当日に関するマナー

何分前に着くべき? ノックは何回
第一印象は10秒が勝負 自然な笑顔のコツ

■メール・連絡に関するマナー

日程変更がしたい 当日キャンセルできる?
遅刻しそうなとき

 

例文あり!面接対策

自己紹介のポイントとコツ
よくある質問【OK回答例とNG回答例】
退職理由はこう答える!
希望年収の正しい答え方
「質問はありますか?」逆質問対策

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー