高齢者
介護施設
理学療法士
就職・転職ノウハウ
リハビリテーション

2022年08月05日

介護施設での理学療法士の仕事内容や働き方は?給与や魅力も徹底解説!

理学療法士として介護施設への転職・就職を検討している方もいるのではないでしょうか。介護施設では、リハビリの専門職の需要が高く、施設側も積極的に採用しています。今回は、介護施設で働く理学療法士の役割や仕事内容、給料、魅力などを解説します。ぜひ参考にしてご覧ください。

理学療法士とは?

理学療法士とは、ケガや病気で身体に障がいがある方に対して、運動機能の回復や維持を目的としたリハビリテーションを行う専門職です。PT(Physical Therapist)とも呼ばれます。

勤務先は、病院やクリニックなどの医療機関が多いですが、その他の業界でも幅広く活躍できます。特に高齢者を対象とした介護業界における理学療法士の需要は高く、今後もさらに高まることが予想されています。

≫理学療法士について詳しく知りたい方はこちら≪

介護施設で働く理学療法士の仕事内容

介護施設で働く理学療法士の役割は、利用者である高齢者が、できる限り自立した生活を行えるように支援することです。具体的には、立つ・歩くなどの日常的な運動機能の維持を目的としたリハビリテーションを行います。

そのほか、介護職員・看護職員などの他職種に利用者の身体機能の状態を連携することや、施設での生活で使用する福祉用具の選定も理学療法士の役割の1つです。自宅へ訪問して住環境の確認をしたり、介護保険による住宅改修・福祉用具の活用など、在宅復帰に向けた環境整備についてのアドバイスを行うこともあります。

≫理学療法士の仕事内容を詳しく知りたい方はこちら≪

病院勤務の理学療法士との仕事内容の違い

介護施設で働く理学療法士と病院勤務の理学療法士の大きな違いは、リハビリを行う目的です。

病院では、主にケガや病気で身体に障がいがある方の身体機能の回復や改善を目指しています。自宅での生活に復帰することや社会復帰することがリハビリの目的です。

一方で、介護施設でのリハビリでは、現状の維持を目指します。身体機能が衰えるスピードを遅らせ、できるだけ長い期間、健康的に暮らすことが目的です。

また、対象者にも違いがあります。病院ではケガや病気で治療を受けているすべての患者が対象なのに対し、介護施設では施設で介護サービスを受けている高齢者が対象です。

≫病院と介護施設での働き方の違いについて詳しく知りたい方はこちら≪

理学療法士と介護福祉士の仕事内容の違い

介護福祉士と理学療法士の主な違いは、担う役割です。
介護福祉士は介護の専門職として食事やお風呂、トイレ、移動など、日常生活に必要な身体介護や生活援助などの支援を行います。その他にも、施設内で行われるレクリエーション活動やイベントの実施、日常生活における相談やアドバイスなど業務範囲が広いです。

一方の理学療法士は、運動療法や物理療法などを用いて、身体機能の維持を支援することに特化した業務を行います。

介護施設で働く理学療法士の給与

厚生労働省「令和3年度 介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護施設で働く理学療法士の平均給与は、常勤で350,080 円、非常勤で295,880円です。介護施設で働くさまざまな職種の中で、看護職員、ケアマネジャーの平均給与の次に高い水準です。

なお、令和2年度の調査結果と比較すると、常勤は8,300円・非常勤は10,780円平均給与が上がっており、介護業界での理学療法士の平均給与は上昇傾向にあります

※データは理学療法士の他に作業療法士・言語聴覚士または機能訓練指導員を含みます。

≫理学療法士の給与を詳しく知りたい方はこちら≪

介護施設で理学療法士として働く魅力

介護施設で理学療法士として働く魅力は、利用者一人一人とより深く関われることです。病院勤務に比べて、利用者とコミュニケーションがとりやすく、長期的に日常生活に寄り添うことができます。

そのため、利用者が抱える日常生活や身体機能に関する悩みやニーズを掴みやすく、より適切なリハビリ計画を立てられるでしょう。

しかし、介護施設では原則、劇的な回復ではなく現状維持を目的としたリハビリを行うので、利用者自身のモチベーションが下がりやすいというデメリットもあります。コミュニケーションによる精神的なケアを行いながら身体機能の維持を図ることで、理学療法士としてのスキルアップに繋がる点も魅力の一つです。

介護施設における理学療法士の転職事情

介護施設では理学療法士などのリハビリテーションの専門職の需要が高く、求人も比較的多くなっています。また勤務時間は主に日勤のみで、夜勤はほとんどありません。パート・アルバイトの求人もあるので、自分のライフスタイルやライフステージに合わせて柔軟に働くことができるでしょう。

ひとくちに介護施設といっても入所施設や通所施設などさまざまな種類があります。リハビリテーション対象者の状態や受け入れ状況により、求められるスキルに違いがでてくることも。また、施設の規模によっても担う仕事の裁量が若干変わってくるでしょう。

転職を検討する際は、施設の種類や規模も調べ、ご自身の生活スタイルやスキルに合う条件を探してみましょう。

>>理学療法士の求人はこちら<<

介護施設の理学療法士は、需要が高く魅力ある仕事

介護施設で働く理学療法士は、高齢者の身体機能の維持を目的としてリハビリテーションを行う専門職です。病院勤務と比べると、利用者と関わる機会が多く、一人一人に合ったより適切なリハビリテーションを行うことができます。

また、高齢化が進行する現代では介護施設で働く理学療法士の需要は高く、求人も比較的豊富でしょう。転職における軸を考えながら、自分に合った勤務先を見つけることが大切です。

介護求人ナビは、理学療法士をはじめとした、介護・医療関連の求人を数多く掲載しています。雇用形態やサービス形態など、さまざまな条件での絞り込みが可能なので、理学療法士としての転職や就職をお考えの方は、ぜひお気軽にご利用ください。

>>理学療法士の求人はこちら<<
 

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事