保育士
就職・転職ノウハウ

2022年08月29日

保育士経験を活かせる転職とは?異業種転職の方法やおすすめの職種を解説

保育士から異業種への転職を成功させるには、保育士の仕事で得た経験や強みを把握して、それらを活かせる職種を見つけることが大切です。この記事では、保育士が異業種へ転職するメリット・デメリットや転職前に考えるべきポイントについて解説します。おすすめの職種や転職方法もご紹介するのであわせてご覧ください。

転職する際にアピールできる保育士の強み

・コミュニケーション能力が高い
・視野が広い
・臨機応変に対応できる
・体力がある
・責任感が強い など

保育士が行う仕事は子どものお世話だけでなく、書類作成や行事の準備などさまざまです。
子どもや親、他の先生などとの関わりを通してコミュニケーション能力が磨かれ、子どものお世話をする中で広い視野でものごとを見る力や臨機応変な対応が身につきます。

このような保育士経験で身につけたスキルや強みを活かせば、異業種へ転職しても大いに活躍できるでしょう。

保育士が異業種へ転職するメリット

保育士経験を活かして異業種へ転職することは、体力面や収入面などにおいてメリットがあります。転職理由と関わりが深い部分なので、自分の気持ちとともに整理することがおすすめです。

体力的な負担が少なくなる

保育士が異業種に転職するメリットとして、まず体力面の負担が減ることが挙げられます。
保育士は、毎日子どもの身の回りのお世話をしたり、子どもと一緒に走り回って遊んだりと非常に体力を使う仕事です。年齢を重ねるごとに、体がついていかなくなる可能性も。

異業種へ転職すれば、抱っこやおんぶ、外遊びなど保育士特有の体を使う業務がなくなるため、体力的な負担が減ります。

収入アップが期待できる

現在より収入アップを目指せることも、保育士から異業種へ転職するメリットのひとつです。一般的に保育士の給料水準は、他の業種と比べて低いといわれています。体力や精神力を使うハードな業務内容と給料が見合わないと感じる人も多いです。

保育士よりも給料水準が高い異業種へ転職することで、収入アップを期待できます。

適切な就業時間で働ける

保育士の仕事には、書類の作成や壁面制作、行事の衣装や小道具の製作といった業務も含まれます。勤務先によっては就業時間内に業務が終わらず、残業したり自宅に持ち帰って行う場合も。長時間労働が続くと、体力的にも精神的にも負担を感じてしまいます。

残業や時間外勤務が少ない異業種へ転職すれば、適切な就業時間で働けるようになるでしょう。

保育士が異業種へ転職するデメリット

保育士から異業種へ転職する場合、メリットばかりがあるわけではありません。転職を確実に成功させるためには、デメリットについても考えておく必要があります。

他業界のことを一から勉強する必要がある

保育士は、「保育」の領域に特化した専門的な仕事です。異業種へ転職する際は、保育士の仕事からかけ離れたその業種特有の専門知識やルール、一般的なビジネスマナーを一から身につける必要があります。会社の即戦力になるには、人一倍の努力が欠かせません。

保育士経験で身につけた強みを活かし、前向きな気持ちを持って取り組めば、異業種への転職を成功できるでしょう。

仕事にやりがいを感じられない可能性がある

保育士から異業種へ転職をすると、今まで当たり前にしていた子どもとの関わりが減り、子どもの成長を身近に感じる機会がなくなります。そのため、子どもと接することで感じられていた仕事に対するやりがいや喜びを得られない可能性も。

やりがいを感じながら仕事を続けるためには、子どもと接する以外に自分が好きなものや魅力的に思えることを考えてみるのがおすすめです。

保育士から転職する前に考えるべきポイント

転職活動を始める前に、まずはなぜ保育士の仕事を辞めたいと思うのか、理由を考えましょう。
異業種へ転職する明確な理由がないと、転職に対する軸がぶれて転職先選びに悩んでしまいます。「保育士以外のスキルを磨きたい」「収入を上げたい」など、自分の中でしっかり転職理由を決めることが重要です。

また、なりたい将来像や身につけたいスキル、自分の長所や短所なども考えておきましょう。今後自分が進みたい道を明確にしてから、転職活動を始めることが大切です。

保育士からの異業種転職でおすすめの職種

保育士からの転職先は、販売職や営業職、介護職などさまざまな職種があります。中でもここで挙げる5つは、保育士経験を活かして働けるおすすめの転職先です。

販売職

販売職は、保育士の仕事で身につけたコミュニケーション能力や臨機応変な対応力などを活かせるおすすめの転職先です。
アパレルや化粧品、食品などのお店でお客様に商品を販売する仕事で、主に接客や商品のディスプレイ、レジ対応などを行います。お客様との会話を楽しみながら仕事ができ、未経験でも挑戦しやすいことが魅力です。

人と関わることが好きな方、人の笑顔が見たい方に向いているでしょう。

営業職

保育士経験で得たコミュニケーション能力を発揮したい方は、営業職への転職もよいでしょう。
営業職は自社のサービスや商品の魅力を伝えて、お客様からの契約を獲得する仕事です。外回りでお客様の会社に直接出向いたり、電話でセールスを行ったりします。成績が良いほど評価される傾向があるため、比較的給料水準が高いことも特徴です。

目標達成に向けて責任感を持って仕事に取り組みたい方、収入アップを目指したい方に向いています。

事務職

デスクワークが主である事務職は、体力面に不安があって保育士から異業種へ転職を考えている方におすすめの転職先です。
事務職には一般事務や営業事務、総務事務などさまざまな種類がありますが、いずれの場合も社員のサポート役として、書類の作成やタスク管理、来客応対などを行います。一般企業の事務職だけでなく、介護事務や医療事務といった選択肢もあります。

パソコン操作の基本が身についていれば、最初は特別な資格やスキルがなくても挑戦できるのがうれしいポイント。介護事務・医療事務であっても資格なしで働き始められます。コミュニケーションスキルや保育計画・書類作成といった、保育士の経験を活かせるでしょう。

≫介護求人ナビで介護事務の求人を探す≪

IT職

IT職は、保育士経験で得た視野の広さや、ものごとを最後までやり通す責任感の強さが活かせる業種です。
システムの設計や開発を行うシステムエンジニアや、Webサイトのデザインを行うWebデザイナーなど職種の幅が広く、中には未経験から挑戦できる求人もあります。
IT関連の専門知識や技術を習得する必要はありますが、これらは独学や通信講座などで実際に働きながら学ぶことも可能です。

未経験からパソコン作業を中心とした異業種へ転職したい保育士の方に向いています。

介護職

人と接することが好きな方や人の役に立つ仕事がしたい保育士の方には、介護職への転職がおすすめです。
主に、高齢者の食事・入浴・排泄などのケアを行う、話し相手になるといった業務を行います。お世話の対象は子どもから高齢者へと変わりますが、保育士の仕事と共通する部分も多いです。

経験や資格がなくても、応募できる求人が多いことも魅力のひとつ。保育士の経験で得たコミュニケーション能力や体力、臨機応変な対応力が活かせます。

≫介護求人ナビで介護職の求人を探す≪

保育士の資格を活かせる児童福祉の仕事

・託児所
・認定こども園
・放課後等デイサービス
・ベビーシッター
・学童保育

保育士の仕事で培った経験を活かせば、上記のような保育所以外の保育の場や児童福祉などの分野でも活躍できます。これらは、子どものお世話をするという部分で保育士とよく似ている仕事です。保育士の資格を活かし、スムーズに転職できる可能性も大いにあります。

転職を考える際は、同業種の仕事も含めて幅広い職種を見てみてはいかがでしょうか

≫保育士の経験を活かして働ける仕事について詳しくはこちら≪

保育士から異業種への転職方法

保育士が異業種へ転職する場合、転職先を探す方法は主に2つあります。よりスムーズに転職活動を進められるよう、自分に合った方法で転職先を探すことが大切です。

業種未経験で応募できる求人を探す

転職先を探す際は、求人サイトやハローワークで「業種未経験OK」「無資格OK」などと記載されている求人を探してみましょう。業種未経験で応募できる求人であれば、その業種の専門知識がない方でも挑戦できます。

経験がある方と比べて先入観なく新しい知識を吸収できる未経験者を積極的に採用したい企業もあるので、転職先を見つける際はぜひ参考にしてください。

転職サイト・エージェントを利用する

異業種への転職では、どの求人に応募するか悩んだり転職についてわからないことがあったり、不安を感じる場面も多くあります。そんなときは転職サイトや転職エージェントを利用して、効率的に情報収集したり転職のサポートを受けるのがおすすめです。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書を作成するコツや面接で意識すべきポイントなど、アドバイスをもらえます。非公開求人や人気企業の求人を紹介してもらえる場合もあるので、積極的に活用しましょう。

 

\介護求人ナビがあなたの転職をサポートします!/
さっそく無料で会員登録する

保育士の経験や強みを活かして異業種への転職を成功させよう

保育士は、子どもや親との関わりを通して、豊かなコミュニケーション能力や臨機応変な対応力などを身に付けられます。これらは、販売職や介護職などの異業種でも大いに役立つスキルです。
たとえ未経験の業種であっても、保育士の経験や強みを活かせば自分に合った転職先が見つかるでしょう。

介護業界最大級の求人サイト「介護求人ナビ」では、介護・福祉に関する求人情報を多数掲載しています。雇用形態やサービス形態などのさまざまな条件での絞り込みも可能です。保育士資格をお持ちで転職・復職を検討中の方は、ぜひお気軽にご利用ください。

>>保育士資格を活かして働ける仕事の求人はこちら<<

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事