【資格】手話通訳士とは? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 介護・福祉系の資格 > 【資格】手話通訳士とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

介護・福祉系の資格

【資格】手話通訳士とは?

2018年5月2日

18介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)だけが介護の資格じゃない!
意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

手話通訳士とは、手話により聴覚障害者等と、その他の者の意思疎通を仲介することができる人の資格。
単に言葉を手話で訳すだけでなく、実際の場面では両者の立場や意見を知りうる唯一の存在になるため、公正な態度や様々な知識が求められます。

どんな試験がある?

厚生労働省が認定する「手話通訳技能認定試験」に合格する必要があります。
試験内容は学科と実技に分けられます。学科は障害者福祉の基礎知識、聴覚障害者に関する基礎知識、手話通訳のあり方、国語とあり、実技は読み取り通訳試験と聞き取り通訳試験が、ここ数年行われています。
合格率は10~20%前後の年が多く、少ないときは3%を切ることもあれば、多いときは30%を超えることも。比較的難しい試験といえそうです。

どんな職場で活躍できる?

業務独占資格(資格がない人にはその業務が禁じられているもの)ではありませんが、政見放送で手話通訳を行う人には手話通訳士の資格が必要なようです。行政機関の窓口に設置する手話通訳者を募集するときに、手話通訳士有資格を条件にしているところもあります。
介護施設でも、高齢者のなかには耳が不自由な人もいるでしょうから、働く上では取得しておいて損はない資格といえるでしょう。

適性

人と人とをつなげる仕事なので、コミュニケーションをとることが苦にならない人には向いているといえます。また高い語彙力も必要なので、読書が好きだったり、国語が得意だった人には向いているかもしれません。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 介護・福祉系の資格 > 【資格】手話通訳士とは?