【資格】理学療法士とは? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】理学療法士とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

医療系の資格

【資格】理学療法士とは?

2018年10月31日

19介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門職員)だけが介護の資格じゃない!
意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

理学療法士は、ケガや病気などで身体に障害のある人に対して、運動を主体とした治療や訓練を行い機能回復を目指す、リハビリ専門の国家資格です。
病気やケガなどをきっかけにできなくなってしまった、寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活の動作の改善を目指します。なかには専門性を生かし、プロスポーツのチームに所属している理学療法士もいます。

どんな試験がある?

理学療法士の国家試験を受験するためには、養成校で3年以上学ぶ必要があります。すでに作業療法士の資格を持っている人は、養成校で2年以上学べば受験資格が得られます。
筆記試験があり、内容は一般問題と実地問題とで構成されています。
一般問題は解剖学、運動学、生理学、臨床心理学、病理学概論などの知識が問われるもので、実地問題は運動学、リハビリテーション医学、臨床心理学、臨床医学大要などの分野から出題されます。

どんな職場で活躍できる?

リハビリの専門職であるため、リハビリセンターや病院はもちろんですが、リハビリを必要とする人がいる介護老人保健施設など、介護施設でも需要があります。
難易度の高い国家資格であるため信頼性が高く、医療・福祉関係の仕事ではかなり強みになりそうです。

適性

リハビリは、対象者ひとりひとりについて身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成する必要があるため、物事を順序よく筋道を立てて考えられることが必要になります。
また辛いリハビリをともに乗り切るためには、相手の気持ちを察することが求められます。他人の気持ちや性格を十分に理解できること、また面倒見がいい、世話好きといった資質も必要になるかもしれません。

>>理学療法士が活かせる求人を探すならこちら<<

*理学療法士の講座情報はこちら

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】理学療法士とは?